北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 香橙(日本語:ユズ)

<<   作成日時 : 2011/12/23 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お風呂に入れなさい、って昨日ユズを頂いたのだけど、残った分をどうやって食べたらいいのだろう。調べてみたらゆずジャムっていうのがある。それからお茶とか、ケーキとか。意外とあるんだってわかった。
画像

ユズ(柚子)を中国語でなんと言うか知らなかったのでついでに調べてみたら「香橙」「日本香橙」「罗汉橙」などと書いてあった。
中国ではどう使っているのか検索してみた。みかんの皮みたいに漢方薬として使われているのは予想がついたが、ほかにもエッセンシャルオイルなんていうのもある。また、「香橙蛋糕」って出てきたのでびっくりした。ユズのケーキって中国でも食べられているんだ。

長沙市にある馬王堆漢墓からは、ユズの種が出てきたそうだ。香料として使われたのだという。

日本語ウィキペディアには中国原産と書いてある。先日のワリンゴの例ではないが、中国から伝わってきた果物って結構あるということに気がついた。

日本の梨ももともとは中国から伝わったもの、と言われているらしい。
ほかにも、あんず、梅、桃、ビワ、カリン、スモモ、桑、そして、キウイも中国原産。

なお、温州みかんは中国の温州市と関係ないそうだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国 香橙(日本語:ユズ) 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる