北京 コロナに対する支援策

北京ではどんな支援策をやってるのかなと思って新京報の記事を読んでみた。
社会保险费の軽減とか、企業向けの补贴が出されたり、家賃の軽減が行われていたりしたそうだ。
全国的には就職斡旋システムの強化とか、安心してください年金は出ます、という記事もあった。
…………
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-05/07/content_782421.htm?div=-1
5月6日から北京にてコロナの影響を受けた中小零細企業を支援する政策(援企稳岗补贴政策)が始まった。
企業向けに支払われる「援企稳岗补贴」の最高額は一人当たり4540元。
「援企稳岗补贴」には「以训稳岗培训补贴」と「临时性岗位补贴」の2種類がある。
(つまり研修を前提に、企業に対して支払われる補償金のことだった。仕事量が減ったぶん研修しましょうという意味?)
対象となる中小微企业のリストは4回に分けて北京市側が公表しており、そのリストに入っている企業は申請を行うことで2種類の補償金を受け取ることができるようになる。
対象となるのは「面向符合首都功能定位和区域发展规划的科技创新、城市运行保障、生活性服务业等重点行业」に分類される、失業保険に加入している中小零細企業で、かつコロナの影響により2020年2~4月の生产经营收入が前年と比べ80%以上減少した企業。
企业临时性岗位补贴とは、研修を行った企業に対し参加者1人当たり1540元支払われるもの。
以训稳岗培训补贴とは、研修時間が900分以上であれば参加者1人当たり500元を、最長5400分で1人当たり3000元補償するもの。
この2種類の補償金の申請はネットで。締め切りは8月31日まで(その後9月末までに延長されたらしい?)。
企業は自社の失業保険を管轄する区の人力资源和社会保障局へネット申請する。受け取った補償金は従業員教育経費または社会保険費の支払いに使うことができる。
研修は市人力资源和社会保障局がネット上に開設した「北京市职业技能提升行动管理平台」で受講できるので登録して利用すること。このプラットフォームにて直播や录播などを選んで受講、全課程を終えると电子凭证が発行されるので、企業はこれをもとに補償金を申請することができるようになる。
研修内容は必要に応じて選ぶことができる(岗位技能提升、技能竞赛培训、健康防疫、通用职业素质、职业指导、工伤预防、安全生产など)以外に、自社で研修内容を作ったり、研修会社に依頼することもできる。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/11/content_785983.htm?div=-1
社会保険3項目(基本养老保险・失业保险・工伤保险)に対し段階的な減免措置を行う政策の実施期間が明確になった。この「阶段性减免社会保险费政策」の前期軽減額が511億元で、さらに今後もに600憶元以上軽減される予定。
◎中小微企业(企業として保険に加入している个体工商户を含む)に対する、「基本养老保险」と「失业保险」と「工伤保险」(いわゆる三项社会保险)の保険金一部免除の件について、今年12月末まで延長されることが決まった。
◎大型企业など(机关事业单位は含まず)に対する、社会保険3項目の保険金一部半減の件については今年6月末までとする。コロナにより深刻な影響を受けた企業に対しては、今年12月末まで保険金の滞納金を課徴しない。企業側と従業員で話し合いができている場合、給料天引きになっている保険金の個人負担分についても納付延期ができる。ただし延期期間中の基本养老保险に利子がつかないので、満期になる前に納付を済ませること。
◎2020年の基本养老保险と失业保险の個人負担について。個人が負担する基数下限(保険を支払う対象となる最低月収額のこと?)は3613元/月で、2019年と変わりない。
個人で負担する基本养老保险について、納付が困難な个体工商户(個人経営者)や灵活就业人员(フリーランス)に対し、納付延期を受け付ける。今年支払えない分は2021年末までに支払えばよい。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/22/content_786668.htm?div=-1
今年になって朝暘区では房租减免、援企稳岗、资金帮扶などの措置を講じてきた。
◎北京市および朝阳区が実施した房租减免政策とは。A社は約1か月かけてネット申請を終えた。予定では一か月半の家賃に相当する54.5万元の減免が受けられる。また2~6月の养老・工伤・失业・医疗保险の減免(約200万元)も決まった。経営コストの減少により資金確保ができるので、A社ではリストラや給料減額の心配がなくなった。
◎朝阳区の国有企事业单位と社会企业は2~6月間で累計10億元を超える家賃の減免を実施した。恩恵を受けた中小零細企業の数は2.3万社以上になる。
また朝阳区では税费の减免を行っており14.3万あまりの企業に対し、131億元の社保费用を減免した。
更に、コロナの影響で納税が困難な中小零細企業に対しては延期を受け付け、その金額は3.7億元を超えている。
ほかにも朝阳区は、特种设备检验费、污水处理费、占道费など300万元の徴収を取り止めた。
◎中小零細企業に対する資金面の援助として、朝阳区はネットにて117種類の資金融資を行った。すでに6300社がのべ53億元の融資を受けている。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/16/content_786324.htm?div=-1
北京市民政局によると、今年の北京市最低生活保障标准が調整され、一家庭における一人当たりの最低生活保障标准が1100元から1170元に引き上げられた。この金額は7月から実施される。
2020年第1四半期における北京市の城乡低保对象は、62021戸(103037人。都市部65007人、農村部38030人)。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/22/content_786684.htm?div=-1
大学新卒者の就職斡旋システムの話や、年金はちゃんと支払われます(保険料減免していても影響しない)、5%アップで調整中ですという、全国的な話題。詳しいデータが発表されているが難しいのでパス。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京 交通違反をスマホで通報するシステム

北京の交通警察が始めた“北京交警随手拍”とは。交通違反を見つけたらスマホで写真や動画を撮って警察に通報できるシステムのこと。路駐などの迷惑行為を簡単に通報できるようになったという話。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-08/06/content_787478.htm?div=-1
8月5日よりオンラインで交通違反の通報ができるようになった。信号無視、駐車違反、歩行者優先の無視など違反行為の通報のほか、信号機の故障などを見つけた場合も通報できる。
《道路交通安全违法行为处理程序规定》および《北京市文明行为促进条例》の規定により、写真や動画さらに事実確認の調査結果を加えて処罰の証拠にする。例えば違法駐車は写真などはっきりわかるものであれば証拠として処罰できるし、飲酒運転のような違法行為なら警察が事実確認をしたうえで処罰する。
通報を受けたあと警察は直ちに調査に入るが、その結果は通報者に通知されない。ただし警察側は定期的に状況報告を発表することになっている。
スマホ通報「北京交警随手拍」プラットフォームに繋がるための3つの方法。
①ウイチャットの「発見」の一番下の「ミニプログラム」で「北京交警」と検索するとプラットフォームが出てくる。
➁ウイチャットで北京交警パブリックアカウントを開くと「办公大厅」が出るのでそこからプラットフォームに入る。
③北京交警アプリからプラットフォームに入る。
プラットフォーム画面が出たら、あとは自分の電話番号を登録しパスワードを設定すれば使えるようになる。
必ず実名で通報すること。また求められたら調査に協力すること。
通報者の個人情報については厳密に守られる。
通報をするとき、通報者は必ず道路交通安全法規を守り、安全な状態で行うこと。車を運転しながら証拠の撮影をする行為はしてはならない。また、通報はGPSがつながった状態で行うこと。
写真や動画は「北京交警随手拍」プラットフォーム上の撮影機能を使わないと通報できない仕組みになっている。
・動画を証拠とするときは、5秒以上20秒以下の動画にすること(対象車が動いているケースで5秒以上、駐停車違反のケースで12秒必要)  
・写真を証拠とするときは、2枚必要とする。駐停車違反のケースは撮影間隔が10秒以上開いていること。
証拠不十分では受理できないので、ナンバーや車の外観や違法行為がはっきりわかるものであること(道路標識や路面標示や周辺の様子が写っていること)。
事実を伴わない嘘の通報、証拠の偽造、悪意を持って関係のないことを通報した場合は法に基づき責任追及する。このような行為を3回続けた場合、半年間当人からの通報を受け付けない。
よくある違法行為とは:信号無視、バス専用レーンや緊急車両レーンなどの違法通行、車道ではないところを自動車が走る、駐停車禁止の場所で駐停車、消防車両レーンで駐車、京Bナンバーのバイクが四環路以内の道路を走行、横断歩道のある場所や信号のない道路で歩行者優先しない、渋滞時に横から追い越したり反対車線を走行、高速道路や城市快速路でバック・逆走・方向転換・駐停車をする、運転時の携帯電話使用、シートベルト不着用、ナンバーを故意に隠したり汚したりする、事故逃亡など。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

海南島 免税政策 海南自由貿易港

海南島って。北京で学生していたときルームメイトから「ボートピープルが暮らしているらしいから行ってくる」と言われて初めてその存在を知った。広東省から分かれ、海南省としてスタートした頃の話。
そのあと海南島の開発ブームが起こり、日本人からも「儲かるの」って聞かれたことがあった。深圳など経済特区の話題がにぎやかというか、実際はカオス状態だった頃の話。
インコをつれて北京に住んでた時は海南島産のコーヒー豆をよく買った。中国のハワイと呼ばれ、リゾート地として大流行りで寒い冬の期間を海南島で過ごす(いわゆる渡り鳥生活)お金持ちをすげーと思っていた頃。かささぎも観光に行きたかったのだけど、春節休みの飛行機があまりに高くて諦めた。
今なら文昌衛星発射場にちょっと興味がある。

最近その海南島がちょくちょく記事になっていたので勉強することにした。実は海南島発展計画というのが2年前に発表されていて、その中には第一弾として2020年に自由貿易試験区というのを作る、というのがあった。
更に2025年には初期的な自由貿易港制度を作り中国国内における最高の商業環境を整えるとし、2035年には自由貿易港の制度と運用モデルを完成し世界トップクラスの商業環境を作り出す、とするものだった。
同時に、森林活用を念頭に国家級・省級の自然保護区の有益な運用や、海洋生態環境の保護も重視、例えば島内の自動車は新エネルギーか省エネ型に制限するとか、プラスチック製食器やレジ袋の生産販売使用を禁じるとか、いろんな計画が打ち出されていた。

…………
以下新京報で勉強。一部メモする。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-06/03/content_783802.htm?div=-1
今年になって《海南自由贸易港建设总体方案》が発表され、海南自由貿易港の構築タイムスケジュールと、「零关税、低税率、简税制、强法治、分阶段」の原則が発表された。
島民が購入する外国商品は「正面清单(輸入自由品目表)」にしたがい、島内において免税となる。
また島を出るときの免税上限は1人年間10万元までとし、かつ、その免税対象商品の種類を広範囲にする。つまり海南自由貿易港を訪れる中国市民は輸入製品を免税でいろいろたくさん買うことができるようになる。よって大勢の旅行客が買い物や観光のために海南島を訪れるようになる。
2019年上半期、中国人が海外で消費した金額は1275億ドルで世界第一だった。この額の半分以上がアジアで消費されていることから、中国人は近隣国・地区で買い物をしていることが分かる。免税制限を更に引きさげ、多種多様の国外製品をそろえ、海南省の貿易や輸入の自由度を広げることで、国内外の観光客を引き寄せるようになり、内需を高め有利な市場環境を整えることができる。
また、自由貿易港の建設ということで、多くの投資チャンスがもたらされるだろう。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-06/09/content_784101.htm?div=-1
6月8日に国家发改委や海南省などの関係者が、海南自贸港やその税制・各制度などについて全面的な解説を行った。
海南自贸港を造るということは、単に買い物天国をこしらえることではない。不動産投資をあおることでもない。開放された経済社会システムを作り、最高レベルの自由貿易を行うことである。
企業が自社で使う設備を輸入するときの関税・増値税・消費税の免除を行う。
企業が設備投資をするときの税控除や加速償却を認める。
離島の際の免税額は一人年間10万元。
外資については、境外人员が法定机构・事业单位・国有企业の法定代表人になることを認め、跨境资金管理业务を認め、行业组织に対し広範囲の自主权を認める。
海南自贸港は中国最大の经济特区である。90年代の海南経済特区は不動産投資の対象として、不動産バブルに埋もれてしまい、経済特区としての本領を発揮できていなかった。海南は二度と「不動産投資の価格吊り上げ工場」にはならない。
密輸や黄赌毒等“六不允许”の禁止について、厳格な措置を講じる。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/03/content_785451.htm?div=-1
海南離島免税新政策が正式に始まり、ショッピングに大きな変化が起こった。島を離れるとき観光客は一年あたり10万元まで免税(酒類や电子消费产品(消費者向け電子機器)などが対象)となる。
これには大きな反響があり、例えば海南島でiPhoneを買うと2000元安くなるなどネットでも話題になっており、海南島に旅行に行きたい、海外に行かずとも海南島で買い物したいと考える人が増えた。新しい政策のスタートにおいて、ここまで短期間で大衆と市場が大きく反応したのはそう多くない。この政策が大衆の心を惹きつけていることを示す。
データによると過去3年で海外旅行した中国人は毎年1億人以上、海外で1兆人民元以上消費している。この一部が海南島に回るようになれば、出国しなくても多種多様の商品が安く手に入るのなら、“海外购”から“海南购”に転向が進むのなら、内需促進の巨大な力になる。
世界的には4番目の離島免税区となる。同時に中国初の自由貿易港が誕生する。今回の政策により爆発的な購買力が、衣食住に加え旅行とレクリエーションを含めた観光消費産業全体を動かすことになり、国内ばかりでなく世界中から観光客を呼び寄せることになる。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-07/09/content_785819.htm?div=-1
海关总署が《中华人民共和国海关对海南离岛旅客免税购物监管办法》を公布、7月10日から施行される。海南島の新政策開始に伴い、「非法代购(違法の購入代行)」に対処する。
免税品の代理購入が無制限であれば、違法の購入行為によって中国の関税体系を崩すことになってしまう。
いままで香港や深圳では非合法の貿易商人を排除する措置を何度も講じてきた。利益を求めるあまり非合法に手を染めるそのやり口は、一回の仕入れ量は少ないながらも回数で稼ぐやり方で、まるで蟻の引っ越しのような手法で密貿易を行うものであり、結果として経済秩序を壊し、甚大な被害を生み出していた。違法の購入代行つまり典型的な“倒爷套利”は、海南の経済発展を妨げてしまう。
海南自贸港は「离岛免税购每人每年10万元额度」を認めた。旅行者自身が現地で買い物するような流れを作り、海南自贸港の経済発展を図る。
この度の《办法》では、ビッグデータなどの情報技術を利用し、Eコマース・ソーシャルプラットフォームの監督管理を強化し、違法の代行に対し正確な取り締まりを行う。違法行為の取り締まりにより自由貿易港の機能を高める。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京市の消費促進イベント 「消費券」割引クーポン

北京商務局が音頭を取って6月から始めた「北京消费季」。消費促進のために、夏休みや連休期間中、市内各地で音楽やスポーツや文化イベントを、実店舗やオンラインショップではお買い得イベントを開催する。なんといっても興味あるのは「消费券」がもらえるということ。お買物のとき北京市民はどれだけ優遇を受けるのか気になった。

「消费券」というから政府が発行する紙の商品券かと思ったのだけど、記事を読んでわかったのは、スマホアプリでもらうということと、実際は割引クーポンだということ。
また、わかりにくいのだけど“政企将联手发放(官民共同発行)”の「政企消费券」というシステムであり、例えば6月の場合なら国負担の割引率と企業負担の割引率が1:1になっており、仮に「10元割引券」を使うとき、国が10元負担し更に企業(買い物したそのお店?)が10元負担するということ。だから消費者は合わせて20元分割引してもらえる仕組みになっている。

以下新京報より一部。6月イベントのときと、8月夏休みイベントの記事。
(イベントがたくさんあってかなり楽しそうだけど省略。消费券もなんかいろいろあるけど複雑なので省略)
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-06/04/content_783863.htm?div=-1
「北京消费季」という消費促進イベントが6月6日から始まった。対象は飲食・買い物・文化・旅行・レジャー・教育・スポーツ・フィットネス。目玉は総額で122憶元分発行される「消费券」。内訳は官民共同で発行される「政企专券」22億元分と、オンラインショッピング用の「平台券」100憶元分。キャンペーンに参加している実店舗とオンラインショップで使用できる。6月は市全体で「夜京城」「亲子节」などのイベントを200件ほど開催したり、王府井百货では「湖北特产专卖区」を設け湖北省支援販売を行ったり、京东などのECサイトや物美などの実店舗や北京烹饪协会などによるライブコマースを配信し、消費促進を目指す。
●专项消费券について。京东アプリにて取得。6月は発行日が4回ある。1回目は6日10時から(無くなったら終了)、ただし前日に予約が必要。
1回の申し込みでもらえるのは3枚セット(①50元の買い物で10元割引券、➁100元の買い物で20元割引券、③200元の買い物で30元割引券)で、有効期限は14日間。
この专项消费券の割引について、上記の割引は政府負担の部分であり、実際はほかに企業負担の割引も付いている。10元割引券なら企業割引10元が自動的についてくる。30元割引券なら企業割引30元が自動的についてくる。
例えば消費者が60元の買い物をする場合、50元買い物用の消費券を使い10元割引を受けるわけだが、これには企業負担10元が付いてくるので、合計20元の割引になり、支払いは40元で済む仕組み。
●智能产品消费券について。6月に2回発行、1回目は100万枚。実店舗用とオンライン用がある。智能通讯、智能家电、智能家居、智能家装などが買える。2000元の買い物で10%(政府と企業で半分ずつ負担)割引、最高400元まで割り引く。
●“百亿补贴”について。银联、腾讯などで決済したり、京东、寺库、苏宁易购などオンラインで買い物したり、盒马鲜生、红星美凯龙など実店舗を利用すると、购物券+餐饮券+外卖优惠券+家居家电消费券が発行される。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-06/07/content_784009.htm?div=-1
6月6日は消費キャンペーン初日。王府井、西单、CBD、三里屯、华熙LIVE、奥特莱斯、万达广场、北京华联商厦など、北京全体で80地点で100か所を超える販促イベントが行われ、5000を超える店舗が参加した。夜は前门、西单、奥运塔、通州大运河など79地点で「夜京城」(ナイトイベント?)を開催した。
新京報の記者が実際に体験してみた专项消费券の使い方。王府井で外食。290元分食べた。支払い時に、自分のスマホの京东アプリを開き、店員が持っているスマホの画面に出ている北京消费券账单のQRコードをスキャンすると、自動的に75元割引され、実際の支払いは215元と出た。
記者が食事した花家怡园は上乗せ割引をしており、その比率は1:1.5。200元の支出に対し国割引30元と企業割引45元が付くので、合計で75元割引されていた。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2020-08/09/content_787622.htm?div=-1
8月8日から北京市では新たな「北京消费季」イベントが始まった。今回は、北京市商务局が华联常营购物中心でファミリー向けのイベントを開く。またネットでは多くの企業がライブコマースを配信、夏休み中のファミリー向けに多種多様のサービスを展開する。また「夜京城」イベントも増える。露天电影节や夜经济的主题活动や古风市集や户外音乐节などが開催される。
目玉は新たに発行される280万枚の消费券(线下餐饮购物券200万枚と智能产品消费券80万枚)。有効期限は14日。ちなみに8月は18日にも発行を予定している。
●线下餐饮购物券について。1回の申し込みで割引総額80元分もらえる(①40元割引1枚、➁20元割引1枚、③10元割引2枚)。国割引と企業割引の比率が2:1。160元以上の買い物で使える40元券の場合、仮に160元の買い物をすると、国割引40元と企業割引20元が付くので、実際の支払いは100元で済む。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村