北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 交通ICカード 返却できる駅 一カ通の種類と仕組み

<<   作成日時 : 2015/03/08 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

交通ICカード一卡通。入手できる場所は多いしチャージも簡単なのでとっても便利。でも北京市民にはまだ不満が残っていた。それは、使わなくなった時に返却できる(または破損して取り替えてもらう時の)窓口がとても少ないってこと。少ない窓口に人々が集中し長蛇の列になっているのがニュースで取り上げられていた。
その後返却窓口を増やすとか増やしたって話、どうなってたのかよく知らなかった。

先日新京報に載っていた記事は、地下鉄駅の窓口で返却・返金を受け付けるところが増えました、という内容だった。これには机场线(地下鉄空港線)の第2ターミナル駅と第3ターミナル駅も含まれている。これなら旅行者も便利になるはず。

●新しく増えた返却窓口のある地下鉄の駅名。
1号线:古城・四惠・王府井
2号线:西直门・建国门・北京站
5号线:立水桥・雍和宫・东单
6号线:车公庄西站・黄渠站・平安里・十里堡・东夏园
7号线:广安门内・焦化厂
8号线:北土城・霍营・鼓楼大街
9号线:七里庄・北京西站
10号线:知春路・芍药居・慈寿寺・十里河・丰台站・宋家庄
13号线:东直门・大钟寺
15号线:望京西・花梨坎・南法信・六道口
八通线:八里桥・土桥
昌平线:沙河高教园・生命科学园
亦庄线:万源街・荣昌东街・宋家庄
房山线:大葆台・良乡南关・
机场线:2号航站楼(站厅)3号航站楼(西厅)

※全体のリストはこちら。郵便局や銀行でもできる。
http://wenku.baidu.com/link?url=TUnr4yjrobjB4bQD4IGm2VEgnKncIKKnqABMIP89wAZI2sg3T2BHcvr_0gt2yhhuQSmNoU7PoD4bo47uqfec1zPwE5JK7KLO03A-hYat1D_

●返却時の注意。
カード本体のデポジット金20元と、カードにチャージされている残額が返金されるが、そのときカード残額は100元未満でなければならない。(最近決まったルールらしい。ネットには100元以上で返してもらえる場合も出ているが、詳しくわかったらここに書きこむつもり)

●購入できる場所の追加。
このたび地下鉄2号線の駅の窓口すべてで購入とチャージができるようになった。

………
一卡通ってなんか分かりにくい。あのストラップ型のオモチャみたいなやつが気に入らない。
でも、北京では統一感より個性を重視するらしい。中のICチップさえしっかりしていれば外観なんでどうでもいいってことなんだろう。
ちょっと調べてみた。

●一卡通のタイプについて。
@市政交通一卡通卡。窓口で本体価格20元で売ってる青色の普通のカード。
A“水晶宝贝”小型异型卡。北京市政交通一卡通有限公司が新しいデザインとして販売したストラップ型。小さくてオモチャみたいだが、普通にチャージして普通に使える。
B“指环公交卡”。指輪のように穴が開いているが、ホントに指にはめるのだろうか。ストラップ紐はついている。
C“迷你卡”とか“迷你一卡通”と呼ばれているストラップ。キャラクターの絵が付いていたりかわいい形になっているなど多種多様なデザイン。すべて問題なくちゃんと使えるのか疑問。買ってみたもののチャージができなかったという書き込みがあるし、「地下鉄駅入り口近くで売ってるものが不良品だった」という記事を前に読んだことがある。
C“e乐优”。栓抜きの先っぽのような形をしている。ねもとに端子が付いていて直接パソコンに差しこんで銀行チャージできる。USB機能付き。
D“e乐优-URPASS”。Cと同じようなものだがキーホルダー型になっている。
E“刷刷手环”。腕時計タイプ。168元で買えるという。
HPはhttp://www.ishuashua.cn/index.html

●スマホを使って改札を通ることもできる。
“e乐手机一卡通”。モバイルスイカと同じものらしい。対応機種があってそれに“北京市政交通一卡通功能的MicroSD卡”を差し込むと使えるようになる。

●チャージの方法について。
普通の一卡通やストラップ型なら窓口でチャージ。
“e乐优”シリーズはパソコンでチャージ。
“e乐手机一卡通”は窓口でチャージするか、専用アプリで銀行チャージする。そのスマホに“飞付卡”を付けておけばオートチャージもできる。

●“e乐一卡通”を使ったチャージとは。
“e乐一卡通”とは一卡通を自宅でチャージするときに使う機械。手のひらに載るほどの大きさで、コードでパソコンとつないで、上に一卡通卡を乗せて、専用HPを開いて暗証番号を入力してチャージする。窓口は混んでいて嫌とか普段現金を持ち歩かない人にお薦めらしい。

端末を使って家でチャージするなんてすごいなあ。一卡通にオートチャージ機能が付けばもっと便利になるのだろうけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。はじめてコメントさせて頂きます!いつも為になる情報をありがとうございます(*^^*)カードの返却、できるんですね!これならたまに北京にきた友達用にカードを購入するのも惜しくないですね。小さいストラップ付きの?は見たことないです。興味ありありです!
kanabeijing
2015/11/08 23:54
kanabeijing様:コメント有難うございます。空港駅でできるのがいいですよね。「3号航站楼」駅なら構内北西側(3号航站楼に近い方角)にあるそうで、「2号航站楼」駅なら2号航站楼に向かう通路にあるそうです。わかりやすいかどうかは不明ですが、駅員さんに「在哪儿退卡?」って聞けば教えてもらえるのではないかと思います。
http://www.bjsubway.com/e/action/ListInfo/?classid=42&ph=1#
かささぎ
2015/11/10 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 交通ICカード 返却できる駅 一カ通の種類と仕組み 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる