テーマ:生き物

中国や台湾 ヒアリ(紅火蟻)の分布 入侵生物

◎台湾にいるって聞いたのでどれだけ広がっているのか検索してみた。 http://www.fireant.tw/KMDocs/52113547.pdf 「入侵紅火蟻發生地區一覽表」(2017年4月現在)より。 臺北市・基隆市・新北市・桃園市・新竹市・新竹縣・苗栗縣・嘉義縣・臺南市・金門縣 広範囲にわたっている。 どうやって退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 工業用ゼラチン 揚子江ワニ

新京報に載っていた工業用ゼラチン事件の話。 http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-07/26/content_645655.htm?div=-1 遼寧省の营口とういうところで有毒有害食品が摘発された。警察は6000㎏余りの有害食品を差し押さえた。その食品には「工业…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の羊「寒羊」の尻尾 羊年春節 天天開心喜羊羊!!

もうすぐ羊年春節。喜羊羊って今でもやってるのかなあと思って検索してみたら1月31日から映画「喜羊羊与灰太狼之羊年喜羊羊」が公開されていた。「羊」で溢れかえってるこのタイトル、なかなか御目出度い。 未年の祝福語にこういうのがあった。 天天开心“喜羊羊”; 事事如意“美羊羊”; 工作愉快“懒羊羊”; …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 蝉(せみ)の種類 蒙古寒蝉(伏天兒) コマゼミ

夏の北京で特徴的な声(すきーよ、すきーよって聞こえる)で鳴くあの蝉。名前がずっと分からなかったのだけど今回やっと調べがついた。あの蝉は北京語で「伏天儿」と呼ばれており、その正式な名称は「蒙古寒蝉」という。蒙古とは言っても、中国全土に分布する蝉なんだそうだ。学名はMeimuna mongolica。日本語では「コマゼミ」と言う。 虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海ガニ 特定外来生物 ドイツ産

某高校の生物部の展示。水槽に入れられた蟹がいた。上海ガニ、と名札がついている。 「この蟹、上海から連れてきたんですか」とそこにいた学生さんに質問してみた。 「いいえ、学校の敷地内で偶然見つけたんです」と返事が。なるほど、確かに近くには川が流れている。 「えっ、日本にも上海ガニいるんですか」と問うと、「特定外来生物です」と教えてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国固有の猫 山東獅子猫 中国語版のミュージカル「CATS」

ミュージカル・キャッツ。中国語版が昨年12月21日から北京の世紀劇院で公演されていた。(千秋楽は2月3日もう終わってしまった)インコがファンなので中国語版もいつか見せてあげたいと思うのだけどチャンスあるかなあ。 これ中国語のジェリクルソング。ちょっと見ただけでテンションあがる。 http://v.youku.com/v_show/i…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

名前の話 熊猫宝宝

中学2年生のインコの本棚。置かれていたのは、なんと、赤ちゃんの命名事典。 何でそんなものが。彼女が人の親になるのはまだまだ先のことだと思っていたが…? インコ曰く、自分の名前がいい名前なのかどうか画数を見たかったのだそうだ。ちょうど駅前の古本屋の“タダであげますコーナー”に置いてあったから貰ってきただけのことだった。なんだ、ドキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関にカニ

台風2号。玄関のドアを開けたら、そこにカニがいた。嬉しくなって捕まえた。インコは食べてみたいと真顔で言う。こういう発言をするところがまさに父親似。 調べてみたらクロベンケイガニという。中国語では「无齿螳臂蟹」。どこにでもいる蟹だった。 「步足密生刚毛」と表現されているとおり、足には結構硬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 棉大衣を着た犬 故宮の野良猫

空気が乾燥してるってテレビでは連日報道しているのだけど、こんなモンはまだまだ甘い。北京にいた時は夜中に顔が痛くなって目が覚めたぐらいなんだから。洗濯物を部屋干しするぐらいでは全然駄目で、床に直接水を撒いた。そして滑ってすっ転んだ。 今日は大寒。北京もさぶいだろうなあ、と思ってネットを覗いたら、昨日からもう「春運」が始まっていた。今…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

夏休み 虫の話 「知了」の声

かささぎはド田舎で育ったから、夏休みといえば子供会の集まりと学校プールと虫捕りぐらいしかすることがなかった。蛍を沢山捕まえてきて蚊帳の中に放し、その明かりを眺めながら寝るのが好きだった。また、部屋中にトンボを放して「トンボ牧場」をこしらえてみたり、蝉を捕まえてきて「蝉牧場」にしたり、カブトムシを捕まえて「カブトムシ牧場」にしたり。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

中国 蚊の話 防蚊花露水

夏になると嫌いなものが出てくる。ゴキブリも嫌だが、もっと嫌いなのは蚊。たぶんおいしい体質なのだろう、いつも一番ひどい目に遭わされる。 日本の蚊は強烈だ。公園に沢山いる。近道したくて小さな公園でも横切ろうものなら必ず被害にあう。どこに隠れているのだろう、すばしっこくてあっという間に刺されてしまうし、いったん刺されると一週間ぐらい痒み…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

北京 冬に見かけた犬と猫

大寒波の話は良く聞こえてくるが、野良の動物達も寒くてしんどいだろうと思う。 道端の油条屋さんの小屋に居候中の親子の犬(飼われている気配は無い) 寒風の中、三輪車の荷台で昼寝する猫。猫ってこんなに丸くなるとは知らなかった。話しかけてみたけど反応が無かった。 小区ではやっぱり誰かが猫の世話をしているらしい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京 「没面子」なハエ捕り母娘 ペットのカエル ザリガニ脱皮

今まであまり大したペットを飼ったことが無い。 北京の幼稚園時代。親しくしていただいた奥さんからドジョウを一匹貰った。食べようと思って買ったのだがインコの為に1匹残してくれたのだ。名前はドロシー。なにが不満だったのか水槽から飛び出して自殺した。 元大都遺跡公園で捕まえたギンヤンマ。正確に言うと青年(北京人は躊躇せず童心に戻れる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京 グオグオ(虫国/虫国:guoguo:キリギリスの仲間) 生のオタマジャクシ 

ひとしきり自分の事で忙しかった。気がついたらインコの宿泊学習も終わっていたし、学校バザーも終わっていた。北京では暖房が予定より早く始まったとのことで、ウチの亭主は凍えているだろうか、なんて心配する(假关心!)必要も全くなくてちょうどよかった。 インコがずっと楽しみにしていた2泊3日の宿泊学習は、結局雨の日もあり、登山…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北京 飼い犬 面倒そうな手続き 

ウチの小区に張り出された通知。 ○○派出所養犬弁公室は「北京市養犬登記及び年定期検査管理方法」の規定に従い、2009年度の手続き期間を5月1日から6月30日までとする。尚窓口は土日も開いている。 手続きの受付時間8:30~11:00、14:00~17:30 この指定期間内に定期検査手続きを終えるように。 手続きしないものに対…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北京 野良猫に光明?ネズミを捕って働いてもらう実験

5月9日新京報という新聞の報道。 首都愛護動物協会は小湯山医院で行った「猫に鼠を捕まえさせる実験」の結果を北京市衛生局に報告した。 「薬物による鼠駆除により他の動物に影響が出ないようにするため、小湯山医院では野良猫を利用する方法に踏み切った。それまで与えていたキャットフードを抑えたところ、約100匹ほどいた猫達は徐々に鼠を捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 見たことも無い不思議なカエル 「角怪jiaoguai(髭蟾または胡子蛙とも)」

中国は広い。パンダもいるしダイヤも掘れる。 目新しいネタがつまっていて毎日のテレビが楽しくてたまらない。 昨日見た番組は「角怪奇縁」と題された中央テレビの「生活」という番組。 「角怪jiaoguai」というのは蛙の名前。別名髭蟾zichanとか、胡子蛙huziwaとも言う。 学名は「Vibrissaphora bor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 最近の野良猫・野良犬・散歩のマナーの話

北京で。野良猫が木から下りられなくなった。4日経ち、いたたまれなくなった住民が消防、公安、小動物保護協会などに連絡した。しかし助けだす方法が無く、困っているという新聞記事。 外国なら消防、警察などが救援するシステムができているが、中国には非野生動物を保護する法律はまだ無いため、消防にも警察にも保護の職責として明確に課せられていない。ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 りっぱな野良猫 

北京のニャッツはとっても立派だと書いておきながら、紹介できるような写真が撮れない。いつもぶれてばかり。それでもやっと少したまったのでUP。下手な写真だが雰囲気を感じていただけたら幸いである。 今気がついたが、最後の写真の白猫は右と左の目の色が違うようにみえる。 もう少し工夫して撮れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 高価な犬 藏ao (チベタン・マスティフ)

中国チベットには藏獒(zang/ao)と言う種類の犬がいる。ウィキペディアでも解説されていて、日本ではチベタン・マスティフ(Tibetan Mastiff)とよばれている。 まるでライオンだ。 かささぎは全く知らなかったが、中国では高額で取引される犬だという。 何故高額なのか。チベットでは牧羊犬や番犬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国 野良猫の話

北京の猫は野良猫でも立派だ。毛が長くてふさふさしている猫、白い靴下を履いている猫、両の目が違う色の猫、たてがみをはやした猫。ほとんどが尻尾も立派で長くて真っ直ぐ。ガタイもでかくてどっしり、それぞれに立派な風格がある。下手にじゃらすと、立派な爪にやられるだけでなく、でかい牙にかまれる。北京の野良猫と遊ぶ時、気をつけなくてはならない事は、猫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more