北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 十二家鉄帽子王(八大鉄帽子王以外)の王府の場所

<<   作成日時 : 2011/01/10 02:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

「八大鉄帽子王」とは言うものの、「鉄帽子王」と呼ばれる皇族は全部で12家ある。残る4家の皇族は清朝中・後期になってから爵位(すべて親王)を受けたもの。

1・恭亲王(恭親王):奕欣(1833〜1898)という人が祖。この家からは2人が恭亲王の爵位を受けた。
恭王府の場所…前海西街。とても有名な観光地。今現在の入場料は40元?昔、外国人価格が設定されていたころ一回だけ入ったことがあるが、どんな所だったか記憶が怪しい。「蒼穹の昴」にも恭亲王奕欣は登場するし、もう一度見学に行ってみたい。
画像

画像

以前入り口まで行ったときの話はこちら。
http://33665307.at.webry.info/200908/article_3.html
百度の説明。
http://baike.baidu.com/view/10011.htm

2・怡亲王(怡親王):胤祥(允祥とも・1686—1730)という人が祖。この家からは全部で9人が怡亲王の爵位を受けた。
王府の場所…
@初代の怡亲王胤祥が住んだ場所。没してからここは賢良寺(のちに李鴻章が住んだ場所)になった。今の王府井・校蔚小学の位置。協和医院と校蔚小学に挟まれたところにまだ少し古い建物が見えたが、関係有るのかどうかは分からない。
画像

百度の説明。(写真はどこから持ってきたものかわからない)
http://baike.baidu.com/view/342047.htm
A第二代怡亲王以降の王府。朝阳门大街路北137号。見学不可。
この屋敷は途中で孚王府(道光帝の第九子奕ォの屋敷)になったので、地図にも孚王府と載っている。
画像

画像

以前行ったときの話はこちら。
http://33665307.at.webry.info/200905/article_18.html
百度の説明。
http://baike.baidu.com/view/442320.htm
B第七代怡亲王载敦以降の王府。北极阁3条71号。宁郡王が住んでいたので、宁郡王府と呼ばれる。見学不可だが外から少し見えるのでちょっとだけ雰囲気を味わえる。
画像

画像

画像

以前行ったときの話はこちら。
http://33665307.at.webry.info/200906/article_21.html
百度の説明。
http://baike.baidu.com/view/342043.htm

3・醇亲王(醇親王):奕譞(光緒帝の実父・1840〜1891)という人が祖。もう一人醇亲王の爵位を受けた载沣(載灃)は宣統帝の実父。
王府の場所…
@南府(旧王府)。鲍家街甲2号。元は荣亲王府だったが奕譞が醇郡王になり紫禁城を出てからこの屋敷に住んだ。载湉(載湉・光緒帝)が生まれたのはここ。
見学どうぞどうぞ、という雰囲気でもなかったが、入っても何も言われなかった。中は「金融街少年宮」になっており、丁度子供たちが歌のレッスンを受けていた。
画像

画像

画像

画像

A北府(新王府)。后海北沿44号。国家宗教事務局。見学不可。宋慶齢故居は昔、王府の花園があったところ。
もとは成亲王の王府だった。载湉が光緒帝になったとき、“潜邸(皇帝が出た屋敷は居住地とせず、寺にする慣習のこと)”のため南府に住めなくなり、こちら北府に引っ越した。溥仪(溥儀·宣統帝)が生まれたのはここ。
画像

画像

画像

以前行ったときの話はこちら。
http://33665307.at.webry.info/200908/article_3.html
百度の説明。
http://baike.baidu.com/view/174421.htm

4・庆亲王(慶親王):奕劻(1838〜1917)。清朝で最後に親王に封ぜられた人。
王府の場所…定阜街3号。見学不可。
慶王府。清朝末、慶親王・奕劻の屋敷だった。西太后に認められて、総理各国事務衙門大臣を務め、光緒20年(1894年)に親王に封ぜられ、光緒34年(1908年)世襲罔替となった。王府の配置は“坐北朝南”で、現在完全に残っているのは生活居住エリアであった西側の建築物。また敷地内には二階建ての美しい公主繍楼が一番良い状態で残されている。1984年に北京市市級文物保護単位に指定。…以上プレートの説明。
画像

画像

百度の説明。
http://baike.baidu.com/view/174435.htm
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
康煕帝諸皇子の王府3
 と、前回の続きで康煕帝の皇子達の王府の位置を再度調べて見ました。  本文に入る前に、以前に作った地図を《清北京歴史地図》iで不明確だった王府の位置を特定したり、後で入手した資料で補強した地図を提示しておきます。 より大きな地図で 康煕帝阿哥府邸地図 を表示  思ったほど偏ってはいないんですが、何故か西南隅には王府がなかったみたいなんですよねぇ…。折角地図にしたのでちょっと八旗の居住地と王府の位置関係も確認して見たのですが今ひとつよく分かりませんでした。あと、平西府と密雲県博物館もチェックしてま... ...続きを見る
宣和堂遺事
2013/04/14 04:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
非常敬佩毛主席,在他的领导下,中国人从沿袭了2000多年的皇权政治中走了出来,封建贵族都被扫进了历史的垃圾堆,无论现在的人怎么说"红色贵族""太子党"之类的话,也无法抹杀毛主席的贡献.如果不是他,我们现在可能还有一个皇上,一大群皇亲国戚,要么像俄罗斯或者伊朗一样,有一个某某家族的喋血故事,时不时冒出个皇孙皇曾孙什么的.2000多年的皇权政治,贵族思想,都洗白了,都是平常人了.
天涯&#35266;光&#22242;
2011/01/10 10:20
天涯观光团小姐:我装你,因为我心里没有衷心敬佩的政治家,每年总感到失望,到底将来的日本还能发展?
中国的历史悠长,从哪个角度来看颇有吸引力。可是太长了,太丰富了,我看历史书总记不住。连清朝皇帝的名字也混乱起来,别说其他朝代。可是,北京这个城市确实很好,出去走走,散散步,虽说正进行房改什么的政策,但还能看到民国清朝的古建筑。
你知道吗?东京的古建筑很少,其原因之一是挨过二战空袭而烧没了。现在后悔也来不及!
かささぎ
2011/01/11 15:00
我觉得旧建筑可有可无,旧建筑的存在,首先是物质财富的保存和延续,其次可以展现先人们的聪明才智.而这个世界最终是属于后来者的,还是要给后来人留下空间,让他们建设体现他们时代的房子和道路.地球盖满了,老建筑该拆还是得拆.
天涯&#35266;光&#22242;
2011/01/12 18:32
天涯观光小姐:10年前我爱人在东京中心地区上班,那个单位就在老建筑里,他说连打手机不方便(信号不好),室内的装备都落后,连要电源也不好找,直接影响到工作。(后来那个大厦投了巨大资金重新装修,可外表没什么变化,还保留着充满的怀旧感)。
表面上好看的老建筑确实不适合现在的生活。在日本,政府保护的老房子,有的还有人住的,可是因为规定太多,连钉一颗钉子也要批准,我看住民也够辛苦的。
保护老建筑确实要金钱和人力。可金钱和人力都有限制,绝对不能浪费!
不过我还是喜欢老建筑,喜欢有历史色彩的东西。尤其是故宫,故宫多好,东京迪斯尼乐园那样的东西远远不如它。
かささぎ
2011/01/13 12:25
我前天和朋友喝了博主说的威士忌酒,好烈啊&middot;&middot;&middot;味道和中国的酒很不一样,而且种类很多的,我们不懂,就随便挑了一个叫Chivas什么的,博主很能喝啊!另外想问博主一个问题,博主有没觉得中国的楼市很变态?在日本买一套普通的“一户建”,200平米左右,需要多少人民币?
武侠迷
2011/01/13 15:22
新的建筑到处都有,都能看到,老建筑就不一样了。我认为有代表性的保留一些就好,时代在发展,肯定要拆掉的还是改拆。当是精神文化上来说,保护一些老建筑是必须的。
kyo
2011/01/13 16:46
武侠迷先生:我以前喝酒,什么样的都敢喝,威士忌也不例外(但我没有酒量)。我读书的时候,喜欢上了二锅头,我偶尔买小瓶二锅头喝,觉得自己活的很舒服。中国楼市我只觉得害怕,因为我这个年代的人都尝过泡沫经济的苦头。关于200平米左右的一户建,我刚才搜了以下,在东京豪华居民区有12300000-6200000RMB(其实具体的我也不太懂),我绝对买不起,可对暴发户来说小菜一碟?
かささぎ
2011/01/14 18:37
kyo先生:只能这样吧…。我刚才看了日本的报道,在山口县有一座很有历史的老宾馆的旧建筑,因有耐震问题,拆除工作今天已开始。有种种原因没法留传的东西还是有的。
かささぎ
2011/01/14 18:58
还第一次见到女的喜欢二锅头的&middot;&middot;&middot;
看来日本人不是非常在乎房价,在温州,人们有事没事就跑去看楼价涨了没,然后心里暗自算着自己的房子又赚多少钱了&middot;&middot;&middot;
我也觉得现在中国很多地方和日本泡沫化前非常像!
东京的房价还相对算便宜了,温州稍微中心点的地方200平就和东京差不多了,北京更别说了。中国的问题感觉很大了&middot;&middot;&middot;如果有可能,请上苍让我当暴发户吧&middot;&middot;&middot;
武侠迷
2011/01/15 22:09
武侠迷先生:我觉得二锅头的味道很像冲绳的泡盛酒。关于楼市,我确实没什么感兴趣,因为我胆子小,不愿意为房价一喜一忧。20年以前,不少朋友劝我买房子(当时外国人买房子有一些困难,可还是有办法的),我就不相信,更不愿意掏钱。看来我在哪里走错了路。
我想说一句,在中国室内装修为什么那么累呢?以前我的同事为了自己家装修天天发愁有时掉眼泪,看起来很痛苦的。
かささぎ
2011/01/17 00:48
上海崇明有一种老黄酒非常好喝,是那种低度的米酒,酸甜味,喝的时候根本不觉得是酒,不知不觉就喝多了,听同事说酒劲比高度酒还大...西安有一种稠酒,据说是用柿子酿的,纯白色,也是酸甜味,带点桂花味,特别香.
天涯&#35266;光&#22242;
2011/01/18 10:25
天涯观光团小姐:不知不觉就喝多了…!!我完全能理解那种感觉!!你提起的酒,我估计在北京买不到的,很少见的那种吧?我非常感兴趣,不知以后有没有机会?
かささぎ
2011/01/18 22:17
博主要是那么早就在中国买房了,现在就是暴发户了&middot;&middot;&middot;
因为室内装修掉眼泪?我还第一次听说呢。不过室内装修在中国真的很麻烦,因为很多人都选择自己买装修的材料,还有电器,家用品等等,又不想别人介入(省去了中间商的利润,自然省下不少钱,而且中国有很多K心的中间商,很坑人的)。自然,装修设计啊,电器摆放啊,家具摆放啊,都得自己来,所以装修的任务量非常非常大。估计你那同事装修的时候天天和丈夫吵架(这么多东西要买,要设计,要计算,自然很多地方夫妻两口分歧大),应该是因为这样才哭的吧。如果因为装修有什么好哭呢,应该扯起嗓门和K心的老板们较量较量才对啊&middot;&middot;&middot;&middot;&middot;
武侠迷
2011/01/19 17:54
武侠迷先生:你猜对了。我同事就是少了一块瓷片气哭的。她按照装修工的计算去买了瓷片,没想到动工后才知道瓷片不够,她连忙再去材料店,到店后才知道那种瓷片都卖光了。我估计她早就对那个装修公司很不满意的。
かささぎ
2011/01/20 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 十二家鉄帽子王(八大鉄帽子王以外)の王府の場所 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる