テーマ:ひとりごと

予備校

学校で合唱祭があったので行ってきた。立ってるだけで生命力が溢れてる。歌い出したらとんでもない。躊躇なく全開。無数の剣が映画のように飛んでくる感じがした。若者ってホント競争が好きなんだなあ。一等になりたいって気持ちをむき出しにしていた。 インコの夏・秋は忙しかった。行事続きで、あれじゃあ落ち着いて勉強する時間が取れないのも仕方ない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっさり言われたこと

丁度テレビをつけたら世锦赛で女子マラソンをやっていた。スタートは永定门だったそうだが、見たのは西单のあたりから。 蓝靛厂路に始まって万泉河・知春路・学院路・科荟路・大屯路のあたりは行動範囲だったから懐かしかった。ちょうど北京に遊びに行きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み 高二

インコの中学時代のクラスは仲が良かったので今でもしょっちゅう連絡を取り合っているらしい。せっかくの夏休みだし集まれる人だけでも、と、先日インコたち十数人が集まった。短期留学中で不在とか(その行先はアメリカだったりカナダだったりイギリスだったり)、部活で全国レベルを目指していて遊んでいられない人の話とか聞いてきて、やっぱり高二にもなるとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行りの言葉「DUANG」 神曲「我的滑板鞋」

帯状疱疹で検索すると「中高年」の言葉が必ず付いてくる。久しぶりの大病に同情を買おうとインコにこの病気の説明をしたとき「年は取りたくないねえ」としみじみ言われた。 かさぶた痕が残ったがどうせBBAだし、痛くなければそれでいい。 ちなみに同情してくれたのは薬局のおばちゃん(同じ歳ぐらい)ぐらいだった。「あらあら。でちゃったんですかあ、顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北 袖珍博物館(ミニチュア博物館)はかわいい

インコが行きたいと言うから行ってみた。途中曲がる道を間違えたりして間違えかけたが教えてくれる人がいたので助かった。 期待していなかったが、予想以上にハマってしまい、写真を大量に撮ってしまった。ここに来たらみんなそうなっちゃうのではないだろうか。 大人180ドルだが、18歳以下は150ドル(パスポートで生年月日が確認できればOK。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 第4回 裸マラソン大会 

そういえば冬に北京の公園を裸で走る、かささぎ大好物の“光猪跑”大会はどうなった。新京報に載らなかったから(今年は春節が遅かったし、両会の記事で忙しかったのかもしれない)、うっかり忘れていたぞ。 検索したら、ちゃんと3月1日に行われていたことが分かった。スポンサーがついてちょっと成長していたらしい。 第四届光猪&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年 春晩(春節聯歓晩会) 反腐と風刺 「五環之歌」が面白かった

春晩、春晩、春晩。ネットの生中継すごく楽しみにしていたのにうっかり時間を忘れて相棒を見てしまった。慌ててネットを繋いだら今年は爱奇艺の独占中継だったそうで、中央電視台のHPは今までになく地味だった。 ステージを見た感じ。良かった。一昨年あたりまではまばゆいばかりの豪華さで上下左右に飛び出す立体ステージは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛線活 三者面談

年末は大掃除を本気でやった。そしたら《士兵突击》のDVDの1枚が出てきた。失くしてしまって時々インコに文句言われていたから助かった。久しぶりに二人で見てみたのだけどやっぱり名作だと思う。奇跡と言っていいくらい素晴らしい。たまに画面の隅にふわふわの毛がついたマイクが映ったりして、ホント粗い編集なのだけど、それらも含めて面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずっと疑問に思っていた「総動員」 3Dアニメ映画の中国語題名

11月になって進研模試をやった後に二者面談を受けたインコが「もうゲームはやらない」宣言をした。もしかしてやる気スイッチが入ったのかと喜んでいたのだけど、12月中旬定期考査が終わるやいなや元に戻った。というか悪化している。時間を有効に使うためって言うのだけど、右手にスマホ、左手にDSって、とっても変。ついてゆけない。 去年の今頃は受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

APECの報道で興味があったこと 頤和園

APECって一体何だべ。難しいこと全然知らない。興味あるのはAPECを開くために街を花で飾ったとかライトアップしたとか派手に花火を上げたとか、いつもと違う北京を演出したってこと。青空の北京、車の少ない道路、ちょっとした異空間というか、非日常的というか、お祭りっぽいというか。新聞では「交通規制が始まったとはいえ、スーパーの在庫は十分にあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雁栖湖ってどんなところ

北京って広い。観光してみたい場所はたくさんあった。団体ツアーは自由じゃないし、といって自分で運転して出かけることはできないし。長距離バスや列車で行ける範囲が関の山。北京の北郊外へ自力で行けたのは延庆县の硅化木国家地质公园と怀柔区の青龙峡ぐらいだった。山は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

殴られても我慢 「女徳班」

新京報を見ていて、違和感を感じるタイトルを見つけた。 「女德班有啥“德性”」って書いてある。 女徳班とはなんじゃ? 東莞市にある某礼教学校の授業に“女德学堂”というのがあり、「女徳」を学ぶのだそうだ。今回報道で一気に話題になったのは、その衝撃的な売り文句。 “打不还手,骂不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郭沫若とをとみの引っ越し をとみの性格

「をとみは郭沫若のどこが好きだったんでしょうね」ってとある人に聞いてみたら「顔だったんじゃないでしょうか」と言われたことがある。 なるほど。例えば九大医学部の学生時代の郭沫若が顕微鏡を横にポーズをとっている写真なんて、なかなかカッコいい、ってかささぎも思う。それに軍服より长袍が似合う。辛亥革命が無かったらきっと立派な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「郭沫若与安娜」 佐藤をとみに同情した

「郭沫若与安娜」というドラマがあったこと、テレビで放送されていたので知っていた。でもちょっと見ただけで挫折。ついていけなかった。 ちなみに安娜(中国では佐藤富子、日本では佐藤をとみ)を演じているのは、蒋雯丽(蒋雯麗)という女優さん。ドラマ「大地の子」では主人公・陸一心の奥さんを演じた。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜花書簡 郭沫若 機会主義

北京の学校で勉強していたとき、高级口语の先生が魯迅の名前を言うときは「鲁迅先生」と“xiansheng”付きになるのだけど、 郭沫若の名前を言うときはなにも付けなかった。だからなんとなくかささぎもそうなっちゃう。   ……… 親の意向に従って郭沫若が結婚したのが1912年(明治45年)の春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我的結婚 郭沫若

北京のお散歩って超楽しかった。故居や記念館もあるし。ただ、かささぎは無知だからその価値をちゃんとわかっていない。例えば郭沫若故居。四合院の建物の中に、当時のりんだおが会議を開いた部屋が保全されていたり、著書や研究文書や墨書が展示されていたりするのだけど、難しかった。すごい天才に違いないってことは伝わってくるが、とっかかりを見つけられずも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回信。祝イ尓開心!

春节后发生了许多许多事…… 你说的我也感觉到,日本的电视新闻也提过很多报道。 最近的报道当中还有,北京站的安全管理加强了…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

来自星星的イ尓(星から来たあなた) なぜ人気が出たのか

来自星星的你(星から来たあなた)というドラマの存在を天涯观光团さんから教えていただいていた。 韓国で作られたこのドラマ、中国で大人気だったってこと、全然気が付いていなかった。 百度によると、 …迅速风靡整个亚洲,仅中国地区网络播放量…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

茨城ではカラスを食べる。中国では…。

物事にはちゃんと終わりがやってくるって実感できた。よかったよかった。さようなら中学校。 そして当然ながら次の始まりがやってくる。心配事がないわけではないが、今はあまり考えないことにする。 ……… 先日面白い記事を読んだ。 茨城県ひたちなか市ではカラスを食べる文化があるんだそうだ。戦後間もないころから続いている食文化なんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張り屋さんなお母さん方

卒業したのにちょこちょこ中学校に行ってる私たち。インコは体操着とか受験で使った問題集を寄付しに行ったり、入試の成績開示の結果を報告に行ったり。 それに部活がある。卒業したのに先輩が連日押しかけるのだから、その分後輩たちは自分たちの練習する量が減ってしまい、本当は迷惑してるんじゃないの?って思うのだけど、それが伝統らしい。指導員という名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホって LINEの不安

教科書はとってある、一応。 だけどいらない参考書とか古いノートとかプリントは極力名前のところを切り取ったり毟ったりして、さっさと古紙回収に出してやった。インコの机が空っぽになって清々しいことこの上ない。 先日高校の説明会に行ってきた。で、早速新しい教科書がやってきた。これからまた3年かけてどんどん増えてあの状態にまた戻っていくこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中学の卒業、PTAの卒業

お式の前だから白髪おしゃれ染めをしていて思い出した。3年前も髪を染めていたときに地震がやってきて、仕方ないからその変な頭のままで家から飛び出したっけ。 福島第二原発の事故報道を見ているかささぎの後ろ姿が異様だった、って当時熱を出して寝込んでいたインコが今でも言うのだけど、今年はかささぎが熱を出した。ウチでは3月が鬼門らしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も裸で走る大会 北京

自分の好き勝手なことばかりしていては頑張ってるインコに悪い気がして、遠慮していたことがある。 コーヒー断ち。代わりに緑茶を好きなだけ飲んでいたけど。 それから、新京報の記事漁り。でも今日から勉強がてらまた読もうかなあと思った。 で、いきなりびっくり。なんか“缘分”を感じる。 だって、新京報の第一面を飾っていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下大雪了

你好! 最近我没注意看中国的报道,不知你那儿天气好不好? 我住的地方,2月8号和14号下了大雪。 尤其是8号那天,一整天不断地下雪,电视新闻不断地报道大雪警报,我越看越觉得难受,甚至感…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

寄給朋友的一封信

天涯小姐: 你好! 你不知道我发现你的留言的时候多么高兴。 我真的非常高兴,谢谢你! 最近怎么样?身体好吗?工作…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国 副市長って何人? 

北京市人民政府って北京市に置かれた地方行政管理機関って説明がある。要するに市役所なんでしょ。北京は“直轄市”だから都庁って考えたほうがいいのかもしれないけど。 正義路にあるあの門構え、まるで映画のオープンセットみたいで素敵。絶対壊さないでほしい。 でも、立ち止まってじっくり眺めていられる雰囲気はない。守衛の眼光が怖すぎる。うろうろし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働教養制度の歴史と廃止 労教と労改の違い

新聞の大見出しに書かれていた「労教制度の廃止」。五十数年間も続いてきたこの制度が今度の全国人民代表大会常務委員会の宣言を待って正式に廃止されるのだそうだ。 労教って。触れちゃいけないことだろうと思っていた。でもあんなに大きく出てるのだから、ちょっと勉強してみようと思った。 労働教養とは労働教育養成のこと。略して労教。労働教養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 バリアフリータクシーの問題

北京パラリンピックの時、とってもおしゃれでかわいらしいタクシーが目についた。ロンドンから買い付けたというハイカラさ。中国語で无障碍出租车と呼ばれている。日本語なら介護タクシーとか福祉タクシーとかUDタクシーっていうのに該当するのかな。 先日新京報で記事になってた。北京にこの無障礙タクシーが70台しかない、障がい者が利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more