北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 前門の北京坊 勧業場の改修

<<   作成日時 : 2017/01/17 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月17日、大栅栏历史文化保护区の北東側に“北京坊建筑集群”が完成した。

大栅栏历史文化街区の革新と保護を目的に手掛けられたプロジェクトで2006年にスタートしていた。総顧問は吴良镛(清華大学)。

北京坊とは、西は煤市街から東は珠宝市街まで、北は西河沿街から南は廊房二条までのエリアを指す。“一主街、三广场、多胡同”で構成されており、総面積は3.3万平方米。

最大の目玉は北京劝业场(2006年に第六批全国重点文物保护单位に指定されている)の保護と修復。

北京坊には8棟の特徴的な建築物がある。それぞれが大栅栏地区の雰囲気と協調しつつ現代都市の風格を持っている。

建物の3階は空中漫步ができるようになっている。

地下4階には大規模な駐車場があり、大栅栏地区の駐車場不足を解消する。

今年年末には地铁二号线前门站から地下道を通って直接行けるようになる。

以上、新京報より。写真あり。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2017-01/17/content_668362.htm?div=-1
…………

ここにある建物たち。
劝业场、谦祥益、盐业银行旧址、交通银行旧址など。

昔の劝业场。
1905年,清政府在北京设立了“京师劝工陈列所”,为官办的工艺局产品展销场,意为“劝人勉力、振兴实业、提倡国货”。鼎盛时期,该处经营有20多个行业,180多个货摊,配有电影院、剧场、舞厅、台球厅等,吃、穿、用、玩俱全,是近代北京首幢综合性商业建筑。1975年后,北京劝业场改建为新新服装店等,后由于多种原因,逐渐衰败。2006年,劝业场旧址作为“大栅栏商业建筑”的一部分,被列为第六批全国重点文物保护单位。

新しい劝业场。
民国時代の建築(バロック風)様式を再現した。建築面積は8000平方米あまり。地上4階地下1階。劝业场は“劝业精神”を引き継ぎ、文化・芸術の中心を取り戻す。展览馆の役割である芸術や文化や科学技術などの展覧を行ったり、文化講壇や演劇やブランド発表などの活動を行う。ここで得る体験によって異なるいろいろな業態を活性化して“中国式生活体验区”を実現する。

荒れ放題の頃の劝业场の写真。
http://33665307.at.webry.info/200906/article_27.html

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 前門の北京坊 勧業場の改修 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる