中国 アートメイク 価格 鉛基準値超過

新京報より。大体の内容。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/14/content_659767.htm?div=-
先日、韓国消費者院がサンプル検査の結果報告を発表した。
それによると韓国市場で流通している半永久化妆染料产品(アイラインや眉毛)25種類のうち、12種類の製品の重金属含量が基準値を超えていたという。また、一部製品の重金属含量は基準値の30倍を超過、ほかの製品では一级致癌物の基準数値の5倍に達していたという。
韓国の化粧品は中国国内でも人気だが、このニュースが流れたとたん一時騒然となった。

と言うことで、新京报の記者は淘宝して5種類の半永久染眉色料を入手。それを実験室に持ち込み、ヒ素(砷)、カドミウム(镉)、汞、铅、ストロンチウム(锶)などについて検査を行った。

その結果。鉛の数値はそれぞれ、6.42mg/kg、17.1mg/kg、57.1mg/kg、64.5mg/kg、131mg/kgだった。

中国の法律《化妆品卫生规范》(2007年版)では、鉛含量は40mg/kgを超過してはならないと定められている。
来月から施行される《化妆品安全技术规范》(2015年版)では、鉛含量は10mg/kgを超過してはならないと定められている。
つまり現行基準では3製品が、もうじき始まる新基準では4製品が基準を上回ることになる。
今回検出された最高値は基準値の12倍越えであった。

記者は某美容店を取材。染眉效果は3~5年続くが一生ものではないとのこと。その価格は1000~6000元まで幅があった。1000元ほどのものは中外合资の製品で、2~6000元のものは輸入製品となっている。顧客のほとんどが2000元前後のものを選ぶという。

●なぜ化粧品から重金属が出るのか。
宣武医院皮肤科主治医师の話:半永久の眉毛やアイラインというのは、皮膚に傷をつけそこに染料を塗っている。色を長期間保つために、メーカーによっては吸収しにくい水銀・カドミウム・鉛を使っている。また眉染料のほか、毛染め剤にも似たような成分が含まれていることがある。

●最近は纯天然植物使用と銘打った化粧品が多い。だが、纯天然と謳われていても無害とは限らない。例えばその植物が栽培された環境が重金属で汚染されている場合、製品に重金属が残留する可能性がある。また使われている植物から抽出される物質自体が有毒である可能性もある。
染料が纯天然だと色持ちが悪かったりにじんだりするので、ある程度なんらかの成分を加えるのが一般的。しっかりしているメーカーなら認可されている安定剤を使うだろうが、コストを優先する一部小規模工場では鉛粉やカドミウムを加える。よって半永久妆は薦めない。
輸入製品と言えど具体的な成分が不明では有害な物質が混じっていないかどうか確証がない。また、施術をする環境が不衛生であれば、前の人の病気(乙肝病・艾滋病・梅毒などの血液感染症)に感染する可能性もある。

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック