北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 「北馬」と書いて北京マラソンと読む トイレ事情

<<   作成日時 : 2014/11/01 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

19日、北京マラソン。今年はスモッグが出たから、マスクして走る人が続出って、日本のテレビで言ってた。もしや会社や単位の指示で強引に頭数を揃えられ、イヤイヤ参加してるってことないよね?

以下、新京報の記事。
18日から20日にかけて中程度のスモッグが出る予報が出ていた。実際18日午後6時にはすでに青色警報が出ていた。しかしながら今年の参加者の46%が外国または北京以外の地域からの参加であり、また当日揃えたボランティアは3100人規模にもなっていたし、複雑な交通規制の計画もある。急に大会を延期するのも難しい状態だった。それで北京马拉松比赛组委会は18日夜9時に、参加者宛ショートメールで「ご自身の状態に合わせて参加するかどうか決めてください」と緊急通告を出していた。高齢の参加者や呼吸器疾患のある参加者は慎重に考えてほしいという内容だった。参加するときは体の様子に気を配り、もし具合が悪くなったら直ちに棄権し医療ボランティアの援助を受けるように、とも呼びかけた。配備する救急車には酸素吸入装置と喘息の発作を抑える薬が準備してある。走ってる最中は少量の水分補給を何度も行うようにすること。また沿道にはスポンジ14万個を用意しているので汚れた体をふくようにすること。

自分の体を生きた空気清浄器にしたいと思う人はいない。スモッグのなかマラソンするかどうかの決定権はそれぞれにある。怪訝に思われたり無謀だと言われたとしても甘んじて受け入れる。ただ、このような“自虐”行為は他人を巻き込むものではないことははっきりしている。当日マラソンを走り終わった人が、感想を書き込んだことでネットは盛り上がっている。大気汚染の中マラソンを決行したのは社会的効果の悪化を招いてしまったのではないか、という意見もあった。普段からジョギングをしている人なら誰でもそうだろうが、スモッグが酷い日なら走らない。今回は大会にかぶってしまったから仕方なかったのだ。当然ながら主催者側も参加者側もスモッグの日に大会があればいいなんて思わない。スモッグが起らないよう今すぐ対処しなければならない。

当日の様子。朝7時、ウォーミングアップをし始め、雰囲気が徐々に盛り上がってくる。天安門広場に可動式トイレを設置してあるが、男子トイレでは列もできないぐらいだった。昨年のような壁に放尿する場面は見られなかった。8時、スタート地点に集まるように声がかかる。変わった服装の参加者もいた。例えば孫悟空や猪八戒、妖精の女の子、ヒョウ柄のランナーなど。
ハーフマラソンのゴールは知春路地铁站のあたりだった。フルマラソンの最後は奥林匹克公园の中轴线へ向かうようになっている。ゴールには応援も多くいて、選手と観客がハイタッチして喜び合う場面が見られた。

新京報には思い思いの格好で走るランナーの写真が載っている。例の日傘の帽子(伞帽)を被っている写真なんかもいい。ローマの戦士の格好で走ってるおにいさんなんて、一目見ただけでわくわくしちゃう。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2014-10/20/node_14.htm

………
ところで、昨年起こった“尿红墙”事件(あの素敵なべんがら色の壁に立ちションをした不届きな事件)とは?
昨年10月20日に開かれた北京マラソンで、参加選手が红墙やグリーンベルトに放尿している写真がネットで広まり社会問題になっていた。
今年はそんなことが起らないように北京环卫集团が移動式トイレ500個(昨年より160多い)を天安門広場にある人民英雄纪念碑の南側に用意した。天安門広場周辺にはもともと公衆トイレが400個ある。合わせると33人にトイレが一つある計算になり、これは北京市市政市容委が定める大型イベントにおけるトイレ数が50〜70人に一つという基準を満たしている。北京马拉松比赛组委会の話によると正阳门両脇に新たに置いた沟槽式トイレ(上流と下流がある川式のトイレ)は男子選手80名が同時に入れる設計になっていた。また沿道2〜2.5qおきに臨時トイレを4〜9個設置し、その総数は77個あった。

沿道における補給水は舒达源饮用水が19万本、佳得乐饮料が10万本用意された。経験豊富なマラソン選手の補水量で計算すると基準の4倍は用意してあることになり、十分に確保されているといっていい。ただし参加者はがぶがぶ飲んではいけない。飲み過ぎると胃や膀胱に負担がかかりトイレが近くなるから。

沿道にはトイレ表示をわかりやすく掲示し、走ってる選手に見えやすくしてある。警備係やボランティアの指示に従わずルールを守らない輩には组委会が相応の処罰を下す。北京マラソンの参加規程にはペナルティ規定がある。スタート地点や途中コースやゴール地点には監視カメラが置いてあり、立ちションやゴミ捨て等のマナー違反を発見した場合、参加資格の取り消しや、参加資格永久はく奪等の処罰を下す。

以上記事より。男子トイレの状況は分かったが、女子トイレはどうだったんだろう。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「北馬」と書いて北京マラソンと読む トイレ事情 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる