テーマ:

北京 新官園花鳥市場 鼓楼の鳥使いおじいさん イカル 兎頭

北京に紫竹院という地名がある。そこの交差点(紫竹橋)の北東角に、阜成門から引っ越してきた新官園花鳥市場がある。ちょうど通りかかったので覗いてきた。地下街になっていたけど、動物臭は殆ど感じなかった。もっと広いかと思っていたのだけど。 今年は卯年。だからペット用のウサギが大量に売られていた。それも随分こじゃれた洋風のウサギばっかり。耳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国 ニワトリの足「モミジ」 産後は毎日鶏スープ

しばらく中国のお笑いを見ていなかったせいか、感覚がずれてしまったような気がする。前回、映画を見てそう思った。それで北京にいたとき一番可笑しいと思えた「小品xiaopin」を見てみた。 黄金コンビ白雲(宋丹丹さん)、黒土(趙本山氏)による「策划」というタイトルのお笑い寸劇。 「下蛋公鸡,公鸡中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥の学名の話 我只想要個和諧的家庭

北京で蝈蝈を飼ったのが楽しかったのだろう、鳴き声が可愛いからと言ってインコがコウロギを捕まえてきた。秋の気配が嬉しいこのごろ。でもこの寒暖の差のせいか、小学校ではちらほら風邪が流行っている。 ところで、今年も何か悪い流行り病がでるだろうか。鳥インフルエンザでまた戦々恐々することになるのだろうか。鳥好きに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏休み6 掛川花鳥園 クラハシコウの胸のハート

掛川までわざわざ出かけてきた。 掛川花鳥園。鳥好きにはたまらない世界。疲れたら早めに帰ってこようと思って、開園時間に合わせて早朝に出かけたのだが、結局どっぷりハマって閉園まで遊んでしまった。 スタアのポポちゃん。アフリカオオコノハズク。 何で有名かはこちらで。http://kamoltd.blog110.fc2.com/b…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本 野鳥観察舎 カワセミの講演会

日本人に人気のある鳥として、カワセミ(中文名称:翠鸟)が挙げられるらしい。 「カワセミブルー」を宣伝文句にした自動車が出たくらいだから。 何故そんなに人気があるのか。なんといっても色がすばらしい。特に背中の。それからしっぽが短くて頭と嘴が大きくちょっと漫画チックで可愛らしい。目もクリクリしているし。水に飛び込んで餌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春休み3 鎌倉・桜・大銀杏・鷺

①円覚寺。 ミツマタ(中文名称:结香)の花。とてもいい匂い。 ②浄智寺。 ③銭洗弁天。銭洗い→洗钱→マネー・ロンダリング? 日本人就这样犯“洗钱”罪… ④高徳院。お大仏の銅は宋銭を鋳潰したものだとか。 観月堂。李王朝の月宮殿を移築し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春休み1 イチゴ・偕楽園・千波湖

イチゴ狩りに行った。 30個食べてギブ。 偕楽園に行った。梅はほとんど散っていた。 美しいお姉様方。時間がなくて演奏が聴けなかった。 「水戸の梅大使」との記念撮影。 水戸黄門もいた。助さんと格さんの区別が付かない。「疾風のお娟」らしき人もいた。 オオバン(中文名称:白骨顶 )。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八重桜に集まるメジロ

花の蜜を目当てに、メジロ(中文名称:暗绿绣眼鸟)が群れになってやって来た。 メジロの写真と声。 http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-mejiro.html 双眼鏡をやっと買った。これから観察が楽しくなりそう。 22日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京 街路樹とバスとアカゲラ

東三環北路の、亮馬橋と農業展覧館の間ぐらいを歩いていた時。 ちょうどバス停を通りかかったら、頭上の街路樹の枝で何かが動いた。 インコが叫んだ。「アカゲラちゃんじゃない?」 街路樹にもやって来るんだねえ、アカゲラ。冬で葉っぱがないから、間近でよく見えた。 頭が黒いのでこれはアカゲラのメス。人にもバスにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インコの弟 セキセイインコの「屁屁」 美味食物

インコはインコを飼っている。混乱を避けるため説明すると、小学5年生の娘がペットのセキセイインコを飼っている、という話。 このセキセイはインコ(娘)が小学2年のときに買ってやったもの。兄が欲しいというインコに手を焼いたかささぎが「今日からこのセキセイがあんたの弟だよ」と言って誤魔化した。 インコはそれを真に受けて友達に「弟ができた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 二羽のひな鳥に出くわした日

人民大学の自転車置き場についたとき、何かと目が合った。 それはハイジのアニメに出てきた小鳥の「ピッチー」にそっくりだった。 一瞬あれっと思ったが、けたたましい声でピンときた。 その声はオナガ(中国語:灰喜鵲)の声。頭上の枝では親鳥が威嚇の声を上げていた。 つまり、オナガのひな鳥が巣から落ちてしまい、親鳥が警戒しているところに出く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 よく見かける鳥から、国家第二級保護・ミナミメンフクロウまで

かささぎの住処の近くに小さな川がある。両岸も川底も全部固められている、いかにもかわいそうな川である。 この川、オリンピックの時だけは完全に干乾びた。 なぜかというと細工をしたから。 その川は排水垂れ流しの、悪臭川なのである。生き物ならば避けて通りたい汚染の川。 小さな川なのだが、どこかでせき止めているのか、水が流れずいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春節 野鳥の受難期?

家の前の小さな公園の芝生には連日二羽連れのヤツガシラが現れている。かささぎが強風で自転車ごとぶっ飛ばされたあの日もちゃんと現れていた。北京っ子はあまり鳥に興味が無いようだ。逆に追い回す人もいないので悠々と芝生の虫を探している。 ところで、北京には2種類の「喜鵲」がいる。一つは「喜鵲xique」でもう一つは「灰喜鵲huixique」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 ヤツガシラ(中国語:戴勝)が家の前に

見たことのない鳥がいた。ウチの玄関ホールを出た先15m。「小区xiaoqu(団地)」の中にある公園の芝生の上。 うっかり通り過ぎるところだった。 すれ違った女の人が娘のインコに「ほら、変わった鳥よ」と声をかけてくれた。 本当に変わった鳥だ。 頭がとがっている。くちばしが長い。 それにあまり逃げない。スズメよりカササギよりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 素敵な大学 帥哥と野鳥 

今日は新体操の練習日。気温は低いが青空高く風もない。バス待ちもつらくなかった。 インコが週末にお世話になるのは、北京の某tiyu大学(ってばればれか)。 オリンピック中は練習会場になってしまい、中に入れなくなってしまったが、今では証明書を見せなくても自由に入れる。 中にはこんな素敵な建物がある。 冬休みにそろそろはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more