アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中国映画」のブログ記事

みんなの「中国映画」ブログ

タイトル 日 時
沈従文 辺城(辺境の町) 鳳凰古城 少数民族 生い立ち
旅行パンフレットに載っていた「武陵源・鳳凰古城の旅」。世界遺産の武陵源と老司城、有名観光地の張家界と鳳凰古城を巡る行程だった。湖南省は岳阳・长沙・韶山しか行ったことがないので西の地方(中国語で湘西)は想像するしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 12:46
歴史と現実をしっかり認識させる難しさ
歴史と現実をしっかり認識させる難しさ 「初恋のきた道」っていう映画を録画で見た。かささぎの趣味で言うとあのタイトルはやっぱり「我的父亲母亲」のほうがしっくりくる。息子である孙红雷氏の語りに、語り尽くせない重みを感じたから。ほんとイイ声してる。 それにしても癒された。純粋で詩的に美化された世界に引き込まれた。最後は老いた母親に息子ができるだけの事をしてあげたという、中国的美談で感動。 その分、見終わってから冷めてしまった。現実は触れたくない問題、見たくない問題がたくさん。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 17:43
李香蘭さん 映画 劇団四季のミュージカル  
李香蘭さん 映画 劇団四季のミュージカル   「お前の頭は“猪脑子”か」って言い方があるけど、今の気分はまさにそれ。大声で罵りたい。 “草包”という言葉もある。「頭の中には藁でも詰まってるのか」って罵りながら、両頬をぺしぺしたたくしかない。 北京で貴重な体験をしたのに、それがほとんど思い出せない。 劇の途中で、役者さんが「九一八、九一八」って中国語で歌ったら、満場の拍手が起こったことくらいしか思い出せない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 16:28
《人在冏途》と《人再冏途之泰冏》のもめ事
《人在冏途》と《人再冏途之泰冏》のもめ事 一体どういうことだろう。おもちろかった《人在囧途》と、おもちろいであろう《人再囧途之泰囧》(略して《泰囧》)とでモメているなんて。(《泰囧》はまだ見ていないけど面白そうだと期待してる) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/03 10:57
生き残っている兵隊中国語 協和語の概念
生き残っている兵隊中国語 協和語の概念 私かささぎアルヨ。昔見た漫画に出てくる中国人はそんな言葉遣いだった。聞いた感じが不愉快だし、きっと誰かがふざけて誇張させた変な日本語に違いない、そう思っていた。だって、中国でそんな日本語を一度も聞いたことが無い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 5

2012/02/28 02:23
中国 映画「天下無賊」「盲井」 中学生の掃除
中国 映画「天下無賊」「盲井」 中学生の掃除 電車に乗っていても街を歩いていても、日本は楽な国だなって思う。緊張したり不愉快な思いをする場面が少ないから。きれいだし。北京の街もかなりきれいになってきたけど、あれは清掃人員をたくさん投入する人海戦術の結果でもある。そもそも日本では自分のごみをポイポイ道路に捨てる人が少ないから汚れにくい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/11/21 13:33
中国 スパイ “諜戦”劇 騙し騙される間諜ドラマ
中国 スパイ “諜戦”劇 騙し騙される間諜ドラマ 中国のドラマを検索すると数字で評価が出ているので選ぶときに参考になる。それにカテゴリー分けしてあるのも便利。例えば爱情、军事、战争、军旅(軍隊もの)、喜剧、古装(時代劇)、警匪(警察もの)、悬疑(ミステリーもの。探偵ものも含む)、武侠、家庭など。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 23:47
中国 乞食に会った時の心の準備
中国 乞食に会った時の心の準備 また中国列車の旅の話。押し合いへし合い二等座席に24時間も座り続けていると相当キツイので、遠距離移動のときは二等寝台車に乗り込むべき。駅に停車すると物売りのおじちゃんおばちゃんが声をかけてくるから、窓から直接果物やお菓子やお弁当を買うことができる。茹でた菱の実や、炒った松の実や、水くわい(中国語で荸荠biqi。おせち料理のくわいは慈姑cigu)など、食べたことのないものと出会ったのは列車の中だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/08 00:11
中国 旅をするときの心構え 映画「人在冏途」
中国 旅をするときの心構え 映画「人在冏途」 インコを見ているとなんて危なっかしい生き方をしているんだろうと思う。自分がやらかしたことでどんな影響が出るかなんて全然考えていない。まさに「初生牛犊不怕虎」怖いもの知らず。口を酸っぱくして言って聞かせても全然聞いてない。そのうちきっと痛い目に遭うに違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 17:55
お土産選び ドイツと中国 “拉貝日記”と老電影
お土産選び ドイツと中国 “拉貝日記”と老電影 お土産選びが苦手。以前そんな愚痴をこぼした。今回はインコに持たせるお土産で悩んだ。お土産屋、量販店、100均のお店にも行った。 結果、受けたものも受けなかったものもあったらしい。 ウケたのはキティちゃん、招き猫、レディガガのユニクロTシャツ、塗り箸、ザラメのかかった甘じょっぱせんべい、雷おこし、紙風船、5円玉、餅の磯辺焼き。 ウケなかったのはわさび味プ○ッツ、抹茶キャラメル、味噌汁。味がダメだったらしい。 どっちらけだったのは冷麦、達磨落とし。 意外なのはお菓子のパッケージを大事にして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/20 23:55
喜羊羊与灰太狼之兔年頂呱呱 灰太狼の悲哀と喜び
喜羊羊与灰太狼之兔年頂呱呱 灰太狼の悲哀と喜び 「喜羊羊与灰太狼」は今の中国で絶大な人気を誇る国産アニメ。特に冬休み(春節休み)を当て込み、毎年冬になると新作の劇場版が公開される。今年はすでに3作目だったから、お父さんお母さんが子供をつれて映画館に行くのも年中行事としてすっかり定着しているかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/16 14:10
中国 催涙弾映画 未婚の母 唐山地震
中国 催涙弾映画 未婚の母 唐山地震 百度で検索すると、いろいろなことが出てきて本当に勉強になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/04/24 18:39
中国語 映画「唐山大地震」 馮小剛監督インタビューの“聴写”
中国語 映画「唐山大地震」 馮小剛監督インタビューの“聴写” 今回の「テレビで中国語」では魯大鳴氏が鳥ネタをやってくれたのでインコが大喜びだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/02/27 16:47
北京 動漫 西遊記・旅の終わり 「給力」 喜羊羊 
北京 動漫 西遊記・旅の終わり 「給力」 喜羊羊  中国でアニメ・漫画の記者をしていらっしゃる方からコメントを頂いた。「日本と中国のアニメを比較してどう思いますか」って質問。ブログをやっていて、怒られたことはあったけど、真正面から質問されたのは初めてだったから、何とかカッコいい回答をしたいって思ったのだけど、所詮私はただの欧巴桑。まとまった考えも浮かばないし、中国語で書くと時間がかかるので、今回は日本語でだらだらと書いてみようかと思う。期待はずれだったらごめんなさい。もっと考えが纏まってきたら中国語でも書けるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/28 12:47
中国語 インタビュー 映画監督・趙曄氏 映画「ジャライノール」
中国語 インタビュー 映画監督・趙曄氏 映画「ジャライノール」 NHKの「テレビで中国語」の一部をまたヒヤリングしてみた。 途中から聞いたが、「ジャライノール。中国語:扎赉诺尔」という映画を紹介していた。ノスタルジックなとても綺麗な画面だった。きっと蒸気機関車ファンにはたまらない映画なんだろうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 18:07
中国 経典老歌と老電影片
中国 経典老歌と老電影片 「大嫂」と呼ばれることにまだまだ抵抗を感じるかささぎであるが、昨日頂いたコメントで、自分はとっくの昔に若者路線から脱落していることに改めて気付いた。最近の若者は「老歌」を聞く機会があまりないらしい。kyo先生、ご指摘ありがとう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/12 11:38
中国 映画 小瀋陽クン「三槍拍案驚奇」 アニメ「喜羊羊」
中国 映画 小瀋陽クン「三槍拍案驚奇」 アニメ「喜羊羊」 最初はどうってことはないのに、段々慣れてくると好きになるものがある。かささぎの場合中国国産アニメの人気者「喜羊羊」。昨年好評だった映画に続き、今年冬も公開になる。タイトルは「喜羊羊与灰太狼之虎胆羊威」。昨年のものより更にパワーアップして面白いと言うことだ。本当なのかな。ちょっと気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/14 17:13

トップへ | みんなの「中国映画」ブログ

北京で勇気十足 中国映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる