北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 小中学生 夏休みの宿題が多いか少ないか

<<   作成日時 : 2013/08/02 11:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の北京の小中学校の正式な夏休みは7月13日から。子供たちが休暇を純粋に楽しめるよう負担を軽減することを目的に教育部が通達を出していた“减负八项新政”が導入される初めての夏休み。ドリルやノートに書き込む形の宿題を減らし、社会の実践的な活動に参加しやすくし、子供たちがより豊かな生活を送れるようにする。特に小学1、2年生向けには、書く形式の宿題は一切出さないように指示が出ている。

この措置が徹底されるよう、むやみに習い事をさせず、子供たちが自分で行動の内容や時間を計画できるように、学校側も保護者会を開いたり書面通知の形をとって、直接親御さんへ伝えてほしいと教育部は提言している。

そこで新京報の記者は、本当に徹底されているのか、60人の小中学生に取材してみた。

《傾向その1:学校の宿題は減ったが、習い事は増えた》
確かに宿題は多くないらしい。国語・数学・外国語以外に作文や読書ぐらい。中には全て学生の自主性に任せ、学生らしい生活をせよ、という指示だけのところもある。

人民大学附属小学5年生のAちゃんの場合。学校の宿題は少ない。「『生活の中で発見した現象』をパワーポイントにまとめればいい」のだそうだ。
「でも、習い事が8つ入ってるの。16日から8日連続で一日3時間の朗読・司会の習い事と、それから一日4時間24日コースのダンスの習い事と…」

北京市東城区師範学校附属小学の5年生B君の話。「今年の宿題は多くないよ。宿題を出す前に実力テストをして、その子に合わせた宿題を出してくれた」
Bくんのお母さんの話。「例えば、国語ならテストで95点以上とった子はドリル7ページだけでいいんです。90点までなら14ページ、90点未満なら40ページ全部やらなきゃいけないのですが。以前なら、理解できてる子もできてない子も同じようにたくさん書かなくてはいけなかったんです」

だが、それを良しとしない保護者は、子供にほかの勉強をさせようとするようだ。
東高地小学の5年生のCさんの場合。夏休み初日から習い事が2つ入ってる。夏休み用に母親が申し込んだのは英会話と国語閲読と古箏(中国の琴)だそうだ。

黄城根小学4年生を持つ母親の話。「学校の宿題の量はこのくらいでもいいと思いますが、夏休み中の習い事には絶対行ってほしいです。共働きで家に大人がいないからというのが理由ではありません。よそのお子さんもほとんど何らかの習い事をしているからです。ですからウチも数学オリンピックの塾と英語塾に行かせることにしました。ウチは少ない方ですよ。知り合いのお嬢さんは4つの習い事に通っていて、毎晩9時に帰ってくるそうなんです。大人も、自分の子供をいろんな習い事に通わせてあげなきゃって追い詰められた思いになっちゃうんですよ」

《傾向その2:中高生の夏休みはとにかく詰め込む》
記者の調査によると、小学生に比べ中学生の宿題の負担は依然重いようだ。

密雲三中の1年生D君の例。ドリル6冊、新学年の英単語予習、国語漢字、聴写、作文10編…、本人の計算によると夏休みの宿題を消化するためには毎日3時間はかかる。更に面倒なのは夏休み中、15日に一回登校日がある。生徒の宿題が進んでるかチェックされ、さらに現状に合った宿題を追加される。こんなことではどこにも遊びに行けやしない。
「宿題をやるのが嫌いと言うわけではないんだ。だけど先生方はもっと生徒を信じてくれてもいいんじゃないだろうか。宿題を減らして、あとは自分で復習できるよう、自主性を認めてほしい」

北京市第一一九中学の高校2年のEさん。夏休みの宿題は毎日2時間ぐらいしなければ終わらない。

北京市第一五九中学の中学1年のFさん。数学の宿題のなかに1学期で間違った数学問題を全部やり直すようにというのがある。さらに、期末テストで間違った問題は1問につき50回やらなければならない。英語の宿題では教科書の本文を毎日1編づつ暗記しなくてはいけない。

北京市第一五九中学に通わせている保護者の話。子供は新学期より中学2年になるが、すでに教科書は買ってあるし、ドリルならもう十数冊用意した。夏休みの間に予習させようと考えている。

新学期から高校1年になるGさんの話。彼女の同級生たちは普通、一週間ぐらいの国内外の旅行に出かけ、戻ってきたら高校生向けの講習に出るのがパターン。彼女の親が申し込んだのは数学・物理・化学の講座で一日3時間10日間のコース。

高校の国語教師の話。「教育部門の規定により、学校側は学生に補習をすることはできなくなっています。学校でできないのですから外部の講習にもとめるわけで、親御さんの精神的金銭的な負担というのは、ますます大変だと思いますよ。」
「学生用の教材、学習指導要領、テストで測る到達度基準の要求は非常に高くなっており、これでは生徒の負担が軽くなるわけがありません。テスト基準の見直しがないと、いくら子供の負担を減らそうと通達を出したとしても絵に描いた餅でしかないのです」

北京市小中学心理カウンセリングセンターの主任の話。「表面的には宿題自体の問題であるように見えますが、本当は競争システムの問題です。入試があるのですから勉強しないわけにはいかないでしょう?もし夏休みに一度も机に向かわず連日遊びほうけていて、結果、新学期の成績がさがっていたら、誰が責任をとるのですか。入試制度が変わらない限り、宿題が多かろうが少なかろうが問題解決にならないのです」
「夏休みが始まる1か月前から相談してくる親御さんがいました。『もしいい学校に入れなかったら誰がかばってあげられるんですか』って。社会の雰囲気がそうなってるんですよ。宿題を減らしてあげたいというのは学校側の一方的な思いですね」
「親の願いはただひとつ、子供を有名大学に合格させることです。これでは子供たちが正常な状態でいられません。子供は親の見栄の身代わりロボットになっているのです」

塾に行かせるより社会活動に参加させた方がいいと、本当は親だって分かっている。家庭で手伝いをさせたり、家族で助け合うことは、思いやりのある、責任感のある子に育つだろうと思っている。
とある調査によると子供の心理的問題は90%が家庭から、9%が学校から、1%が自分自身にあるのだそうだ。負担を軽減させたいのであれば、保護者・学校・社会の三方面から対策を講じないと、子供は本当の意味で解放されない。

他の子供たちの意見。
「夏休みの宿題を出してください。2か月近い夏休みに何もしないと前に習ったことを忘れてしまいます」…小5
「私は高校生ですから、一日2時間ぐらい宿題に費やすのは当たり前だと思っています。また読書を勧めてくれる先生もいて有難いです」…高2
「働くような社会活動を宿題に出すより、もっと技術的なものが学べる宿題にしてほしい。たとえば水泳とかバドミントンとか」…中1
「生徒に統一的な宿題を出しても良くない。弱点はそれぞれ違うのから。だから先生にはその子にあった宿題を出してほしい」…高1

《外国の例》
日本で暮らす中国人のお母さんがネットで紹介していた、日本の小学4年生の夏休みの宿題とは。
日本漢字の練習ドリル。算数ドリル。短い日記。読書感想文。 工作(要らないものを使って貯金箱や理科で習ったような装置をつくる)。星の観察など。
国語と算数の宿題以外は、外部の組織が企画したコンクールや展覧会に出品するもので、例えば教育委員会の工作コンクールとか、某銀行で主催した貯金箱コンクールとか。「夏期講習に申し込みをしなくても子供にはいろいろやることがあって忙しいのです」とそのお母さんは記述している。

アメリカに暮らす中国のお父さんがネットで紹介していた息子の夏休みの記録。
アメリカには夏休みの宿題がない。どう過ごそうか考えた結果YMCAのサマースクールに行くことにした。学費は160米ドル。
サマースクールは特に宗教色が強いわけではない。泳いだり、野外炊飯したり、バスケをしたり、散歩したり。特記すべきは社会活動を重視していることで、銀行や警察を見学したり、パンの作り方を学んだり、病院に行って看護の手伝いをしたりする。子供たちは活動を通じて社会を学び自分を高めることができる。子供の時から社会への責任感を育てるのがアメリカ。統計によると12歳以上の青少年の60%が何らかのボランティア活動に参加しているそうだ。

フランス。
フランスの公立図書館は完備されている。首都パリにはいろんな博物館がたくさんある。子供たちは親に連れられてバカンスする以外にも、自由な時間を利用して、図書館や、博物館や、科学技術館などで学び知識を深めている。18歳以下は無料で利用できる。

以上、新京報より。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 小中学生 夏休みの宿題が多いか少ないか 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる