欧州旅行5 ローマ市内 コロッセオ パラティーノの丘 フォロ・ロマーノ スズメとカラス

コロッセオ。
ローマ闘技場1.jpg

ナポリからローマまで長距離列車に乗る。ネットで予約購入したがよくわからないメールが届き、窓口で確認することにした。ナポリは英語が通じにくくて心配だったが上手く確認ができ、予定通りの便(8:25発、9:40着)を発券してもらった。
車内ではクラッカーと水を配ってくれた。検札係が来たときは壊れていた窓のブラインドを開けてもらおうとしたが結局直らなかった。
ナポリローマ列車1.jpg
ナポリローマ列車2.jpg

民泊先はテルミニ駅から近いので歩いて行った。入り口に掲示してある宿名はナポリのときより更に小さく、これじゃわからんと言うレベルだった。探し当てるまで何度も往来したが、周辺には中国人の商店がたくさんあることが分かった。服の店が多かったが他にも装飾品や食料品店もあった。中国人密度が高いのはかささぎ的には嬉しかった。
建物の外観は悪いが中に入ると中庭があって綺麗、室内は清潔で快適、公共スペースには紅茶のほかデロンギのエスプレッソ機が置いてある。鍵は4本渡されたが、不安的中、やっぱり癖が強くて難儀した。
水道水は沸かすとうっすら白いものが出たがナポリほどではなかった。直接飲んでみると不味くないのだけど、シャワー室のガラスには白く跡がつくのでやはり硬水なんだなと思った。

部屋には無料の地図が置いてある。コロッセオは宿の前にある公園を突っ切ったらすぐだったので歩いて行った。近づくにつれ想像以上の大きさなのだと分かりテンション上がった。入り口は大勢の人で混雑していたが、予約購入(18€の共通券)していたので割とスムーズ、イヤホンガイドも借りて万全の態勢。でも暑かった。闘技場内に水道があって助かったが、出口の日陰に座り込んで休憩するほどきつかった。ちなみに地下には入れなかった。イヤホンガイドは何度も聞きなおしたが結局頭に入らなかった。叙情的な説明は苦手だ。
ローマ闘技場2.jpg
そのあと、共通券を使ってすぐ隣にあるゼヴェルスの凱旋門を通ってパラティーノの丘に登った。ハイイロガラス(ズキンガラス)が噴水で水浴びしていたが、こっちも水道を見つけてがぶ飲みした。見晴らしがよくひと通り写真を撮ってから眼下のフォロロマーノに下りた。発掘修復が行われた貴重な場所なのだが、暑さにうんざり「またボロッちいところだな」と思わず暴言を吐いた。インコは日焼け防止に持って行ったストールを体に巻き付け古代ローマ人に扮装していたが、意外とテルマエロマエっぽく仕上がって、いい写真がたくさん撮れた。
ローマ凱旋門.jpg
ローマ丘.jpg
ローマ丘3.jpg
ローマ丘4.jpg
イタリアの国鳥はイタリアスズメ。カフェで人から餌をもらう様子は浅草の茶店とおんなじ。
イタリア雀.jpg
鳥と言えば、公園の椰子の木から聞き覚えのある声がした。あればオキナインコだと思う。

帰りは電動キックボードに乗ろうかと提案されたが、無理だと思ったので拒否った。
夕食はインコの希望で中華料理店に行き、酸辣粉や京酱肉丝を頼んだ。ローマの中華は本格的な味付けで疲れが吹っ飛んだが、京酱肉丝にネギと豆皮が付いてなくてがっかりした。インコが気を使ってもう一軒カルボナーラの店に連れて行ってくれた。店員さんのTシャツがKISS来日武道館だったので話をしてみたらとても嬉しそうだった(ローマは意外と日本語や日本アニメのTシャツを着ている人が多かった)。
そのあとでスーパーにも寄ってキャンティクラシコというワインとスイカ(3.5㎏2.5€)を買って帰った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント