北京 故宮博物院 音声ガイド 王剛氏の話術

亭主とインコに「故宮に行こうよ」って言ってみたらにべもなく却下。ヤツらは悠久の歴史よりハイカラなスキーを選んだ。まあ、そんなものだろう。
中国の友人に「北京のどこに行ってきたの」と聞かれたので「故宮」と答えたら、「えー、なんで」と言われた。まあ、それが普通の反応だと思う。

皇居の参観も京都御所の参観も入場料こそかからないが事前の申し込みが必要だし、参観する時間にも制限がある。京都御所はいまだ縁がないが、皇居の参観に行ったときは、係の人の後についてちゃんと決められたルートを見学するようになっていた。もちろん肝心の奥のほうまでは行けない。

それに比べたら故宮はいい。基本的に年中無休だし(国慶節で閲兵式をしているときは知らないけど)、入場料は取られるけど、事前に申し込みをする必要がない。

入場料40元。これで朝8時30分から夕方4時30分まで目いっぱい参観してくるのであれば、高いって文句は言えない金額だと思う。(ちなみに夏期間は夕方5時まで、60元。また『三八婦人節』の日はレディスディ・半額なんだって)
故宮博物院のHP。
http://www.dpm.org.cn/shtml/542/@/96665.html
画像

このガイド冊子は別売り、5元。

日本の皇居と違って、北京の故宮に主はもういないのだけど、それでもしっかり「入っていいエリア」と「入ってはいけないエリア」に分かれている。故宮の中にもたくさんの門があって、見学できないエリアの門には鍵がかかっている。(そんな開かずの門の隙間を覗くと、何かの機関が入っていて普通に職員が歩き回っていたり、または建物自体が荒れていてなんとも良い風情になっていたり、もしくは修復中なのか工事をやっていたりする)

故宮って本当に広い。その敷地面積は全体で72万㎡、そのうち入っていいエリアを全体の3分の2ぐらいとすれば、東京ドーム10個分ぐらいになる。展示物もおいてあるし、場所ごとの歴史や謂れを丁寧に追いながら見学すると、朝から夕方まで頑張っても見終わらない。いつ行っても気が済まないというか後ろ髪を引かれる思いで帰ってくる。完全燃焼できないままディズニーランドから引き上げてくるときの気持ちに似ている。

もっと閉館時間が遅いといいのに。いっそのこと中で泊まれたらいいのに。じゃなかったら真夜中ツアーを作って欲しい。夜の紫禁城は怖いものだと本に書いてあるけど、想像しただけでワクワクする。

話が戻るが、家族に見捨てられため、結局お一人様で行ってきた。
1月1日。元旦。相変わらず地方や外国の観光客で賑わっていた。それでも午門をくぐってしまうと中はどどーんと広いので気持ち良い。三大殿(太和殿、中和殿、保和殿)前も押し合いへし合いとまでは行かなかったし、西六宮側ものんびりできた。意外と若いカップルやお一人様女性もいた。立派な一眼レフを抱えている人も多く、あれは写真の素材を探しに行っているのかもしれない。開かずの門の隙間からもなんとか写真を撮ろうとしている人を見ると、ああやっぱり故宮全体をくまなく見てみたいものだって考えている人は少なくないんだろうな、って思った。

画像

お一人様参観にも強い味方がいるってことに、この度初めて気が付いた。
音声ガイド。あるのは知っていたけど、値段が高いし難しそうだから、って諦めていた。

でも良く見てみたら使用料は10元だけ。100元って書いてあったのは保証金のことだった。

それに、もっとよく見てみたら、ガイドをしてくれるのは、な、なんと、天下の王刚(王剛)氏だった。
(この人の語りの旨さには昔から定評がある。ラジオがまだまだ主流だった頃、小説朗読で大評判となり、多くの人民がその番組を楽しみにしていたものだった、という話を聞いたことがある)

やったねっっ!!これは是非聞かせてもらわねばと思って借りてみた。

素晴らしいっっ!!まるで王刚氏に直接エスコートしてもらっているような気分。決して早口にならず、懇切丁寧で分かりやすい言葉をゆったりと優しくやさしく囁いてくれる。イヤホンはこそばゆい。耳元からがっちりハートを掴んでくる。

操作は一切必要無し。機械を見ただけで戸惑う欧巴桑でも大丈夫だった。たとえば養心殿の横を通ると、自動的に彼が養心殿の説明を始めてくれる。突然始まるからドキッとするというかときめくというか。そしてひとしきり喋った後で「さあ、お話はここまで。ごゆるりとご覧あれ」って突き放される。ツンデレ手法を巧みに使った揺さぶりはお見事。すっかり彼のペースに乗せられてしまう。

ただ、そのときに自分の立っている位置を把握しておかないと、さあ養心殿のどこを見たらいいのか判断が付かない。何々が見えるでしょって言われても、立ち位置によっては陰になっている場合もあるし。辺りをぐるぐる見渡しながら「王剛サマ、しばし待ってたもれ」って心の中で叫んでも、もうお仕舞い。音声は一回だけで二度とリピートしない。

また時々女性の声が割り込んできて説明するのが不満。せっかくの楽しいデートだと言うのに、若い女が現れて水を差していくようなもので、途端にしらけてしまう。
画像

とは言え、10元でここまで楽しませてくれるのなら、とってもおトク。ちなみにいろんなバージョンがあり、張家声という人の標準版、王剛氏の分かりやすい版、鞠萍さんのお子様用のほか、方言や外国語バージョンもある。日本語もちゃんとある(試し聞きをさせてくれないのが残念。外国語は料金も別?)

これ、王刚氏の説明。
http://baike.baidu.com/view/1878.htm#2
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

inside
2011年01月24日 12:09
你好!我是国内一家动漫媒体的记者,曾去日本留学过。想了解一下你对喜羊羊这部动画片(TV、Movie等等)的看法。不知道你能否写一篇文章,来对比一下你所看到的中日动漫。

欢迎用中文写!不过,用日语写也没有问题啊!

欢迎给我来信: songlei9999@vip.sina.com
欢迎来我的Blog:http://i.mtime.com/inside
かささぎ
2011年01月24日 23:29
inside様:コメントありがとうございます。先日日本の夕方のニュースを見ていて「喜羊羊」が出てきてビックリしました。中国で人気あるアニメキャラは何か、という話題だったのですが、1位がドラえもんで、2位が喜羊羊で、3位がミッキーマウスだったという話です。喜羊羊の印象ですが真面目に考えて見ようと思います。映画版喜羊羊3上映中なんですね。
これからそちらのブログを拝見させていただきます!
天涯观光团
2011年01月27日 14:17
话说前天朋友带孩子去看最新的<喜羊羊>电影,大人看得很开心,孩子完全提不起兴趣,原因是电影院里音效太逼真,又黑古龙洞的,刚满三岁的孩子非常害怕...
inside
2011年01月27日 15:03
谢谢您的回复哈!现在已经回日本了么?还会回到中国么?在哪里上学呢?
kyo
2011年01月28日 10:10
楼上的没看过这里的博文吧?
居然问“在哪里上学呢?”
かささぎ
2011年01月28日 13:12
天涯观光团小姐:你说得很对。和我头一次带女儿看电影的时候完全一样。我女儿当时三岁,特别怕黑,完全坐不下,要回家。后来我一直等待她六岁的时候。孩子长大了很好带,可是她会找闲事,我看电影忍不住掉眼泪,她又大声的问“妈妈为什么哭呢”带孩子真受罪。
かささぎ
2011年01月28日 13:45
inside先生:我已经看了你的博客,可内容很深,又丰富,我还没看完。不过我以后会常常访问你的。知道了喜羊羊3评价很高,我特想看。我现在已回日本,有事没事拿出在北京拍的照片写写博文,因为我记性不好,自己看过的想过的要记录,以免以后想不起来。关于动漫的想法,我刚写完了,很抱歉,我用了日语。我是一个欧巴桑,20年以前在北京读过书。我写博客的事,除了女儿,一个朋友和一个学长以外都不知道,连我丈夫都没告诉。博文内容很琐碎,缺少统一感,我又故意没发表个人档案,我一点也不怪你,反倒要谢谢你,你把我当成个学生!
かささぎ
2011年01月28日 13:53
kyo先生:春节假的准备好了吗?我这日本一点没有春节气氛,很不给力。我最近又开始看中国电视剧,可是要看的太多,时间总不够。
武侠迷
2011年01月28日 14:49
博主连给力都学会了···真给力···博主在日本啊,没打算在中国过春节吗?
かささぎ
2011年01月29日 16:58
武侠迷先生:我和北京的缘分一晃20多年,可是我赶上北京的春节只有两次。我特别喜欢北京的庙会。当时为了享受贺岁气氛,我天天冒着寒风赶庙会。
算了,我还可以看春晚,算很幸福。
武侠迷
2011年01月29日 21:27
博主别太沮丧哦,春节其实也没什么特别带劲的,就是一种很祥和的气氛,最热闹的是元宵节,元宵就是要闹的,是最热闹的时候。那时庙会中国到处都是,到处都很好玩的。博主也信缘分啊,我能在60亿人中在博主的博客里留言也是缘分,哈哈。
另外我和博主说个大发现,我以前还没注意到。博主的文章翻译版被放到天涯上的时间原来才3天,3天之后那位翻译先生就停止翻译了,并且他禁止了网友评论(天涯上是评论一条留言就会将该文章放在该板块的第一位的)。也就是说博主的文章在刚开始的3天里就有了将近7万的点击和600多条的回复,并且在没有被置顶的情况下···如果那贴能继续下去博主就成明星了···
kyo
2011年01月31日 10:22
かささぎ桑开始使用“给力”一词了啊!
今天最后一天了,整个公司不超过10个人吧。没事情做,就是上网了。
昨天在家看了一整天的惊悚片、恐怖片,看了6部吧,都不觉得好看。
看电视剧的话,要有时间,我喜欢一下子看完。不太喜欢看的地方就跳过去了,30集的电视剧两天就可以看完了。
かささぎ
2011年01月31日 12:18
武侠迷先生:中国的元宵也特别好玩,尤其是放烟火。印象最深的,就是吵得耳朵都快聋的又大又粗的那种。我特别怕火,不过很喜欢看别人放的样子。我很佩服直接拿着鞭炮点火的人。
天涯上发表译文,都是那位翻译先生的功劳。因为有几种因素搞得很复杂,我尊重他最后的选择。我觉得这网络的世界很复杂,很难分别真假,很难控制人心,最近听到非洲的报道,我最担心的,就是直接影响到我们的自由交流。
かささぎ
2011年01月31日 12:39
kyo先生:今天你可以享福了!请替我向你10位同事问好!
我刚看完了十月围城,觉得还行,可心里难受。
你真厉害,一天看完6部,而且都是恐怖的。我可能受不了,所以不问你了,可是如果有什么好看的电视剧(我暂时不看杀来杀去的),情你介绍介绍。
武侠迷
2011年02月04日 13:59
在中国的网上我是不怎么在乎别人所说的,因为网上的言论都是在没人监督的情况下说的,甚至只是一种情绪的发泄而已。所以在中国的网上我只是取其精华,去其糟粕。并不会特意去区别真假,很多人甚至认为虚拟和现实是分开的,就像电视剧不等于现实一样。博主要是到中国的网上来,依照博主在天涯的受欢迎程度,和博主交流的人都不知道是几万还是几十万甚至更多···博主要是都去分辨真假就睡觉都没时间了。另外,中国朋友间网上交流现在最流行最频繁的是腾讯QQ和新浪微博,那些东西里面都是所谓的“隐私”呢,中国人是不是隐私观念比较薄弱?。
今天是立春,祝博主新一年美美满满,幸福快乐!中国的亲朋团多庞大博主肯定见过,我又要去七大姑八大爷家拜年去咯。

この記事へのトラックバック