テーマ:食べ物

中国 野味と野生動物市場 七福神

正月早々色相を濁らせるようなことがあったので、日本橋と谷中の七福神巡りをやってみた。一昨年柴又でチャレンジしたときはコースを外れてタイムロスをしたが、今回は迷子にならず巡ることができ自画自賛。 どこもかしこも健脚を誇る先輩方で賑わっていた。グループもツアーも来ていたが、とにかく人が多くて驚いた。 気が付いたこと。お寺の場合は靴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 端午の節句 山登り アシの葉 鶏冠石

最近の中国は伝統をとても重視している。 北京の市委宣传部や首都文明办などが総力あげて「我们的节日·端午」というたのしげなイベントを開催しているという記事があったので勉強することにした。 http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-06/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臭豆腐VSくさや 北京臭豆腐とは

北京臭豆腐(王致和臭豆腐)が入手出来たので、わざわざ竹芝のアンテナショップに寄って青むろくさやを買ってきた。 前からやってみたかった、臭豆腐とくさやの食べ比べ。 インコを巻き添えにした。 くさやは焼くときは臭いが、食卓に並べるころには落ち着いてくる。インコ曰く「おいしく食べられる」。 北京臭豆腐は、瓶の蓋を開けた途端鼻にツン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 気になる食べ物

去年お祭りの屋台で「シャーピン」(烧饼)を売ってるのに気が付いてちょっと感動した。先日は都内に沙县小食店ができたというニュースを読んでちょっと感動した。 あとは、どこか近所に肉夹馍の店ができないかなあと思う。お手軽な食べ物なのだからもっと流行っていいはずなんだけど。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北京 ネットで注文飲食出前サイト 網絡餐飲

昨年中国のデリバリーサイトのことを記事で読んで、中国は進んでるなあと感心したのだったが、我が家のすぐ近くのカレー屋さんが「出前館」の幟を立ててるのをみて、日本にもあったんだってびっくりした。自分は何にも知らないんだなあって。 日本のことも知らないのだから、中国のことはもっとわからない。発展スピードがすごすぎてついて行けない。老留学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 しろくま印の袋入りアイスクリーム 北氷洋汽水

北京っ子に愛されていた「しろくま印の“袋儿淋”」が20年ぶりに帰ってくるという話題。 新京報より。 http://epaper.bjnews.com.cn/html/2017-05/09/content_681025.htm?div=-1 袋儿淋とは北冰洋食品公司がかつて発売していたファミリーサイズの袋入りアイスのこと。老北京人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 日本食品の規制 跨境電商(越境EC)

一か月前のことになるが、日本のテレビが「日本の食品が放射能汚染されていると中国で報道された」とかなんとかって言っていた。生活や食べ物関係のことは気になるから、今更ながら新京報で勉強することにした。 ……… 3月16日。この記事で取り上げたのは中央テレビが放送した内容についてだった。 http://epaper.bjnews.com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の春餅 二十四節気 中国のユネスコ無形文化遺産

春饼。学生やってた時に学校側がわざわざ用意して食べさせてくれた。持ってきてくれたのは满族の老北京人だった。今思えばもっと感謝してしっかり味わって食べればよかった。何よりもっとお話を伺っておけばよかった。 立春に春饼を食べる習慣。かささぎが持ってる金受申という人が書いた「老北京的生活」にも載って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 魯迅も愛した稲香村の点心 お菓子の名前 京八件

新京報では春節前の稻香村と隆福斋を記事にしていた。 ●稻香村で“京八件”を買うために俩小时も並ぶ。午後になると売り切れるから早朝5時から並ぶ人もいるほどの大盛況。箱詰めセットを買ってもいいし、自分で選んで詰めてもらってもいい。価格は30~220元といろいろ。 京八件(おめでたい字がついていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 偽物調味料

昔中国にいたとき、これは本物だろうか偽物だろうかって迷う場面は結構あった。ただ当時は中国での生活が楽しくて楽しくて仕方なかったので、深刻に思ったことはなかった。 このたび新京報が取り上げたのは調味料の偽物だった。またかって記事なのだけど。 結構厳しい論調で「さかのぼれば2005年から偽調味料摘発の報道があった。毎年のように報道が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 スーパーで売られている活魚の安全性

11月下旬の「北京のスーパーから活魚が消えた事件」について。何故スーパーは急に淡水活魚の販売を止めたのか。当のスーパー側がその理由を明言してくれないからみんなで不安になった。 かささぎもこのニュースを聞いた時、例の上海ガニダイオキシン事件を思い出し、「北京の魚もヤバいのか」って思ったもの。 皆がはっきりさせたいことは二つあると思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 出前 食事のネットデリバリーサイト

中国のネットとかスマホを使ったサービスが進んでいてすっかり時代に置いて行かれた気分になる。 ネットで飲食店の出前を取る話。便利そうでいいなあって思うけど、値段はどうなんだろう。 一時期、出前専門の飲食店はその厨房が客に見られることがないことをいいことに、環境が不衛生なのだって散々問題視された。 その後の話。新京報より。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 カニ ダイオキシン

「上海ガニ」って言うが、大闸蟹(中华绒螯蟹、チュウゴクモクズガニ)は上海産ではなくて、有名な産地としては固城湖(江蘇省)、太湖(江蘇省浙江省)、阳澄湖(江蘇省)、长荡湖(江蘇省)、梁子湖(湖北省)などが挙げられる。だから本当は「江蘇とかあっちのほうのカニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライスパスタで米線 モクローは木木梟(mumuxiao)

用事が立て込んでバタバタしていたがやっと落ち着いてきた。嬉しくてケーキを焼いた。 ●最近欠かさず見ている、NHKで放送しているアメリカのドラマ「ティーン・スパイ K.C.」について。主人公の女の子がとにかく綺麗で可愛らしくて見ていて楽しい。世の中にはこんな子がいるんだなあと感心してしまう。ボーイフレンドの髪型はあれでいいのか正解が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 ケシの実入りのフライドチキン

以前読んだ新京報の記事で、今年1月、食药监总局がケシの実を食品に加えていた店舗を公表したというのがあった。 その続きがあったので読んでみた。今回報道されたのは、西便门内大街で営業していた西便门美式炸鸡店(正式な名称は谢士荣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 倣膳飯荘(仿膳、ホウ膳)の移転 宮廷小吃もおすすめ 古建築の保存

北海公園の仿膳饭庄が引っ越しを始めた。5月下旬には同公園北岸にて営業が再開される予定。 移転の理由はここの建物が「古建筑」であり飲食店に適さなくなってきていることと、このたび「古建筑」として北京市が保存することになったこと。 ●仿膳饭庄の歴史。 清宫の御膳房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 火鍋とケシの実 干し生姜と二酸化硫黄 

スーパーで売られている干姜片、干黄花、大料、银耳、冬瓜丁など食品における二酸化硫黄の残存が問題になっているという。 かささぎは干した黄花(金针菜、柠檬萱草、忘忧草。見た目は百合の花。日本語ではユウスゲというらしい)が入ったスープが大好物なので、新京報の記事を読んでみた。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の有名なレストラン・飲食店 2015年

北京市烹饪协会や北京市餐饮行业协会らが「2015年度北京餐饮十大品牌」(北京十大飲食店)の表彰式をやったという記事が新京報に載っていた。 並み居る強敵をなぎ倒し、見事北京の十傑に選ばれたのは、便宜坊、必胜客、东来'…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北京 街で売ってる鮮搾果汁(フレッシュジュース)の品質

春真っ盛り、北京の道端で売り出される鲜榨果汁(フレッシュジュース)が人気。生の果物を搾ったものだもの、健康にいいはずとみんな思う。 で、またまた新京報の記者が街边饮料店と快餐店と超市などで100%生ジュース(店頭で搾る100%生ジュースとビン入り冷蔵保存の100%生ジュースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のりんご 皮にロウ

美国苹果。iPhoneのAppleじゃなくて、アメリカから輸入されてくるまっ赤々なリンゴ。スターキングなんか目じゃないくらい、日本じゃ見たことないくらい縦に細長い(長円錐形、お尻が見事な王冠型になってる)リンゴ。道端に出現する水果摊に沢山並べられると圧巻だった。夜になって裸電球に照らされると、ピカピカ光って、そりゃあもう高…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北京 山菜と野草 春椿(チャンチン香椿)

新京報に食べられる野草の記事が載った。 北京人も春に野草を摘んで食べる習慣があるなんて、今まで全然気が付かなかった。 (インフル予防に生のドクダミを、と言う記事なら昔読んだことがあるけど) ……… 新京報の記者が取材したのは、天坛公园・龙潭湖公园・某社区绿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 2015年十大生活流言 生活に関する噂 イチゴやライチ

2015年度十大生活流言が発表になった。 間違った理解によって広まったものなので、それを否定し正しい解釈を付けている。 宵越しのお茶やおかずが体に悪いという話は中国でよく聞いたものだが、そのおかずの説明や、中国ではとっても身近なロングライフミルクの解説があったので読んでみた。ライチの皮の話も勉強になった。 1・食べ合わせが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわりの種やナッツ類の買い方 ミョウバン ドリアン瓜子

「春節が近づくにつれ炒货食品の売れ行きが良くなる。人々は瓜子や花生や开心果や栗子といった年货を買い求めるようになる。」そう新京報に書いてある。ええ、そうでしょうとも。 かささぎはかぼちゃの種を割るとき奥歯を欠いてしまったので、金輪際控えようと誓ったが、ひまわりの種なら大丈夫だろうと思っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のタピオカ 真是輪胎做的?

日本のワイドショーで中国のタピオカを取り上げていた。10月中旬の新京報に文章が出ていたので知ってはいたが、その後具体的な記事は知る限り載っていない。 10月20日新京報に載った投書。 珍珠奶茶的“珍珠”真是轮胎做的?(タイヤでできてるってホントだろうか?) 最近話題になってるのが白いつぶつぶが写り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の初雪 ベジマイトと甜麺醤と黄醤

・つい最近大豆粉を知った。袋の裏にこれを溶かせば「豆乳」になるって書いてたので早速やってみた。味はまるで北京のスーパーで売ってる「豆浆粉」。原料が同じなのだから当然と言われれば当然なのだけど、予想以上の美味しさに感心した。もうわざわざ北京から持ってきてもらう必要はない。 ・ラリア土産のベジマイト。パンに塗るやつ。見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京(平谷)の桃 大久保が人気

北京にはスイカ品評会もあるが、桃の品評会も記事になっていた。 桃、と言ったらやっぱり平谷区。 http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-07/22/content_589272.htm?div=-1  桃は大別して白桃・蟠桃(ザゼンモモ・バントウ)・油桃(ズバイモモ・アブラモモ・ネクタリン)に分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北 夜市 花生捲冰淇淋(香菜入りアイス) 釋迦鳳梨(アテモヤ)

毎晩場所を変えて夜市に行った。士林と寧夏路と雙城街。(華西街は昼に行ったらやってなかった。夜市ってホントなんだ。) 何が印象深かったかと言うと、士林で売ってた花生捲冰淇淋。香菜パクチー入りのクレープアイス。 好きなアイスを2種類選んで、薄い皮に乗せて、削った花生糖を振りかけて、最後に香菜を乗せてからくるくる巻く。40ドル。北京の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台湾 九ふん(九イ分) 肉圓の赤 阿妹茶酒館

映画「悲情城市」の舞台になったのが九份なのだって習ったことがあるが、台湾に興味なかったので見てない。九份とは郷愁漂う観光地で、赤い提灯で飾られた建物や古い街並みで有名だってことしか知らない。 バスで降りたところが舊道で、ここに基山街の入り口がある。この基山街という細い通りには両側に食べ物屋とか土産物屋が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more