北京 建国60周年 聯歓晩会と閲兵式 東31甲核導弾

日本でも還暦を祝うように、中国でも還暦は大事なアニバーサリー。親戚を沢山呼んでレストランで会食する。ましてやお国の還暦。盛り上がるに決まっている。 

ネット中継。日本でも北京の番組がリアルタイムで見られるなんて、なんてすばらしい。それもテレビ局のHPを開くだけですぐに見られるなんて。(1ヶ月に1回文通をするのが精一杯だった25年前のスピードと比べてしまう。「文通」って言っただけで古いか…)

夜7:30から天安門で行われた国慶聯歓晩会。画面がしょっちゅう「卡:止まる」してしまうけど、雰囲気はよくわかった。
よかったなあ。トランペット少年の指が動いていなかったとか細かい所に突っ込みを入れないのが中国流の楽しみ方。ご愛嬌。いつものこと。
宏観経済とも言うじゃないか。もっと大きく見ればいい(「宏観」の使い方間違っている?)
一曲一曲が心に沁みた。懐メロは心を揺さぶるし、新しい歌のメッセージもよく伝わっていたと思う。中国の歌手の歌唱力にはいつも本当に感心させられる。踊りもマスゲームも本当にすばらしい。花火もとてもきれいだった。世界遺産を高層ビルのようにしてしまうわけにはいかない。火事が出なくて本当に良かった。

ときどき、聞き覚えのある曲が流れる。
そうだ、思い出した。夏にインコがテニスをやっていた隣で集団踊りの練習を1日3時間やっていたのは、この聯歓晩会でエキストラ踊りをするためだったのか。大学生ぐらいの若者から、50過ぎのおじさんおばさんまで、あの酷暑のなか毎日踊っていた。このたびは無事に済んでなにより。お疲れ様。8連休でよかったね。

「水立方」はオリンピック公園にある水泳センターの愛称としてすっかり定着している。今回はライトや花火をふんだんに使った祭典なのでそれをもじって「光立方」と呼ばれていた。

かささぎに言わせると「人立方」だ。中国の人間パワー。楽しい雰囲気のなかに凄みを感じた。


午前10時ちょっと前から始まった閲兵儀式(軍事パレード)。映画でしかみたことがなかったので今回見てみた。2時間やっていたが、あっと言う間だった。前半が軍隊パレードで後半は「群集」パレード。子供を大事にする中国で、どこで子供たちを登場させるのか楽しみで待っていたら一番最後だった。風船を持った子供達が天安門「城楼chenglou」の前で止まったかと思うと、一斉に風船を放す。そしてそのまま赤じゅうたんの敷かれた金水橋5本の上に「おーっ」と叫びながら駆け上がる。度肝を抜くすごい演出。
余りにもすごい勢いなので、子供達がそのまま故宮に突っ込むか「城楼」に駆け上がって占拠しちゃうのかと思った。

子供達の歓声「おおーっ」について。
日本の子供達は普通「わーい」と言う場面。例えば「今日の晩御飯はカレーですよ」と母親が言えば子供は「わーい」と喜ぶ(昭和なたとえ)。そんな時中国の子供なら「おおーっ」という(カレーで喜ぶかは知らない)。だから鬨の声を上げている訳ではない。

前半の軍隊パレードで出てきた字幕。

方隊…行進する時、グループが四角の形になっている状態
梯隊…戦闘機が飛ぶ時、真ん中を中心にへの字になって並んでいる状態

陸軍学員 歩兵 特殊兵 海軍学員 水兵 海軍陸戦 飛行学員 空降兵 炮学員 武警 予備役 女民兵
 
99式坦克 96A式坦克 両栖突撃車 履帯歩戦車 輪式歩戦車 (海軍)陸戦隊戦車 空降兵戦車 武警装甲車
履帯自行高炮 履帯自行榴弹炮 輪式自行迫榴炮 輪式自行突撃炮 火箭炮 反坦克導弾 履帯自行高炮
防空導弾 航空導弾 反艦導弾 岸艦導弾 紅9地空導弾 紅12地空導弾 機動雷達 通信兵 無人機(むじんていさつ機というらしい) 後勤装備 東15乙常規導弾 東11甲常規導弾 長剣10巡航導弾 東21丙常規導弾(東風21C中距離弾道ミサイル、というらしい) 東31甲核導弾(ICBM大陸間弾道ミサイル、というらしい) 空警200式 轟6H 加油機 殲70 殲8F 殲10 殲11 直8 直9偵 直9武 教8
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るいすい
2009年10月11日 13:36
かささぎさんならではの独特の視点に、今回も興味深く拝読させていただきました
私個人的には女性軍隊の方々がかわいかったです。
「晩会」ですが「閲兵式」同様、夫は食い入るように見てました(笑)
中国の方は(アイドルを除き)みんな本当に歌がお上手ですよね~
かささぎ
2009年10月11日 14:29
るいすい様:「女民兵」の行進。ピンクでミニの衣装。私は「こち亀」の衣装を思い出しました。女子大生など妙齢の美人も加わり、厳しい訓練を乗り越えて晴れの舞台を踏んだのだそうです。

この記事へのトラックバック