レインボーブリッジ

かささぎは英語が全くダメ。最初中国語で話していたはずの先方様が、何を勘違いしたのか、徐々に英語を挟むようになり、最後のほうは英語だけで話すようになっていて、かささぎは半笑いでやり過ごすしかなかった。その場を切り抜けることができたのは、一緒にいてくれた台湾の先輩が英語もわかる人だったから。

先日現場で英語を使わなければならなくなり、逃げるに逃げられず片言で頑張った。勢いと根性とジェスチャーで乗り切るしかないのだけど、傍目にとても面白い演目に映ったらしく、くすくす笑いを誘った。出川イングリッシュを再現できたようで光栄です。

結局は英語だよなーって思う。潰しがきくもの。
ということで、インコよ、これを読んでいたら、どうか気持ちを引き締めてしっかり勉強してほしい。シンガポールの学生に負けるな。

………………
写真の整理。また橋。

DSCN2273.JPG
DSC_0842.JPG
DSC_0401.JPG
DSC_0659.JPG
DSC_0653.JPG
DSCN2329.JPG
DSC_0695.JPG
DSCN2293.JPG
DSCN2296.JPG
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

横浜ベイブリッジ

風景を眺めたくて中国人と丸ビルに行った。東京駅も正面から見下ろせるし、階を登れば六本木、霞が関、お台場方面もよく見える。その中国人は東京一人旅に挑戦中なのだそうで、新国立競技場も見て来たし、人形町も行って来たし、浅草からお台場まで水上バスで観光してきましたよと仰った。食事は拘らないようで、別にハンバーガーでもいいそうだ。最近中国人は来日して「われ高いうなぎを所望す」のたまうそうよと聞いていたので、何となくほっとした。

で、東京は大体見終わりましたというふうだったので「横浜は行ったことがありますか」と聞いてみた。「いやー時間なくてね、行けなかった」と仰る。「では次来たときは是非横浜に行ってみてください。歩いて楽しめるいい街です」と畳みかけると、「そうなんだよねー、中国と日本は近いし、飛行機も安いし(ここでスマホを取り出し、今こんな安いのもあるよと指さす)、来ようと思えばすぐ来れる」

次の楽しみができたのなら良かったです。
で、かささぎは念を押しておいた。「レインボーブリッジもきれいですが、横浜ベイブリッジもとってもきれいです」
……………

橋っていい。見ても楽しいし渡っても楽しい。
DSC_1036.JPG
DSC_0559.JPG
DSC_0745.JPG
DSC_0392.JPG
DSC_0744.JPG
DSC_1044.JPG
DSC_0538.JPG
DSC_1050.JPG
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

インコの聖地巡礼

台風一過。朝玄関を開けたら予想以上にいろいろ散らかっていた。風、ほんと強かったんだ。
駅に行ったら入場規制に遭い40分待って乗ることができた。
大事な用事で一日外にいたが、ニュースによると今日の東京は今年一番の暑さ、36.2℃だったそうだ。
熱中症にもならず無事に終われてよかった。
今日は道に散乱した銀杏を踏みに踏みつぶした。どこまで行っても銀杏だらけで可笑しかった。

前回のブログで聖地巡礼した話を書いたら、インコがラインに写真を送ってきた。
ふん、かぶせてきやがったな。
と思ったが、斜め上から攻めているので参りました。
line_36929222850180.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

夜の新宿に行ってみた

知り合いの中国の青年が9時過ぎに「これから新宿に行ってきます」とウィチャットを寄こしてきたことがあった。何も情報を持っていないかささぎはただ一言「不夜城!!」と返信するのが精いっぱいだった。

歌舞伎町。この夏シネシティ広場で働く機会を頂き、貴重な体験をしてきたが、所詮かささぎはおのぼりさんだから、何もわかっちゃいない。

夜の新宿を歩きましょうという企画が先週あったので便乗させてもらった。おかげ様で外国人が好むスポットというのを一応把握できた。今度また話題に上がることがあったら、少しでも参考になるような情報を教えてあげたいと思った。

花園神社にはまだまだ蚊がたくさんいた。

せっかくなので都庁の展望室(今利用できるのは南展望室)に行ってきた。8時台だったが大賑わいだった。外国人に大人気と聞いていたが、実際半分以上が外国人だった。パラリンピック一年前記念ということで、3色でライトアップしてあったが、何となく上海っぽかった。うまく言えないのだけど。
DSC_0921.JPG
DSC_0930.JPG

夜のほうが煙がよく見えるよ、と言われ期待していたが・・・。お台場のガンダムもそうだけど、期待すると外れる。
DSC_0913.JPG

銀座 聖地巡礼、らしい

聖地巡礼って面白いと思う。一応かささぎにもお気に入りのアニメがあるし、お気に入りの聖地もある。横浜の大黒ふ頭とか、月島の中央大橋とか大好物だ。

先日、銀座にも流行りの聖地があるのよって教えていただいた。朝日稲荷神社という。「天気の子」はまだ見ていないが、ブームに乗ってみたくて取り合えず立ち寄ってみた。

実は銀座には神社がたくさんある。昨年はスタンプラリーも行われ、銀ぶらマダムらが用紙を手にして神社を探し求めるさまは壮観だった。歌舞伎座横にある歌舞伎稲荷なんて長蛇の列ができて何事かって感じだった。

だから朝日稲荷もとんでもないことになってるのかと思いきや、静かだった。もう夏休みも終わったしなあ。
小さなビルの一階が拝殿になっていて、そのビルの屋上にエレベータで上がると本殿に至るという変わった構造になっている。
DSC_0933.JPG
DSC_0936.JPG

とりあえず、記録まで。
話が違うが、近くにある王子サーモンのサバの燻製って美味しい。これも教えてもらった。

東京湾の見学

東京湾の見学船が面白いよと教えていただいた。レインボーブリッジを歩いていて眼下に見えるふ頭や建物が気になっていたので、これはきっと勉強になると思って乗ってきた。1時間のコースだったが予想を超える素晴らしさ。無料でこんな体験をさせてくれる東京都はすごいと思った。

今までの新東京丸が終わってしまったのだそうで、かささぎが乗ったのは、代打の東京水辺ラインのさくら丸だった。(只今新しい船をイタリアに発注中)
乗り場も「有明(東京ビッグサイト)船着場」に代わっていた。で、地図であたりをつけて行ってみたら「有明客船ターミナル」と出ている。これって同じ乗り場なのかなあと疑いつつ行ってみたら大丈夫だった。だけどいきなり船に行ってしまい、先ずはターミナル2階で受付してきてくださいと注意された。失敗した。

乗船してみるとほとんどが人生の先輩方だった。たまたま同席した紳士グループはとても親切で、かささぎが方向を見失ったときなどさりげなく教えてくれた。ポートガイドを務める方もシニアの方だったが、東京湾の生き字引とお呼びすべきではないだろうか。素晴らしい内容だった。後で伺ったら港湾局OBの方だった。

コースは東京湾を一周する。お話の内容は、
有明(東京ビックサイト)船着場を出発してから、
→有明西運河を通過し(長さ1.4㎞。有明埠頭橋やあけみ橋や夢の大橋や有明橋などたくさんくぐる)
→シーリアお台場マンションを左手に東京湾へ出て、
→豊洲市場と晴海ふ頭・選手村の説明を聞き、
→竹芝ふ頭・日の出ふ頭・芝浦ふ頭の歴史と役割を聞きながら位置確認し、
→レインボーブリッジの説明を聞きながらくぐり抜け、
→海上保安庁の調査船がいたのでその説明を聞き、
→お台場の歴史と共同溝の話、東京湾の話、五輪会場の話を聞き、
→品川ふ頭の歴史、コンテナの積み方、東京湾のコンテナ取扱量の数の話など、
→コンテナ船、ローロー船、船会社の話、倉庫と上屋とガントリークレーンの話、
→大井火力発電所の話、
→東京湾トンネル換気塔の話、
→東京湾トンネルと臨海トンネルの沈埋工法の話、
→青海コンテナふ頭の話、
→大井コンテナふ頭、大井水産物埠頭、大井食品埠頭(小麦のばら積み)、
→中央防波堤外側コンテナふ頭、中央防波堤内側ばら物ふ頭(珪砂、石炭)
→中央防波堤内側外貿雑貨ふ頭(上組の私設)、
→海の森水上競技場の場所の確認、
→ごみ処理と埋め立ての話、
→東京ゲートブリッジの説明(くぐらない)、
→第二航路海底トンネル(ごみ収集車が通る話とか)、
→黄色い海面清掃船の話(7隻稼働中)、
→お台場ライナーふ頭(外貿在来船の主力)、
→10号地ふ頭の説明、
→フェリーふ頭の説明、
→15号地木材ふ頭、
→10号地ふ頭、
→東京国際クルーズターミナルの説明
などなど、多岐にわたった。
ポートガイド先生の声は船室にいてもデッキに上がってもはっきりよく聞こえた。
あっという間の一時間だった。できたら新海面処分場まで行ってほしかったな~。

しつこいのですが、東京って本当にすげえです。
DSC_0835 (1).jpg
DSC_0851.JPG
DSC_0865.JPG
DSC_0853.JPG

これが船着場のターミナル。
DSC_0903.jpg

夏休み 2019

今年の夏休み、インコは一週間だけ帰って来た。
左手を骨折していた。
「鎖巻いているわけじゃないから」と言うが、ギプスで固めた拳はやっぱ中二病っぽい。というか逞しさが強調されて格闘家みたい。

毎度のことだが、インコは用事をぎっちり入れているので、一緒にお出かけできる時間は一日しかなかった。
どこに行こうかいろいろ考えたのだけど、一人では楽しめなさそうなところとして、六本木ヒルズの進撃の巨人展と、秋葉原のメイドカフェの同行をお願いした。エヴァンゲリオンのTシャツで行くって言うので二度頼んで勘弁してもらった。

進撃のほうは体感型と聞いたのでどんな感じかと期待したが、ちょっと想像とは違った。だけど、かささぎは今まで漫画の原画展というものを見たことがなかったのでとても感動した。あんな精緻なものだとは知らなかった。それを月に40何枚も画くのだそうで、プロってすごいと思った。
ただ、期待していたインコがあまりストーリーをよくわかっておらず、解説してくれなかった。逆にかささぎのほうがアニメを見ている分、もうちょっと理解しているべきじゃないの、何でわかんないのとインコは不満げだった。すまん。実は録画はしていたけど怖くてちゃんと見てなかったんだ。

メイドカフェについてはかささぎは事前に調べていた。料金がはっきりしていない店もあれば、ちゃんと時間ごとに教えてくれるわかりやすい店もあるということと、秋葉原の観光案内で配っている地図に載っているお店は安心だってことはわかっていた。
で、本当は有名なカリスマメイドのいるお店に入りたかったのだけど、非常階段まで列があふれるほど混んでいたので諦めた。
そんなとき、インコがもう時間だからと、かささぎを置いていこうとする(インコはこの日新宿で演劇を見ることになっていた)。そして「メイドカフェくらい一人で入れないでどうする」と容赦なく言い放つ。
ということで、かささぎはほかの店に行って、一人で体験してきた。
店の半分は外国人客だった。飲み物を注文したあと、英語なら「デリシャスデリシャスもえもえきゅん」、日本語なら「おいしくなあれもえもえきゅん」というおまじないを言うことになっている。美味しいジュースにありつきたいなら、手でハートを作ってご唱和しなくてはいけない。1時間座っていて良いのだけど、45分で帰って来た。最後まで粘れなかったのは、脳内の魔法が早めに解けてしまったから。
DSC_0809.JPG

以上、夏休みのお遊び部分を書いてみたが、インコは自分の進路を真剣に考え始めた。迷ったり悩んだりした分、納得できる結論に至れたらいいなと思う。道筋が見つかればいいな。諦めずにあがいてほしい。

ラグビー

ラグビーのドラマを毎週感動しながら見ていますという人にお会いした。かささぎは見ていないので内心「へえ」って思っていた。
ルール難しそうだし、テレビ放送の試合も最近見たことないし、はっきり言って興味なかった。
ところが「ラグビー大好きですよ」「試合見に行きますよ」という方にお会いすることが何度か続いた。それでやっと、ラグビーって人気あるスポーツらしいということに気づいた。自分が興味ないから、みんなも興味がないのだなんて思うのは大错特错なんだ。

世界三大スポーツ大会という言い方があるそうで、それによると、一番が夏季オリンピックで、二番目がサッカーワールドカップで、なんと三番目がラグビーワールドカップなのだそうだ。知らなかった。

なんでそんな大人気のスポーツが、学校の部活にあまりなっていないのか不思議。かささぎの認識が低いのも、身近にやってる人がいなかったからなのだと思う。
と、思っていたら、いつの間にか小学生の甥っ子がラグビーを始めていた。夏休みに五郎丸選手にお会いし、ぎゅうぎゅうと抑え込んでもらったそうで、それはそれはいい思い出ができたと大喜びしていた。こういう活動を通して魅力に触れる子供や大人が増えれば盛り上がりも勢いづくのだろう。

この間中国人と新横浜に行って、横浜国際総合競技場の前を通った時、一応ラグビーの話をしてみたのだが、反応はいまいちだった。せっかく日本で大きな大会があるのに、興味を持っていただけなかったのは、かささぎがちゃんと説明できていなかったからだ。こんなとき、盛り上がれるようなトークができたらいいのだけど、あまりにも勉強不足だった。

さて、丸ビルの南西角に丸の内ラグビー神社なるものが期間限定でできた。正直、行く人いるのかなって思ってたけど、お参りしている人は実際いたし、絵馬も結構掛かっていた。ラグビーの神社とは、京都の下鴨神社境内にある「雑太社(さわたしゃ)」の神様を祀ったもの。球技上達のご利益がある神様で、ラグビーにゆかりが深いのだそうだ。楕円じゃなくて御縁じゃなくて楕縁と書かれた提灯が掛かっているのがポイント。
かささぎ的には羽生結弦選手の銅像があったことのほうが驚きだった。一緒に座って写真撮れるようになっている。ちこちゃんと栃ノ心関もいるよ。なぜ栃ノ心関かというと出身国ジョージアのチームも出場することから応援サポーターを務めているのだそうで、ちこちゃんと羽生選手はなんでだったかよく見てこなかった。
DSC_0832.jpg
DSC_0829.JPG
DSC_0831.JPG
DSC_0830.JPG

ついでに。これは新宿西口スバルビル跡にあったお店。
DSC_0916.JPG

これは飛田給の東京スタジアム。
DSC_0827.JPG

決心

このブログ、時々怠けていたのだが、知らぬうちに様式がすっかり様変わりしていて、心底驚いた。
動揺し過ぎてパスワードを失念した。なんどやっても入れなくて諦めた。一か月前の話。
今日改めてやってみたらするする思い出せたので安堵した。
普段やってることなのに急にできなくなってしまうって、老化現象そのものだ。怖い。自分が怖い。こうやってボケが進むんだ。

言い訳だが、この一か月本当に忙しかった。大きな仕事を振っていただいたのは嬉しい限りだが、プレッシャーで眠れなくなっていた。そんな状態で良くミスなくこなせたと思う。期待に応えた自負はある。今はとにかく自分を褒めたい。
だけど、次同じようにできるかどうかはわからない。ボケないようにしよう。しっかり寝よう。
気持ちも新たに明日から規則正しい生活をすることにする。暑さなんかには負けない。
寝るぞ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

中国 端午の節句 山登り アシの葉 鶏冠石

最近の中国は伝統をとても重視している。
北京の市委宣传部や首都文明办などが総力あげて「我们的节日·端午」というたのしげなイベントを開催しているという記事があったので勉強することにした。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-06/06/content_756442.htm?div=0

◎端午節には別名が多くてびっくり。
端午节のほか五月节、端阳节(=农历五月初五日)、正阳节、午日节(=端午)、重午节(五、五相重)、龙舟节、龙日节(古代天文学によると端午の日に青龍が空を飛ぶのだそうだ)、浴兰节(兰草という薬草を煮出して沐浴する)、诗人节(屈原のこと)、天中节、当五汛、天中节、夏节、菖节、蒲节、女儿节(武則天に関係あるとか、嫁が実家に帰る日とか謂われはいろいろ)、地腊节(祭祀祖先和请求赎罪解厄的日子、道教)、灯节(元宵だけじゃないよ)、五蛋节(地域によって茶卵や盐水蛋を食べたり、殻を赤く染めたりする風習あり)

※端午の“端”とは:在古书《风土记》中有记载、“仲夏端午。端者,初也。”つまり最初の初。
※端午の“牛”とは。中国の暦「干支历」(北斗七星の柄の回転方向に合わせて一年を十二辰、つまり十二月建にわけた暦)で、五月は牛の月にあたる。
ちなみに:正月建寅,二月建卯,三月建辰,四月建巳,五月建午,六月建未,七月建申,八月建酉,九月建戌,十月建亥,十一月建子,十二月建丑。

◎端午の節句にすることは。
・登高顺阳(据《荆楚岁时记》记载,因仲夏登高,顺阳在上,五月是仲夏,它的第一个午日正是登高顺阳好天气之日)つまりいい季節なので山登りに適している。
・赛龙舟
・包粽子(食粽子)北京で使うのは苇叶、江米、小枣など。笹の葉じゃなくてヨシ(アシ)の葉なんだ。
・饮雄黄(鶏冠石の粉を飲む。鶏冠石は漢方薬の扱いだが中毒起こすので注意。産地は湖南省と贵州省)
・雄黄涂抹小儿额头,用来驱避毒虫(虫よけ、魔除け。鶏冠石の粉末は赤みがかったオレンジ色)
・打糍粑(餅つき)
・挂艾草(ヨモギの束を玄関につるす)
・编艾绳(燻ぶらせて虫よけにする縄をヨモギで作る?)
・兰草汤沐浴
・系五彩绳
・做香囊(佩香囊。驱虫、避瘟、防病)
・编蛋套(卵入れ飾りを編む。ゆで卵を子供の首にぶら下げる。ほんとは立夏のときらしい)
・画王老虎
・斗百草(草相撲)
・系长命缕

◎ドラゴンボートイベント会場:什刹海、奥林匹克水上公园、夏都公园
◎北京市内の大学生による首都高校第九届北京大学生妫水龙舟锦标赛は、延庆妫水河畔にて。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

臭豆腐VSくさや 北京臭豆腐とは

北京臭豆腐(王致和臭豆腐)が入手出来たので、わざわざ竹芝のアンテナショップに寄って青むろくさやを買ってきた。
前からやってみたかった、臭豆腐とくさやの食べ比べ。

インコを巻き添えにした。
くさやは焼くときは臭いが、食卓に並べるころには落ち着いてくる。インコ曰く「おいしく食べられる」。
北京臭豆腐は、瓶の蓋を開けた途端鼻にツンと来て、そのどろどろした塊を一個取り出し小皿に乗せただけで部屋に臭いがひろがる。インコ曰く「体じゅうの細胞が拒否る」「これは食べちゃだめなヤツ」。
どんな臭いかというと、有機物の腐敗臭。
罰当たりだが、ド〇とか、ツー〇ォとか、昭和の畑の施肥…に例えたい。

ということで、臭さにおいては北京臭豆腐の圧勝だった。

臭豆腐。中国や台湾に遊びに行って、夜市や廟会で見かけるあれ。思い出作りに度胸試しに是非チャレンジしたいあれ。実はその産地ごとに特色があり違いがある。かささぎがテレビで見たので一番インパクトがあったのが、まるでぬいぐるみの毛の如くふさふさと長いカビが生え、シャキシャキとした食感まで楽しめると説明されていたやつだった。

百度によると、その味も製造方法もその食べ方も土地それぞれだという。共通点は「においは臭いが食べれば美味い」というところ。有名どころとしては、南京と長沙、それから台湾、浙江、上海、北京、武漢などがある。天津の街なかでよく見かけるのは「南京臭豆腐」であり、白い臭豆腐を油で黄金色に揚げたもので臭いは控えめ。台湾のも控えめ。武漢の街なかで売ってるのは「長沙臭豆腐」であり、それを油を引いた鉄板で焼いたもので色はほんのり黄色…だそうだ。

北京でも廟会に行くと臭豆腐の食べ歩きができる。あれは油で揚げたタイプだったが、汁が垂れるので使い捨てのお椀にいれて竹串で食べた。服に垂らして酷い目に。

原料は大豆。途中まで豆腐作りの工程だが最後に発酵の工程が加わる。植物性乳酸菌に富み、ビタミンB12を多く含み、これを食せば、体は丈夫に皮膚はきれいになるという。

あの臭いの元がなにかというと、 メチルアミン(甲胺)、プトレシン(腐胺)、トリプタミン(色胺)などのアミン類および硫化水素(硫化氢)であり、仮に多量に摂取すれば健康を害する。また長期の放置によって亜硝酸塩(亚硝酸盐)が、発がん性の高いニトロソアミン(亚硝胺)に変化してしまう。
(百度より。https://baike.baidu.com/item/%E8%87%AD%E8%B1%86%E8%85%90/24468?fr=aladdin
この説明を見るかぎり、無理に食べるものでもないのかなあと思った。

◎北京臭豆腐(王致和臭豆腐)について。
「臭豆腐」の見た目には2種類ある。一つは揚げるか焼くかして表面に焼き目が付いた状態で形が残ってるやつ。もう一種類はどろどろしていてとても脆いやつ。
北京の老字号「王致和」が販売している「王致和臭豆腐」は後者で、正確に言うと「豆腐乳」(沖縄の豆腐ようのような感じ)の一種。

王致和臭豆腐。瓶入りで液に浸かって売られているやつ。漏れやすく、近くに寄るとなんとなく臭うあれ。色は青みがかった灰色。安徽出身の王致和という人が300年前に豆腐の保存食として作り出した。かの西太后も好物だったという。原料は豆腐。工程は3つに分かれており、まず20℃の環境で5日かけてひよこの羽毛のような白いカビをつける。そのカビのもわもわを除去したら次は甕に塩と共に詰める。7日後香料を加え詰めなおし“黄浆水”と呼ばれる液体を加え更に2か月寝かせる。あの強烈な臭いは大豆が分解されるときに発生する硫化水素。白かった豆腐は最終的に青みがかった色になる。別名「青方」「青腐乳」。液に浸かった状態で瓶で密封して涼しいところに保存すれば1年持つ。

発酵に使われるカビは“毛霉菌种”であり特許を取ったもの。
瓶に入ってる液体“汤料”のレシピは門外不出の企業秘密。
(百度より。
https://baike.baidu.com/item/%E7%8E%8B%E8%87%B4%E5%92%8C%E8%87%AD%E8%B1%86%E8%85%90/5826879

食べ方は、マントウ、ウオトウ、ビンに挟んで(塗って)食べたり、ご飯のお供として少しずつ箸で削り取って食べる。

で、インコに否定された北京臭豆腐だが、ビニール袋で密封しても少し臭いし、冷蔵庫の臭い移りも嫌なので、これは早々に食べてしまうのがいいと思った。さっさと胃袋に収めてしまいたかったが一気に一瓶食べるのは塩分取り過ぎで体に悪そうなので2日に分けた。その間じゅう息が臭いってインコに文句を言われた(自分ではわからなかった)。
味はどうかと言うと、悪食で恥ずかしいのだけど、美味い。毎日は駄目だが、たまになら食べてもいいと思う。表面がどろどろっとしていて、箸でつまむと表層の膜がずるずるっとついてくる。そこが一番しょっぱくて旨味の濃いところ。中も豆腐の食感とは全然違って、もったりとした舌触りがいい。
北京人がこんなことをするのかは知らないが、この臭いのを箸に取って舐めながら「二锅头白酒(50~60度)」をちょっと口に含めば、10秒で桃源郷の境地に達することができる。というか、強烈な個性同士がぶつかるマリアージュは最高にヤバい。嗅覚と味覚は一瞬で“爆表”する。

気になったのは表面についていて時々ジャリッと噛んでしまうなんかの結晶。出してみると白い。しょっぱくないので塩ではないし、特に旨味も感じなかった。検索してみたらL-チロシン(酪氨酸)の結晶だとある。アミノ酸の一種で体に悪いものではなかった。

お世話になった中国人先輩と先日食事したとき、この話をしたらびっくりされた。「私は絶対無理ですね」とあきれ返っていた。「王致和の“腐乳”は好きですけど、臭豆腐はアレじゃないですか…」
そう、やっぱ、結局はアレなんだよなあ。
(※北京で腐乳と言えば赤い腐乳を指す場合が多い。ほかに薄黄色の腐乳も売ってる。お粥のお供に最高!)
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

インコの成人式同窓会のときに思ったが、服って本当に面倒くさい。ドレスコードなんて言われたから「インコが恥ずかしい思いをしなくてすむように」なんて勝手に気をまわし、先輩のお母さん方に「どんなの着せて行けばいいの」って聞いてみたこともあった。「男子がスーツなら、女子もスーツでよくね?」と最後にインコは言い放ち、リクルートのパンツスーツにネクタイで行ったことは以前に書いた。

先日甥っ子の結婚式があった。またインコの服で困った。ネットで調べれば調べるほどルールとかマナーとか細かいことがわんさか出てくる。反面、若者目線では「そんなのダサいよね」となっていて、着たい服を着たほうがいいのではという論調もある。そういわれるとそうだなあと思う。

先日中国語圏のお客さんにつく仕事があった。こういう場合、中国系の先輩は割とカジュアルな服装で働いていることが多い。かささぎはどうしようかと思ったが、結局黒のスーツで行った。無難だし取り合えず礼を欠くこともないと思ったから。最終日、お客さんに「黒服サービス良かったわよ」と言われ、ハグを求められたときは、ああそんなものなのかと思った。反省しなくちゃならないことだらけの仕事っぷりだったが、それでも服装で助けられていた部分もあったのかと思うと、やはり大事な要素なんだなって思った。

以前、よそのお母さん方と「子供のお古を着るかどうか」の話になったことがある。かささぎはめっちゃ着る。似合う似合わないじゃなくて、その服の状態がまだ着られるかどうかだけ考えている。だからたまに帰省するインコに嫌われる。思い出の服を欧巴桑が着ているのが納得できないのだと思う。

インコは学校が休みになると大抵旅に出る。そして汚れきって帰ってくる。服もさんざんで、前回は砂まみれだった。洗っても洗っても細かい砂が出てきて、砂というのはしつこいんだってわかった。今回は煤けて帰ってきた。洗濯の水がまるで墨のように黒くて、こんな汚れ方もあるのかと驚いた。また煤の臭いはとてもきつく、要するに焼け跡みたいな臭いがすることを知った。今は北京に行ってる。北京は都会だから普通に過ごしている分にはそれほど汚れないはずだが、それでも東京と比べれば多少は汚れて来る可能性が高い。土産話に期待してる。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
 

2019年 春節聯歓晩会(春晩) 周華建氏 “人海”のすごさ

除夕だってことは覚えていたが春晩の放送時間を失念し、パソコンを点けたらもうとっくに始まっていた。画像が今までになくクリアで、小品のセリフの字幕もちゃんと出ていて見やすいことこの上なかった。
今年の紅包プレゼントは百度のアプリで貰えるものだった。百度ならダウンロードしてもいいかなってやりかけたのだけど、結局やめた。その後インコから要領を得ない酔っ払い電話が掛かってきたが「御免、春晩が頭に入ってこないから」と頼んで解放してもらった。セキセイのぴぴの思い出に繋がってしまうからあまり長い話にならない方がよかったというのもある。結局、そのあといくらも見ないで寝落ちしてしまった。すごく疲れていた日だった。

改めて春晩の回放を見てみた。字幕は大きいし2倍速もできてとっても便利。舞台のつくりや演出は期待通りの派手さで高揚感満載だったがそれでも度肝を抜かれるほどの破天荒さは無くて助かった(あまり派手過ぎると集中できない)。今年は例年以上に人海戦術を展開したことと、舞踏のプログラムが沢山あったこととダンサーの衣装がとっても素敵だったこと、ダンクシュートパフォーマンスのお兄さん方はかっこよかったし、少数民族の豪華な集合ダンスもあったし、京劇など伝統戯曲もたっぷりやってくれてホント素晴らしかった。郎朗氏もピアノ弾いてた。今年の司会者で目立ってたのは朱迅さん。相変わらずの美貌。
央視のいつもの会場のほか、外会場は吉林の長春と、江西の井崗山と、広東の深圳の3か所だった。一汽の自動車がトランスフォーマーしていたし、深圳北站はきらびやかさで中国の近未来を演出していた。“ 云轨”をお披露目していて、ああ乗ってみたいよ…。井崗山での紅歌の演出も悪くない、というか大好物。
でも、一番良かったのは周華建氏が歌ってくれたことだった。ありがとう、周さま!

もっと月探査を押し出してくるかと思っていたけど、それほどでもなかった。ちらっと映ったくらいだった。ほかにちらりとしていたのは、空母とB-002A飛行艇とC919 っていう飛行機と高鉄と北京の新しい空港・大興国際空港ぐらい。

模范先进人物として会場に招待されていた人は4名:
氢氧发动机喷管(液体燃料ロケットエンジンのノズル)を扱うハイレベルの溶接工の方や、山や崖をものともせず10Kmにもわたる用水路を自力で引いた方とか、眼科のお医者様とか、乙烯压缩机(エチレン高圧圧縮機)の設計者だった。

时代楷模として招待されていた人も4名:
村の発展のために頑張っている全国優秀共産党員、开山岛という無人島を守り続ける民兵、貧しい村の子供達を大学に進学させてきた小学校の校長先生、两栖装甲尖兵(水陸両用車部隊に所属する、運転通信射撃何をやらせても一番優秀)に最速最短で成長した若い兵士という面々。

英雄机组は3名:
昨年5月四川航空公司3U8633航班(重慶→ラサ)のフライト中挡风玻璃が壊れ減圧トラブルに遭うも無事に緊急着陸を果たした機長ら3名。
この事故をもとに「中国机长」というタイトルの映画が撮影されていてもうじき公開されるらしく、春晩も全面的に推していると見た。

今年の小品はどうだったかというと…うーん、あまり面白くなかった。守りに入るのはご時世。
相声の岳云鹏氏と孙越氏は安心安定。

色々あって最近腑抜け状態なのだけど、春晩定番曲「难忘今宵」の歌詞「青山在 人未老 人未老」に慰められた。なんか毎年この歌詞で救われている気がする。
毎年思うけど、こんな素晴らしい番組をタダで見れるなんて本当に有難い。人の力の凄さを見せつけられた。人海战术好厉害。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

成人式

成人式のためインコが夜遅く帰省した。
頭に何か巻いていて、よく見てみるとそれはアシリパちゃんが巻いているあれだった。爆笑した。

成人式。振袖は2年前、あちこち巡って決めたこだわりの一着。イメージは大正乙女。

中学校の同窓会については、以前から「ドレスコード有るからね」と聞いていた。パーティドレスそのものではなかったが一応それっぽいワンピースを用意した。着てみたら魔法使いのキキだった。

焦ったのは高校の同窓会だった。最近になってやっぱりドレスコードがあると聞かされて、インコは困った。高校の同級生の中には中学の同級生もいるから、同じのは着ていけない。といって時間がないから今更買い物にもいけない。
で、入学式に着たスーツで行くことにした。ウケ狙いでネクタイを締めたが、結果かなりのイケメンに仕上がった。実際男女問わず好評だったそうだ(悪目立ちともいう?)。

ということで、ここ数日、インコはコスプレ三昧だった。
というか普段まともな格好をしていないので、何を着てもコスプレ感が出る。

参加した感想をインコに聞いてみた。
成人式は、全国的に有名なアーティストが来てくれてかなりインパクトがあったそうだ。
参加者の中には羽織袴でバイクで乗り付けた集団がいたそうで、「あのバイクどこに停めたのかな」って気にしていた。
高校の同窓会では、就職活動なんてまだ関係ないし、ほぼ同じ境遇で、互いの大学や趣味などのんびりした話が多かったそうだ。インコはリア充でもなかったし、社交的でもないのだけど、向こうから声をかけてくれる人もいて、こんなに知り合い多かったっけと驚いたそうだ。過去に軋轢を抱えた人もいたが、お互い普通に話ができるほどになっていて、これには周囲が驚いたそうだ。お酒は少ししか飲まなかったが二次会で見事リバース、終電に乗り遅れ、かなり遠回りして帰ってきた。
中学の同窓会では、すでに働いている人たちの話にかなり刺激を受けたそうだ。インコ曰く、中学時代のクラスは例えると「暗殺教室」のメンバーみたいなもので、多彩で面白くて人材の宝庫なんだそう。
中学、高校と先生方ともいろいろ話すことができたそうだ。先生方の当時の苦労を多少は理解できるようになったらしい。

ということで、時間的にきつかったが帰ってきて良かったね、となった。もう二度とこんな機会無いよねって。
会いたかったが会えずじまいの人もいてちょっと残念だったが、インフルに罹った人、都合が合わない人もいたし、「興味ないから」と最初から宣言していた人においては、彼女らしいよねと好感できた。なにがなんでも出席というのも気持ち悪い。ちなみに同窓会出席率はだいたい7割ほどだったそうだ。

ところで。振袖だが、あんなにお金をかけたのに、着ている時間が短くて、本当にコスパが悪い。
せっかく着たのだから、すぐ脱ぐのももったいないのだが、といってどうすればいいかあてもない。
ご近所を“お練り”してみたらと提案したが、それも空しいだけだよね、と言う。
人力車に乗りたいなというのだけど、そんなの無理。
ほかにやってみたいものは、正月だったら羽根つきかなと言うのだけど、羽子板がないので、代わりにバドミントンをしてみた。家の前でドタバタやっていたら、ご近所の奥様方が気づいて集まってくれて、結果的にお披露目することができた。こんなどアホな親子にお祝いを言ってくださったり、写真を撮ってくださったり、ケーキを差し入れしてくださったご近所さんに、心より感謝。有難かったです。

兎に角、無事に終わってやれやれ。心配だったお天気に恵まれてホント助かった。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京 2018年PM2.5平均値51μg 大気汚染年間報告

1月4日、北京生态环境局は2018年の大気汚染年間報告を発表した。それによると昨年同様二酸化硫黄の排出は国家标准の基準値以下に抑えられたが、二酸化窒素、PM10、PM2.5においてはまだまだ頑張らなければならないことが分かった。(ただし、PM2.5については北京が定めた3年目標の数値を満たしている)

以下新京報より。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-01/05/content_743605.htm?div=-1

◎2018年における北京のPM2.5年間平均濃度は51μg/m3で、2017年と比較して12.1%下がったものの、依然として国家标准である35μg/m3を46%超過している。
北京においてPM2.5は大気汚染の主要物質であることには変わりがない。

◎2018年、北京の二酸化硫黄、二酸化窒素、PM10の年間平均濃度は、それぞれ6μg/m3、42μg/m3、78μg/m3であり、2017年に比べそれぞれ25.0%、8.7%、7.1%減少した。
・国家标准と比較した場合、2018年北京の二酸化硫黄は国家标准(60μg/m3)を達成している。
しかしながら、依然として、二酸化窒素は国家标准(40μg/m3)を5%超過、PM10は国家标准(70μg/m3)を11%超過、PM2.5は国家标准(35μg/m3)を46%超過している。

◎2018年北京の優良日数は227日を記録した。これは全体の62.2%を占め、2017年より1日増えた。
(優良日のうち一級日数は72日、二級日数は155日)。
・2018年北京の重污染日は15日で、2017年より9日減少した。

◎北京の地区分布別で見ると、PM2.5とPM10は南高北低の傾向にある。また二酸化炭素の濃度は市中心区と南部地区が比較的高い。

◎月別の変化で見ると、気象条件の影響を受けることもあり、3月と11月の数値が高くなっている。
反面、1月、8月、9月においてPM2.5濃度がそれぞれ34μg/m3、35μg/m3、30μg/m3で空气质量年评价标准を満たしている。

◎この6年間で、重度汚染日が43日減った。
2013~2018年において、重度汚染日数は徐々に減少し、2013年の58日から、2018年の15日まで減った。
また、2018年はPM2.5重度汚染が発生しなかった日が195日間連続した。

・2018年の大気汚染基準達成日は227日で、全体の62.2%を占め、2013年と比べると51日増えた。(一級優良日数は72日で、2013年より31日増えた。)

・2018年と2013年を比較すると、二酸化硫黄、PM2.5、PM10、二酸化窒素がそれぞれ77.8%、42.7%、27.8%、25.0%下降。特に、二酸化硫黄の下降率が大きい。

◎秋冬に重度汚染が頻発するのはなぜか。
北京市环科院副院长の話:秋冬は汚染物質の排出が増えるが、汚染物質拡散条件が弱い。
2018年北京の青空は増えている。優良日数は227日だった。11月に重度汚染が3回発生したが、それは北方地区全体で暖房が始まっていることと、この時期汚染物拡散条件が満たなかったこととが重なったから。

◎大気汚染に対し気象条件はどれだけ影響するのか。
清华大学环境学院副教授の話:2017と2018年の大気汚染の改善において、気象条件が影響する割合は3割、“本地”の汚染排出制限が影響する割合は5割、“区域”の汚染排出制限が影響する割合は2割。

◎「3年空气治理目标」は実現できるか?
《北京市打赢蓝天保卫战三年行动计划》では2020年までに北京のPM2.5年間平均濃度を56μg/m3前後にすることになっている。
北京市生态环境局大气环境管理处によると、汚染物質の濃度は全体的に下がっており、良い方向に向かっている。ただし気象条件が悪い月ではその濃度に上下が見られる。
大気の汚染状況は気象条件によるところもあるため、今後も汚染物質排出抑制の努力を継続しなければならない。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

高速鉄道 新しい復興号

「中国铁路科技创新成就展」という展覧会が、北京国家铁道试验中心(所在地は朝阳区东北五环附近)で開かれた。
そこで紹介されたのが、ニックネームが“绿巨人”、“金凤凰”、“蓝暖男”などと付けられた新式复兴号の車両だった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/25/content_742438.htm?div=-1

◎2018年末において、中国高速鉄道の営業総距離は2.9万Km、全世界の高速鉄道の総距離の三分の二を占めるまでに成長した。中国の高速鉄道は世界で最も距離が長く、運輸密度が最も高く、運送ネットワークが最も複雑である。運送旅客数累計はのべ90億人で、高速鉄道は鉄道による旅客運送の主要手段となった。

◎复兴号ファミリーの新メンバーのお披露目。
・绿巨人(CR200J型)最高速度時速160キロ
運行編成は3パターン。9輌編成(定員720名)と、11~20輌編成(定員1102名)と、その他フレキシブルな編成。
『绿巨人』复兴号は流線形の外観で、車内設備は既存の复兴号と基本的に同じ。これから“普速绿皮列车”として運行される。
車体の色は“国槐绿” (国槐という木は北京市の木。日本語ではエンジュ)。車両の気密性が増し、車内で感じる騒音が更に小さくなった。座席は绿皮车より広くなり快適な設計がされている。

・金凤凰(CR400AF-B型、CR400BF-B型) 最高速度時速350キロ
17両編成(定員1283名)、連結の長さ439.8m、車体材質はアルミ合金
『金凤凰』复兴号は、17辆編成で設計されており、今までの16両編成の复兴号に比べ、運送量が7.5%上昇した。運転制御の安全指標が高く、平穏性や騒音など快適指標も優秀であり、長距離かつ大量輸送に適している。
2019年1月5日のダイヤ改正のあとで、金凤凰は京沪高铁路線でお目見えする予定。

・蓝暖男(CR300BF型) 最高速度は時速250キロ。
8車両編成(定員613名) 連結の長さ208.95m、車体材質はアルミ合金
車体の色は“海空蓝”、よってニックネームは“蓝暖男”となった。
現在、成贵客运专线成贵高铁)で試験運転を重ねており、2019年は正式投入される予定。

・将来、京张高铁で運行される予定の“龙凤呈祥”と“瑞雪迎春”。
防寒機能が強い。流線形デザインで効率を7%上げた省エネ設計。特徴はインテリジェンス機能と自動運転能力が強化されており、発車やドアの開閉が自動化され、運転手の負担を軽減することができる。
冬季オリンピック路線である京张高铁で運行されることを考慮し、車体は中国的特色に、雪のデザインを融合させた。今回お目見えした“龙凤呈祥”と“瑞雪迎春”だが、将来はどちらか一つが選ばれることになっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

2018年末 北京地下鉄情況 地図

2018年12月30日、地下鉄6号線西延長線と、8号線三期・四期分と、8号線南鑼鼓巷~中国美術館駅の区間等において試運転が始まった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/31/content_743044.htm?div=-1
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/27/content_742638.htm?div=-1
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/19/content_741828.htm?div=-1

◎これで北京のレール交通の距離は28.6km伸びて、総距離が636.8㎞となった。
また、他の路線と繋がることなく単独で運行されていた中低速リニアS1線も他路線と乗り換えができるようになる。例えばS6号线の金安桥站へは徒歩2分で乗り換えが可能となる。

◎北京が先日発表したのが“北京市2019年重要民生实事初选项目”。
これによると2019年年末までに開通を予定しているのが、
7号線東延長線(焦化厂-环球影城)、
八通線南延長線(土桥-环球影城)、
新空港線(新机场线)一期(草桥-新机场北航站楼)など。

◎6号線西路線とは、海淀五路居站⇔金安桥站、総距離10.3㎞、8両編成、運送人数は2800人、車両形式はB型车。
6号線はS1線に繋がり、门头沟や通州に行くのが便利になった。
6号線西路線は海淀五路居站→金安桥站、6駅(6号線全体では34駅)、他路線との乗換駅は3か所、距離は10.56km 、最高速度は100㎞/h 、苹果园交通枢纽が完成すると、苹果园站はS1号线、1号线へ乗り換えできるようになる。
6号線西路線のテーマは“京城连廊”、つまり「歴史ある北京の街、現在の北京の街、発展する北京の街」という意味で、駅舎内装は北京青砖をメインに、西側は红砖を、中部は灰砖を、東側は彩色砖を使い分けメリハリある構成になっている。
また机电设备智能故障诊断システムにより大量の専用センサーを設置しビッグデータを分析することで、エスカレータ、ホームドア、通風機の故障を予期し故障原因を診断する。

◎8号線三期は中国美术馆站から大兴区の五福堂站(地上駅)までで、8号線四期は五福堂站から更に南の瀛海站(地上駅)に至る。
珠市口より南に位置する駅は営業しているが、珠市口以北の金鱼胡同站、王府井站、前门站の三駅の構内はいまだ工事中であり、8号线の珠市口から前门までは暫く運転を行わない。
8号线三期のテーマは一期、二期と同様にテーマは“中轴线”。現在、北京の中軸線は世界遺産に申請中であり、各駅舎では環境や文化の要素を取り入れ、門から中軸が伸びるデザインで表現されている。この門とは、北京伝統の木門にあしらわれる铺首(扉の円い取っ手を加えたお獅子の顔の部分)、门环(取っ手の輪っか)、门钉(扉のぼこぼこまるいやつ)、门神(扉の上に描かれたり彫りこまれている神様)といった意匠が含まれ、駅通路入口で再現されている。
中軸線の一番南端にあるのが永定门であり、中軸線の重要なポイントになっている。永定门外大街站は重点駅として空間を生かした構造になっており、色のグラデーションで芸術的効果を狙った。大型LEDの天幕を張り、地上と地下の境を取り払い、新しい中軸線が存在する都市とその市民の発展を表現した。
永定门外站は8号线の中で一番深い地下鉄駅で、その場所は护城河の下に位置し、全国で初めて“水下开挖”工法で工事が行われた。一般的な工法であれば工事前に地下水を抜くのだが、地下の水資源を無駄にしないため、駅舎の主要構造を造る前に、“シェル”を構築し、それを工事エリアへ流れ込んでくる地下水をふさぐ壁に充てた。工事初期には潜水士70名が動員され护城河の中で工事を支えた。この工法により北京の地下水資源8000万立方米(杭州の西湖6個分)が失われずに済んだ。

◎八通線の南路線延長工事と、7号線東路線延長工事について。
この二つの路線は环球影城(USJ)につながる。現在、八通線の南路線延長の工事進捗率は65%で、2019年12月には試運転が始まる予定。
また、来年末より1号線と八通線の間で乗り入れが行われるため、今までのような乗り換えは不要となる予定。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/15/content_741487.htm?div=-1

かささぎ的には、是非「西延田村站」に行ってみたい。まるで恐竜の骨格の下を通っているように見える。
それから「火箭万源站」(元の名前は六营门站だった)も。なんで新しい名称が「ロケット」になったかというと、近くに中国运载火箭技术研究院(別名は中国航天科技集团有限公司第一研究院。中国航天科技集团有限公司に属し、中国宇宙開発事業の発祥地であり、中国で歴史が一番古い、規模が大きい宇宙開発基地であり、导弹武器(誘導ミサイル)と运载火箭(ロケット発射装置)の研究、試験、生産を行っている)があるから。
画像


ついでに。
◎初の自行车专用路が来年完成
ルートは昌平区にある同城街と文华路の交差点から始まり、地铁13号线に沿って京藏高速を超えて、龙域环路から西二旗北路に抜け、海淀区の上地西路と后厂村路の交差点で終わる。その距離6.5㎞ 。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

2019年 中国の祝日カレンダー

来年の中国の祝祭日を確認しなくてはと思って、新京報を見てみた。
12月7日の記事より。来年の労働節は3連休ではなくて飛び石連休に。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2018-12/07/content_740667.htm?div=-1

1・元旦休み。2018年12月30日(日)、31日(月)、2019年1月1日(火)の3連休。
  月曜日休みになるのでその代わり12月29日(土)が振替出勤日に。

2・春節。2月4日~10日の7連休。振替出勤日は2月2日(土)、3日(日)。

3・清明節。4月5日(金)。ちょうど週末の6日(土)、7日(日)と繋がって3連休に。

4・労働節。5月1日(水)。

5・端午節。6月7日(金)。8日(土)、9日(日)と繋がって3連休に。

6・中秋節。9月13日(金)。14日(土)、15日(日)と繋がって3連休に。

7・国慶節。10月1日(火)~7日(月)。
 9月29日(日)は振替出勤日。9月30日(月)は普通に出勤日。10月12日(土)は振替出勤日。

こちら国務院のカレンダー。見やすくてかわいい。
http://www.gov.cn/xinwen/2018-12/06/content_5346287.htm
休みにはならないが、書いてあるのを拾ってみた。
1/5小寒、1/6蠟月、1/13蠟八節、1/20大寒
2/19元宵節、
3/6啓蟄、3/8国際婦人デー、2/12植樹節、3/21春分
4/20穀雨
5/6立夏、5/21小満
6/1児童節、6/6芒種、6/21夏至
7/1建党節、7/7小暑、7/23大暑
8/1建軍節、8/8立秋、8/23処暑
9/3抗日戦争勝利記念日、9/8白露、9/10教師節、9/23秋分
10/7重陽節、10/8寒露、10/4霜降
11/8立冬、11/22小雪
12/7大雪、12/22冬至、12/26蠟月

中国 気になる食べ物

去年お祭りの屋台で「シャーピン」(烧饼)を売ってるのに気が付いてちょっと感動した。先日は都内に沙县小食店ができたというニュースを読んでちょっと感動した。
あとは、どこか近所に肉夹馍の店ができないかなあと思う。お手軽な食べ物なのだからもっと流行っていいはずなんだけど。(先日アメ横に行ったときも見つけられなかった。ありそうだけどなあ)

最近あまり中国のドラマを見なくなった。長すぎるのが困る。夜更かししてまで見る気力がなくなった。
で、お手軽なのがネットラジオ。ニュースはもちろん普段の生活の話とか(だまされたとかだまされたとかだまされたとか注意喚起)、音楽、懐メロ、お笑い、ビジネス、法律(相続相談とか)、歴史、ラジオドラマ、朗読(窓際のトットちゃんとか)、語学(日本語を含む。日本の紹介の仕方が面白くて結構癖になる)など、とても楽しめる。その中にはわざわざ“戴耳机听”(大っぴらにして聞かないでね)の断り書きのついた放送もある。中国の放送なのだから、そこまで品の無い内容でもないのだが、ちょっとした工夫があって、かささぎはザワザワ感につられて爆笑してしまう。

で、先日聞いたのが、おいしい食べ物を列挙して彼女を“哄哄”する彼氏の話だった。
ということは、中国の青年たちはこういうのを好んで食べているのではないだろうか。
それで、頑張ってメモしてみた。まだ食べたことがないものや聞き取れないものもあったけど、やはり食べ物の話は楽しい。

草莓蛋糕、小龙虾(麻辣or蒜香)、海底捞火锅(三鲜or 麻辣。虾滑という具を忘れちゃいけない)、水煮鱼、粤菜(虾饺皇、 糯米鸡、 肠粉。飲茶のメニュー)、奶茶、冰淇淋松饼、海鲜自助(南美白对虾、面包蟹、鲍鱼、北极贝。たぶん人気の具材)
焦糖布丁、木瓜牛奶、臭豆腐、上校鸡块、烤面筋、麻辣鸭脖、酸辣粉、鳕鱼盖浇饭、手抓饼、瘦肉丸、布丁、巧克力、寿司、水果糖、不二家棒棒糖、油花烤肉、汉堡、冰淇淋、黑森林蛋糕、奶昔、慕斯、毛血旺、鸡公煲、串烧烤、牛板筋、糖醋花生、驴打滚、果脯、绿豆糕、夫妻肺片、麻辣猪肝、东坡肉、板栗烧鸡、可乐鸡翅、星巴克星冰乐、烤鱼、炒酸奶、甜豆浆、油条、小笼包、奶黄包、叉烧包、意大利面、披萨、酸奶、冰棒、鱼香茄子、肉末茄子、软式法国面包、泡芙、通心面、海绵蛋糕、罗宋汤、土豆沙拉、西冷牛排、橄榄面包、三明治、椒盐土豆、炸鸡、日本料理、香蕉松饼、烤鸡翅、泡菜、巧克力软心补丁、卤肉、烤肉、火锅、肉夹馍、炒面、炸年糕、蛋炒饭、煎鱿鱼、酸辣粉、牛肉米面、孜然牛肉、红糖滋粑、双皮奶、薯片、海苔、鸡柳、凉皮、爆米花、红糖糕、马卡龙、炸酱面、馄饨、煲鸡汤、香辣脆骨、雪顶咖啡、铁板茄子、鸡蛋灌饼、蛋达、墨西哥肉卷。

にほんブログ村