北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 知恵熱

<<   作成日時 : 2016/05/12 19:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

春休みの話だがインコのお友達とそのお母さんがわざわざお土産を持って来てくれた。部活で大きなイベントに参加してきたそうで、「ユーチューブ見てね」ってことだった。そして「これで引退なんです」と言う。「ご苦労様でした。で、塾はすぐ始まるの」と聞いてみたら、お母さんが「いろいろ迷ったけど○○に、ね」なんて教えてくれた。

それを聞いていたのが我が亭主。普段部活なんかに興味を示したことが無いくせに、「インコはいつ引退するんだ」と聞いてきた。「勝ち続けたら夏休み前までかかるかも」と答えた。で、亭主が一言「中国ならあり得ない」。吐き捨てるような言い方だった。受験の時に高校に泊まり込んで勉強していた人だから納得いかないのも仕方ない。

でも。わかってほしい。日本の高校生だってただ遊んでいるわけじゃない。勉強もあるけど、部活や課外研究や海外発表や文化祭や合唱祭もある。朝練もあるし兼部していれば土日休日いくらあっても足りないくらい。(これをやってるとなかなか受験勉強までたどり着けない。目下の悩み)

春休みからずっと動き回っていたインコ。とうとう倒れた。結局連休中の練習試合すべて休んでしまった。食欲はあるのだけど、なぜか熱だけ下がらない。また例の知恵熱だったのだと思う。

今度の試合は文化祭に重なる。それでもクラス劇にも出ることが決まっているのだそうだ。「物理的に無理じゃないの」って言うのだけど、からくりを仕込んでいるらしく「どうにかする」って言う。傻瓜、やれるもんならやってみろ、と思う。親子喧嘩、毎週やっててもう嫌だ。何言っても言うことを聞かないし、機嫌いいのはご飯食べる時だけ。

台所で中国のラジオを聴いていたら、中高生の留学話をしていた。留学に出すなら中学生の時がいいか、それとも高校生の時がいいかって討論していたが、結論は「中学生のうちに」というものだった。それだけなじむのが早いからなのだそうだ。
中学生の留学なんて、自分の事ちゃんとできるのだろうかって心配なのだけど、それでも海外に出したい親はいるのだそうで。その理由は「中国の大学受験が過酷過ぎるから。高校時代を勉強漬けにさせたくない」というものだそうだ。

検索をかけてみた。「高中 课程表」で。
一般的には午前4時限+午後4時限が多そうな感じ。で、学校によっては早朝自習や夜間自習が入っている。
すごい学校は早朝自習+午前の授業が5時限+午後の授業が4時限+夜間自習3時限という時間割になってる。(これは寄宿制の学校だろうか。5時30分起床、22時就寝って書いてある。土日も平日通りやる)
勉強ってこんなにできるものなんだろうか。すごいとしか言いようがない。少なくともインコには向かない。知恵熱ばっかり出すと思う。

ところで。インコの新しい担任の先生はメールをバンバンよこす。クラス一斉メールではあっても、慣れてないのでとっても苦手(用事があったら子供に言えばそれでいいじゃんと思う)。先日はインコが体調を崩しているを知ってて「受験生なのだから体調を崩してはなりません」みたいなことを書いてきたときは「ああ、言われた」って思った。ピリピリしてしまうのは受験期だからか更年期だからか。よくないなあって分かってはいるのだけど。

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知恵熱 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる