北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 日本食品の規制 跨境電商(越境EC)

<<   作成日時 : 2017/04/20 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一か月前のことになるが、日本のテレビが「日本の食品が放射能汚染されていると中国で報道された」とかなんとかって言っていた。生活や食べ物関係のことは気になるから、今更ながら新京報で勉強することにした。
………
3月16日。この記事で取り上げたのは中央テレビが放送した内容についてだった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2017-03/16/content_674626.htm?div=-1
以下大体の内容。(間違ってはいけないので原文もご確認ください)
跨境电商(越境EC。インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引)企業が規定に違反して日本の核汚染地区からきた食品を販売していた。
●深圳市市场和质量监督管理委员会市场稽查局は、一部のインターネット通販サイトで販売で販売されていた粉ミルク、シリアル、米、酒類などの食品が日本の核汚染地区から来たものであるということを発見した。そのサイトの商品紹介ではそれらの産地が日本とだけ示されており、詳しい場所が掲載されてはいなかった。
●中央テレビの記者は実際に何品か購入し確認をした。それらには「产地是日本栃木县」「来自日本新潟县的鱼沼」「生产工厂是日本栃木县清源工厂」「产地是东京都」と書かかれてあり、日本の核汚染地区だった。
●国家质量监督检验检疫总局(略称は国家质检总局)が発表した《关于进一步加强从日本进口食品农产品检验检疫监管的公告》により、これらネット通販サイトを介して購入される日本食品はすべて輸入禁止リストに載っているものだ。(2017年2月13日に国家质检总局の进出口食品安全局が発表した警示通报では、越境ECを含む輸入業者は中国が禁止する10の日本都道府県<福岛县、群马县、栃木县、茨城县、宫城县、新潟县、长野县、g玉县、东京都、千叶县>を避けて食品を輸入するように求められている)
●日本核汚染地区禁止食品がどのように中国に入っているのか。深〇貿易会社の責任者は「日本の核汚染地区から来た商品を売っています。国は輸入を禁じていますがその監督管理を避ける方法があります。どうにも方法がなく通関できないできないときは香港に送ってから深圳に運びます」と話した。
●深圳市市场稽查局は、日本の核汚染地区商品が、街のスーパーでも売られていることを発見した。包装の上には「产地为日本」と中国語のラベルが張ってあるが、それをはがすと本当の生産地が東京都と出てきた。
深圳市市场稽查局は、中国国内で日本核污染食品を扱うネットショップの数が予備統計ですでに13000店以上にのぼるとみており、管理行動を全面展開することにした。

…………
3月17日。この記事で取り上げたのは北京や上海の情報と、中国が禁止している都道府県名と、日本食品を輸入する際の検査内容についてだった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2017-03/17/content_674734.htm?div=-1
以下大体の内容。
●北京の様子:一昨日夜の央视の番組を受けて、北京市食品药品监管局の係員は昨日朝から現場に駆け付け、北京全市で食品安全监督执法检查を行っている。
18社のスーパーマーケットチェーンおよび農産品を扱う市場や、ネット通販サイトを対象に調査を行ったところ、いまのところ国が禁じている日本の核放射線地区からの輸入食品は見つかっていない。
●上海の様子:无〇〇品の問題について当該公司は昨日昼に正式な発表を行った。その内容は「販売している輸入食品はすべて中国の関連規定に適合しており、核汚染地区の食品は輸入も販売もしておりません」というものだった。
この件について新京报の記者は上海出入境检验检疫局(上海国检局)の担当者に確認を取ったところ「すでに当該公司の检验检疫记录单を入手し調査を行いました。騒ぎとなった二種類の食品ですが生産地はそれぞれ福井县と大阪府でした。进口记录を調べましたが日本の各放射線地区からきた製品は見つかりませんでした」とのことだった。
●国家质检总局の公式HPより。原発事故後の一連の措置について。
@2011年3月24日
禁售范围:日本5县
国家质检总局发布《关于禁止部分日本食品农产品进口的公告》
质检总局表示,日本福岛核电站泄漏事故已对当地食品农产品造成严重污染,日本政府已从多个地区的有关食品农产品中检出放射性物质严重超标,并做出禁止流通和禁止食用的决定。为确保输华食品农产品安全,质检总局公告要求,自即日起,禁止进口日本福岛县、栃木县、群马县、茨城县、千叶县的乳品、蔬菜及其制品、水果、水生动物及水产品。
A2011年4月8日
禁售范围:日本12县
国家质检总局发布《关于进一步加强从日本进口食品农产品检验检疫监管的公告》
公告称,鉴于日本福岛核泄漏事故对食品、农产品质量安全的影响范围不断扩大、影响程度不断加重,世界上众多国家和地区也在不断加强防范措施,为确保日本输华食品、农产品的质量安全,根据相关法律法规规定:自即日起,禁止从日本福岛县、群马县、栃木县、茨城县、宫城县、山形县、新潟县、长野县、山梨县、埼玉县、东京都、千叶县等12个都县进口食品、食用农产品及饲料。
B2011年6月
禁售范围:日本10县
国家质检总局又发布《关于调整日本输华食品农产品检验检疫措施的通知》
通知提到,根据目前日本福岛核电站放射性物质泄漏对周边地区食品、农产品的污染现状,总局经过风险评估,决定在确保食品安全的前提下,对目前日本输华食品、农产品检验检疫措施做如下调整:自通知下发之日起,允许日本山梨、山形2个县2011年5月22日后生产的符合我国要求的食品、食用农产品和饲料进口。
也就是说,除去山梨、山形2个县,其余10个都县仍在禁止进口食品的区域之列。
C2017年2月13日
禁售范围:日本10县
国家质检总局发布《关于进一步加强进口日本食品放射性相关证明文件审核的警示通报》
通报要求,各进口企业(包括跨境电商)避免从被我国禁止的10个日本都县进口食品,日本食品进境申报时,进口商须提供原产地证明、放射性检测合格证明等符合要求的相关文件。
●国家质检总局《关于进一步加强从日本进口食品农产品检验检疫监管的公告》による、日本の食品を輸入する際のチェック内容。
@报检合格
日本其他地区で生産された食品、食用农产品および饲料を輸入する場合、書類審査の際に日本政府が発行する放射性物质检测合格証明と原産地証明を提出しなければならない。各地の检验检疫机构は輸入する食品、食用农产品および饲料に対し放射性物质检测を行う。合格した場合は輸入を認め、不合格の場合は規定に従い公表を行う。
A备案管理
各地の检验检疫机构は規定に従い日本食品を扱う境外(外国のほか台湾とか香港とかマカオ)の輸出業者または代理商のすべてに対し备案管理を行わねばならない。
B如实记录
日本食品の輸入業者は要求に基づき輸入販売の記録を制度化し、事実に従った日本の輸入食品の名称、规格、数量、生产日期、生产または进口批号、保质期、出口商か购货者の名称並びに联系方式、交货日期などを事実通りに記録しなければならない。
C检疫审批
日本から水产品を輸入する場合は、事前に检疫审批の手続きを行わねばならない。
《进境动植物检疫许可证申请表》には以下の一文がある:「产地の欄」には水产品の原料の養殖地区がある县名か、漁獲区域とFAO海域番号を明記すること。また「运输路线の欄」には加工厂地址と产品运输路线を明記し、日本国内を運送した場合はその通過した县名を、海運の場合はその船積港を必ず明記しなければならない。

………
こうなるとその番組を見てみたかったのだけど検索できなかった。時間をかけて探せばあるのかもしれないが。
ただ、その内容に関するニュースがあったので見てみた。
http://www.kankanews.com/a/2017-03-16/0017917190.shtml
やっぱり「製造者」と「产地」を混同しているように見える。
ただし、お米は確かに10県のなかの一つだった。央視の報道のとおり、正規のルートを使わず税関を通さずに物を運び込んで売っている会社がある、ということになるのだろうか。だとすると「上有政策,下有对策」っていう言葉がちらついてくる。

http://news.cctv.com/2017/03/16/ARTIdzFoxwA81sckXQTJmDrn170316.shtml
指摘の書類だがこれは原産地証明書。今調べてみたら「貨物の原産国を証明する書類であり、都道府県等の産地までを証明する書類ではありません」って出てくる。ただし台湾向けの場合は特例として県名記載を認めるのだそうだ。じゃあ中国向けの場合はどうなっていたんだろう。これ以上は調べられなかったのでわからないのだけど、仮に決まっていないのなら指摘されても困る。
保税区の倉庫に入っている商品の書類審査はいつやるんだろう。合格しているのならなぜ合格したのか知りたい。

一番最初に深圳市市场稽查局がちゃんと日本語を確認してさえいれば、ここまで大きな騒ぎにならなかったのかどうかは知らないけど、きちんと放射性物質検査証明書や原産地証明書を提出し、中国政府の規定に従って書類を作成しラベルも張って輸出をしている業者を巻き込んでしまったのは良くないと思う。
新京報は上海の様子として、その後の事実も報道していたが、どれだけの人が読んでくれたかなあ。
それにしても中国側はこんな厳しい規制をかけているってことを知れてよかった。だけど「禁售范围:日本10县」って悲しすぎる。中国が決めることに欧巴桑がとやかく言うなっていわれそうだけど。
中国で「跨境电商」が流行るのはいいことだと思う。だって、中国の親類から買い物頼まれるの、ちょっと負担だから。気軽にこういうのが利用できるのなら、わざわざかささぎなんかに頼まなくなるから。

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国 日本食品の規制 跨境電商(越境EC) 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる