2019年 春節聯歓晩会(春晩) 周華建氏 “人海”のすごさ

除夕だってことは覚えていたが春晩の放送時間を失念し、パソコンを点けたらもうとっくに始まっていた。画像が今までになくクリアで、小品のセリフの字幕もちゃんと出ていて見やすいことこの上なかった。
今年の紅包プレゼントは百度のアプリで貰えるものだった。百度ならダウンロードしてもいいかなってやりかけたのだけど、結局やめた。その後インコから要領を得ない酔っ払い電話が掛かってきたが「御免、春晩が頭に入ってこないから」と頼んで解放してもらった。セキセイのぴぴの思い出に繋がってしまうからあまり長い話にならない方がよかったというのもある。結局、そのあといくらも見ないで寝落ちしてしまった。すごく疲れていた日だった。

改めて春晩の回放を見てみた。字幕は大きいし2倍速もできてとっても便利。舞台のつくりや演出は期待通りの派手さで高揚感満載だったがそれでも度肝を抜かれるほどの破天荒さは無くて助かった(あまり派手過ぎると集中できない)。今年は例年以上に人海戦術を展開したことと、舞踏のプログラムが沢山あったこととダンサーの衣装がとっても素敵だったこと、ダンクシュートパフォーマンスのお兄さん方はかっこよかったし、少数民族の豪華な集合ダンスもあったし、京劇など伝統戯曲もたっぷりやってくれてホント素晴らしかった。郎朗氏もピアノ弾いてた。今年の司会者で目立ってたのは朱迅さん。相変わらずの美貌。
央視のいつもの会場のほか、外会場は吉林の長春と、江西の井崗山と、広東の深圳の3か所だった。一汽の自動車がトランスフォーマーしていたし、深圳北站はきらびやかさで中国の近未来を演出していた。“ 云轨”をお披露目していて、ああ乗ってみたいよ…。井崗山での紅歌の演出も悪くない、というか大好物。
でも、一番良かったのは周華建氏が歌ってくれたことだった。ありがとう、周さま!

もっと月探査を押し出してくるかと思っていたけど、それほどでもなかった。ちらっと映ったくらいだった。ほかにちらりとしていたのは、空母とB-002A飛行艇とC919 っていう飛行機と高鉄と北京の新しい空港・大興国際空港ぐらい。

模范先进人物として会場に招待されていた人は4名:
氢氧发动机喷管(液体燃料ロケットエンジンのノズル)を扱うハイレベルの溶接工の方や、山や崖をものともせず10Kmにもわたる用水路を自力で引いた方とか、眼科のお医者様とか、乙烯压缩机(エチレン高圧圧縮機)の設計者だった。

时代楷模として招待されていた人も4名:
村の発展のために頑張っている全国優秀共産党員、开山岛という無人島を守り続ける民兵、貧しい村の子供達を大学に進学させてきた小学校の校長先生、两栖装甲尖兵(水陸両用車部隊に所属する、運転通信射撃何をやらせても一番優秀)に最速最短で成長した若い兵士という面々。

英雄机组は3名:
昨年5月四川航空公司3U8633航班(重慶→ラサ)のフライト中挡风玻璃が壊れ減圧トラブルに遭うも無事に緊急着陸を果たした機長ら3名。
この事故をもとに「中国机长」というタイトルの映画が撮影されていてもうじき公開されるらしく、春晩も全面的に推していると見た。

今年の小品はどうだったかというと…うーん、あまり面白くなかった。守りに入るのはご時世。
相声の岳云鹏氏と孙越氏は安心安定。

色々あって最近腑抜け状態なのだけど、春晩定番曲「难忘今宵」の歌詞「青山在 人未老 人未老」に慰められた。なんか毎年この歌詞で救われている気がする。
毎年思うけど、こんな素晴らしい番組をタダで見れるなんて本当に有難い。人の力の凄さを見せつけられた。人海战术好厉害。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック