京張高速鉄道の開通 北京→張家口56分 二等席88元

「京张高速铁路(別名:京张客运专线)」というのは、北京市と河北省張家口市を繋ぐ高速鉄道のこと。2016年に政府が発表した「中长期铁路网规划」の中に「八纵八横」と名付けられた高速鉄道ネットワークが出てくる。このネットワークは合計16ルートで構成されており、昨年末に開通した「京张高速铁路」は「京兰通道」や「京昆通道」というルートの一部分を構成している。
なんといっても冬季オリンピックのとき張家口の会場に行くための交通手段になるので注目度が高い。

このたびの京张高速铁路正式運行について新京報の記事。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2019-12/29/content_775334.htm?div=-1
以下大体の内容。

2019年12月30日に正式営業が始まる。
京张高铁の始発駅は北京北站。北京市の昌平区・延庆区を経て河北省张家口市へ至る。全長174㎞、最高速度は時速350㎞。駅は全部で10か所、それぞれ北京北・清河・沙河(不办理客运)・昌平・八达岭长城・东花园北・怀来・下花园北・宣化北・张家口。

また崇礼铁路、大张高铁(大同~张家口)、呼张高铁(呼和浩特~张家口)の運行も同時に始まった。
崇礼铁路は京张高铁の支線。京张高铁の下花园北站から横に伸び、冬季五輪会場である太子城奥运村に造られる太子城站に至る。全長53㎞、時速250㎞。将来的には内蒙古の锡林浩特まで伸びる予定。

u=1179686909,3336165628&fm=214&gp=0.jpg
u=2636797027,1394959391&fm=26&gp=0.jpg

運行本数について。
京张高铁・崇礼铁路の列車往来本数は平日ダイヤ36本(日常线36对)、ハイシーズンは増便6本(高峰线6对)。北京北站・清河站と呼和浩特・包头・大同・张家口・太子城を往来する本数はハイシーズン増便分も含めて42本になる。
例えば北京地区から张家口に向かう高铁列车は19本、そのうち清河站発が15本、残り4本は北京北站が始発となる。

料金について。
北京北→张家口は商务座266元、一等座142元、二等座88元。
清河→张家口は列車によって異なる。列車番号G2513の場合、商务座248元、一等座132元、二等座83元。列車番号G2487なら商务座216元、一等座115元、二等座72元。この路線の場合、二等座だけでも88元、79元、77元、72元とばらつきがある。

改札の通りかた。
京张高铁のチケットは电子客票。身份证と12306动态二维码を使って改札を通る。
また、京张高铁では顔認証改札の実験も行っている。鉄道予約サイトの12306客户端で实名刷脸认证をしておけば顔認証で改札が通れる。
  
京张高铁の工事過程。
2016年4月29日 正式着工
2017年2月 清华园トンネル工事開始
2017年11月23日 董家庄トンネル開通
2018年5月29日 官厅ダム大橋の架設完了
2018年12月13日 新八达岭トンネル開通
2019年6月12日 全線でレール繋がる
2019年9月初 通信や信号の試験始まる
2019年12月3日 試運転始まる
2019年12月30日 京张高铁営業開始

………
八達嶺までいくらかかるのか検索したら北京北駅から34分、二等席で29元と出た。
これ、「八纵八横」の地図。
3ac79f3df8dcd100c044f38b798b4710b8122fbb.jfif
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント