北京大興国際空港 行き方 鉄道、地下鉄、バスなど交通手段 駐車場

北京大兴国际机场に行きたい。
市内に出る移動手段が色々あることを知ったのでちょっと勉強。新京報より。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-09/27/content_766525.htm?div=-1
9月26日、京雄城際鉄道の北京区間と、地下鉄大興空港線と、空港バス6路線の運行が始まった。

◎京雄城际铁路(北京西站~雄安新区を繋ぐ城际铁路。ヨーロッパのICに該当。大兴・固安・霸州を経由)の北京段(北京西站~大兴机场の区間)について。
・北京西站の南口と北口には京雄城际铁路の改札に繋がる専用通路がある。また北京西站の他の入り口からでも専用通路に行くことができる。切符の購入から安全検査・改札・乗車まで順序良く進めるようになっている。切符は“电子客票”も可。北京西站の第10候车室には京雄城际列车候车室がある。改札は出発5分前に締められる。
・車両中央部にスーツケースを置ける荷物置き場“行李架”がある。自分の荷物が見えやすいよう座席はこの荷物置き場方向を向いている。
・空港までの所要時間は28~36分。
・運賃のプロパー価格は、商务座全价票:90元、一等座全价票:48元、二等座全价票:30元。“浮动票价”システムを導入しており、列車によって異なる。割引もある。
・二等席は自由席システム。
・販売カウンターが付いている車両があり、飲み物、お菓子、軽食、冬季五輪オフィシャルグッズが買えるようになっている。
・大兴机场の地下2階にホームがある。エスカレータで地下1階まで上がると候车区がある(普通候车区・军人候车区・母婴室・儿童娱乐区などに分かれている)。
・大兴机场站には南出口と北出口があり、南出口を出たら自動チェックイン機まで約5分。北出口からは駐車場に行ける。

◎地铁大兴机场线について。
・9月26日正式営業。全長41.36㎞。
・特筆すべきは草桥站。荷物の預け入れができる。
※この駅はただの駅舎ではなく「草桥城市航站楼」いう名前のターミナルビルになっている。検索すると、国内線・国際線の有人チェックインカウンターが4か所あり、チェックイン・荷物検査・荷物預け入れができると出てくる(昔の東京シティエアターミナルのような感じ?)。
・草桥站→大兴机场站の運賃は普通单程票で35元(商务单程票价ならどの区間も一律50元)
・大兴机场线の最高速度は時速160㎞、中国の地下鉄の中で一番速い。座席は高速鉄道の复兴号一等席と同じ幅で設置されておりゆったり座れる。
・列車は乗客用7車両+貨物車両1車両で運行。
・草桥站で地铁10号线に乗り換えできる。将来は19号线とも繋がる。
・草桥站城市航站楼のB1・B2は自動車送迎エリア(接驳区)になっていて、タクシーおよび正規の配車サービス車(网约车)が乗り入れる。自家用車の駐車場はないので、乗り降りは素早く。
・大兴机场站で下車後、案内に沿って進めば自動チェックイン機まで約5分。

◎大兴机场高速について。
・9月中旬、大兴机场高速が全面開通。
・南二环から大兴机场まで約40分。
・4か所の料金所(观音寺・前大营・大狼垡・礼贤南)全てでETC対応。
・“防冰除雪公路”仕様。
・道路標識には空港までの距離が書いてあるだけでなく、LED画面で到着までの参考所要時間が表示される。この標識は北京初の試みで、天候や明るさに反応し自動で光って見やすくなる仕組み。

◎空港の駐車場について。料金。
・空港駐車場には歩道がたくさんありターミナルまで歩いて5分。駐車場のビルは今現在1棟のみ、ビル西側がp1停车场、東側がp2停车场となっており、駐車スペースは4200台。駐車料金は1時間10元。15分未満は無料。まる一日駐車すると80元かかる。

◎机场大巴について。
・全て電気バス。
・ルートは北京站・北京南站・北京西站・通州・房山行きと、夜間バスの三门(宣武门、前门、崇文门)行きの6路線。30分に1本。
・一律40元。紙のチケットに印刷されてあるQRコードをスキャンして乗車する。
・乗車場所の位置はターミナルの北東側。始まったばかりなので16名乗りの中型バスを運行している。
・天津・廊坊・唐山・保定行きの省际客运班线もある。乗車場所はターミナルの北西側。

◎タクシーについて。
北京市に営業所を置くタクシーと河北省に営業所を置くタクシー、ともに大兴机场まで乗り入れができる。ただしエリアを超えるタクシー営業は認められないので、駐車場と乗り場は分けてある。降車場は共用している。
…………

更に詳しい情報を勉強する。新京報に感謝します。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-09/26/content_766435.htm?div=-1
◎地铁大兴机场线について。
・大兴机场线の第一期工事で草桥站(城市航站楼の中にある)・大兴新城站・大兴机场站の3つの駅が使えるようになった。将来的には丽泽商务区まで延びる。
・それぞれの駅に顔認識の改札がある。(←各站均设人脸识别验票闸机と書いてあるけど、すごいな)
・草桥→大兴机场まで19分。乗り換え時間を含めても、北京市中心部から空港までたった30分で行ける計算。
・電車運行時間帯は6:00~22:30。発車間隔は7~9時および15~19時で8分30秒おき。それ以外は10分おき。
・改札を通るときのアイテムは4パターン。单程票(普通の片道切符)と、实体一卡通(一卡通とか互通卡とか)と、手机一卡通电子卡と、亿通行APP二维码扫码(スマホアプリのQRコード)。
・駅構内には券売機を多数設置、微信や支付宝でも購入できる。
・切符の種類は、普通单程票・商务单程票・空轨联运票・区间定期电子计次票の4種。
・单程票の価格は“计程限时票制”。大人一人に対し1.3m未満の児童1人が無料。
・駅インフォメーションには翻訳機を用意、英・日・韩・法・西・俄・德など34言語に対応。また中国国内方言、例えば粤语、河南话、四川话などにも対応。

◎大兴机场高速について。道路は双方向8車線、枢纽互通立交が3か所、菱形互通立交が3か所、车服务管理区1か所。
・主线收费站2か所(观音寺と礼贤南)・匝道收费站2か所(前大营と大狼垡)。ETC可。係員もいるので互联网支付も可能。
・所要時間と距離。
  南五环→大兴国际机场まで約27㎞、20分。
  北京西站→大兴国际机场まで約50㎞、50分
  北京南站→大兴国际机场まで約40㎞、約40分。
  首都机场→大兴国际机场まで80㎞、約70分。

◎机场巴士について。
・市内行き:日中は5路線。北京站・北京南站・北京西站・通州・房山行き。
 :夜間は1路線。空港を出たら順に宣武门・前门・崇文门に停まる。
   空港行き時間帯:5:00~20:30、夜間無し。
   市内行き時間帯:日中7:00~23:00。夜間路線は最終便に合わせて運行。
   運賃は一律40元。30分おきに1本。
・地方都市行き(省际客运班线)
   天津路線:往復便4本。運賃75元
   廊坊路線:往復便12本。運賃35元
   唐山路線:往復便12本。運賃120元
   保定路線:往復便4本。運賃70元

◎京雄城际铁路の北京段について。
・北京西站→大兴机场まで28分。
・運賃は列車によって異なる。
   商务座:90元・84元・75元の3種。
   一等座:48元と40元の2種。
   二等座:30元と25元の2種。
・午前発車のC2701・C2703・C2705には无座站票(立席券)がある。価格はその列車の二等席と同じ。
・京雄城际铁路の列車は座席が選べる。通路側窓側ご自由に。
・北京西站での乗り方。北京西站の北广场27号にある进站通道(进站口中ごろにある)または南广场89号にある进站通道(进站口中ごろにある)を通り、验证验票と安检をやってホームに入る。
・电子客票:京津冀区域の鉄道で初めて电子客票が全線で使えるようになった。購入は12306网站で(铁路12306 アプリもどうぞ)。

◎北京市中心部から大兴国际机场まで行く場合、どの交通手段が便利か。新京報が考えてくださったので是非参考にすべし。
設定は西单から大興空港までの移動。(一番安いときの運賃で計算。一部解釈入れました)
①大兴机场线の場合:地下鉄で西单→草桥約21分(運賃4元)。草桥で乗り換え9分。大兴机场线で草桥→大兴机场約20分(運賃35元)。合計50分、39元かかる。
➁京雄城际铁路の場合:地下鉄で西单→北京西站約18分(運賃3元)。北京西站で安全検査約9分。京雄城际铁路で北京西站→大兴机场約28分(二等席25元)。合計55分、28元かかる。
③机场巴士の場合:バスは時速27㎞で計算。西单→机场約110分。地下鉄運賃3元+巴士40元=43元。
④タクシーまたはネット配車利用の場合:時速43㎞、走行距離50㎞で計算。西单→机场約70分。高速代15元を含めて、タクシーなら約177元、ネット配車なら247元。
⑤自家用車の場合:時速43㎞、走行距離50㎞、西单→机场約70分。ガソリン92号6.99元/ℓで計算して約35元。これに高速代15元を足して合計50元。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント