東京湾の見学

東京湾の見学船が面白いよと教えていただいた。レインボーブリッジを歩いていて眼下に見えるふ頭や建物が気になっていたので、これはきっと勉強になると思って乗ってきた。1時間のコースだったが予想を超える素晴らしさ。無料でこんな体験をさせてくれる東京都はすごいと思った。

今までの新東京丸が終わってしまったのだそうで、かささぎが乗ったのは、代打の東京水辺ラインのさくら丸だった。(只今新しい船をイタリアに発注中)
乗り場も「有明(東京ビッグサイト)船着場」に代わっていた。で、地図であたりをつけて行ってみたら「有明客船ターミナル」と出ている。これって同じ乗り場なのかなあと疑いつつ行ってみたら大丈夫だった。だけどいきなり船に行ってしまい、先ずはターミナル2階で受付してきてくださいと注意された。失敗した。

乗船してみるとほとんどが人生の先輩方だった。たまたま同席した紳士グループはとても親切で、かささぎが方向を見失ったときなどさりげなく教えてくれた。ポートガイドを務める方もシニアの方だったが、東京湾の生き字引とお呼びすべきではないだろうか。素晴らしい内容だった。後で伺ったら港湾局OBの方だった。

コースは東京湾を一周する。お話の内容は、
有明(東京ビックサイト)船着場を出発してから、
→有明西運河を通過し(長さ1.4㎞。有明埠頭橋やあけみ橋や夢の大橋や有明橋などたくさんくぐる)
→シーリアお台場マンションを左手に東京湾へ出て、
→豊洲市場と晴海ふ頭・選手村の説明を聞き、
→竹芝ふ頭・日の出ふ頭・芝浦ふ頭の歴史と役割を聞きながら位置確認し、
→レインボーブリッジの説明を聞きながらくぐり抜け、
→海上保安庁の調査船がいたのでその説明を聞き、
→お台場の歴史と共同溝の話、東京湾の話、五輪会場の話を聞き、
→品川ふ頭の歴史、コンテナの積み方、東京湾のコンテナ取扱量の数の話など、
→コンテナ船、ローロー船、船会社の話、倉庫と上屋とガントリークレーンの話、
→大井火力発電所の話、
→東京湾トンネル換気塔の話、
→東京湾トンネルと臨海トンネルの沈埋工法の話、
→青海コンテナふ頭の話、
→大井コンテナふ頭、大井水産物埠頭、大井食品埠頭(小麦のばら積み)、
→中央防波堤外側コンテナふ頭、中央防波堤内側ばら物ふ頭(珪砂、石炭)
→中央防波堤内側外貿雑貨ふ頭(上組の私設)、
→海の森水上競技場の場所の確認、
→ごみ処理と埋め立ての話、
→東京ゲートブリッジの説明(くぐらない)、
→第二航路海底トンネル(ごみ収集車が通る話とか)、
→黄色い海面清掃船の話(7隻稼働中)、
→お台場ライナーふ頭(外貿在来船の主力)、
→10号地ふ頭の説明、
→フェリーふ頭の説明、
→15号地木材ふ頭、
→10号地ふ頭、
→東京国際クルーズターミナルの説明
などなど、多岐にわたった。
ポートガイド先生の声は船室にいてもデッキに上がってもはっきりよく聞こえた。
あっという間の一時間だった。できたら新海面処分場まで行ってほしかったな~。

しつこいのですが、東京って本当にすげえです。
DSC_0835 (1).jpg
DSC_0851.JPG
DSC_0865.JPG
DSC_0853.JPG

これが船着場のターミナル。
DSC_0903.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント