中国 食べていい動物「畜禽遗传资源目录」马鹿は莫迦じゃない

“疫情防控”が日常的なものになり、徐々に普段の生活が戻りつつあるこの頃、武漢の市場では野生のカエルが売られていることが報道された。
現地の市场监管局は「調査を行うので事情を知っている人は通報してください」と呼び掛けている。
新京報:http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-08/31/content_788640.htm?div=-1
今年春に通達されたのが「“全面禁野”の决定」だった。《野生动物保护法》および関連法規により、野生動物の捕獲、販売、流通、食用の禁止が通達されている。違反行為に対し厳罰に処す。
これには野生ガエルの捕獲、販売、食用も該当する。
中国には180種余りのカエルが生息している。ハエ、蚊、メイガ(稲の害虫)、ウンカなど害虫を捕食する。オタマジャクシが一日に食べるボウフラは100匹以上、カエルが一日に食べる虫は70匹以上と言われ、害虫駆除に一役買ってくれる環境に優しい生き物である。人類が野生のカエルを守る理由は数あれど、捕まえて食べる十分な理由は存在しない。武漢の华南海鲜市场にしろ北京の新发地市场にしろ食品市場とは病気を伝播してしまう高リスクな場所であるから、危険な動物や食品を扱わないように厳しく取り締まらなくてはならない。
目先の儲けに走ったり、自分なら大丈夫と考える人間は存在する。だが実際に野生のカエルが市場に出回ったということで、市場の監督管理システムに抜け道があったことも明白になった。市場に対する管理を緩めず、厳しく監督していかなければならない。関連法規の更なる厳罰化も必要だ。
消費者は野生動物を食べる悪習をやめ、「野味」がおのれの健康と安全を脅かすものであることを自覚しなければならない。「野味」流通ルートが存在する限り人々や社会に危険が及ぶことを忘れてはならない。それぞれが自覚を持ち、野生動物を販売する店やレストランがあったら直ちに通報してください…。

かささぎがまず驚いたのは中国には180種以上のカエルが生息しているってこと。
昔、カゴに入れたカエルと長距離バスで相乗りしたことがあるが、ああいうのって養殖なのか野生なのか見た目でわかるんだろうか。難しい。昨年上海でヤクのしゃぶしゃぶを食べたことを思い出したが、あれって大丈夫だったのだろうか。

今年2月の十三届全国人大常委会第十六次会议で《全国人大常委会关于全面禁止非法野生动物交易、革除滥食野生动物陋习、切实保障人民群众生命健康安全的决定》というのが採択され、野生動物の食用が全面禁止になっていた。これは、野外に生息する野生動物の食用禁止のほか、人工繁殖・飼育した陸生の野生動物の食用も禁止(魚類など水生の野生動物は含まない)というルールだった。

…………
ところで、スッポンはどうなのって気になる人にはこういう記事があった。
新京報:http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-03/05/content_779677.htm
野生動物“禁食令”が出た後、龟鳖养殖行业协会や龟鳖产业协会などが、スッポンを禁止対象にしてしまうと養殖業者に多大な影響が出るため、慎重な判断を請い求める文章をネットで公開した。
禁止の対象になるかどうかの境がはっきりしない動物はいる。例えば中华鳖(Trionyx Sinensis。スッポン)は野生動物だが、人工養殖の歴史が長く、高い養殖技術があり、消費者に広く受け入れられている。またスッポン養殖に従事する人の数や、生産量はある程度の規模を成している。地方によっては主要産業として農民の貴重な収入源になっており、扶贫项目にも入っている。
だが、スッポンは「畜牧法」で規定する「畜禽遗传资源目录」に入っていない。
※食べていいのかどうかを判断するのが「畜禽遗传资源目录(家畜家禽遺伝資源リスト)」。これに載っている動物なら食用や商業利用が認められる。
农业农村部の担当者はこのリストについて検討中であることを明かしており、食べてはいけない動物の範囲をはっきりさせるとしている。それまでは拡大解釈をせず、野生という概念を正確に理解しなければならない。養殖スッポンに関しては食用を考慮していいようだが、食品検疫基準の強化と同時に非養殖の野生動物に対する調査能力の向上を図らなければならない。
なお、全国人大常委会法工委も触れていたが、今回の禁止規定により、一部の農民に経済損失をもたらす可能性がある。地方政府は影響を受ける農家に対し指導や協力を行ったり補償金を出さなけれなならない…。

ということで「畜禽遗传资源目录」を見てみた。
ヤク(家畜として飼育されているヤク)は載っていた。
カエルは載っていなかった。
ふと思うのだけど、野生のカエルを捕まえた人とか市場で売った人は、このリストの存在をちゃんと知っていたのだろうか。
https://baike.baidu.com/item/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%95%9C%E7%A6%BD%E9%81%97%E4%BC%A0%E8%B5%84%E6%BA%90%E7%9B%AE%E5%BD%95/49785346?fr=aladdin
これによると、豚とか牛とか鶏のような一般的な家畜家禽のほか、イノブタ、ラクダ、トナカイ、アルパカ、アカシカ、ニホンジカ、ダチョウ、ホロホロチョウ、ハト、バリケン、マガモなどが載っているので食べていいということだ。(あくまでも家畜として管理飼育されているもの。だから野生のシカでジビエ料理を作るのは中国ではアウト)
ヘビ、ウシガエル、ヤマアラシ、ハリネズミは載っていなかった。
ヘビがアウトになったのは驚きだ。
気になる犬の扱いだが、リストに挙がっていなかった。つまり犬は家畜ではないと明示したことになる。猫もそうだ。
虫については何も触れていないので、今まで通り夜店でサソリやカイコ蛹の串刺しを買うことができるだろう。

今回動物を調べていて勉強になったこと。
梅花鹿の学名はCervus nipponでニホンジカのことだった。中国だけどニホンジカ。
それから「马鹿」という名前のシカが存在することにはもっと驚いた。アカシカのことだった。
いつものごとく百度でいろいろ調べたのだけど、马鹿で検索したら最初に米津玄师って出てきたのにも感心した。すごい。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント