北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 故居をどう守る 八道湾胡同の魯迅故居は新・三十五中に組み込まれる

<<   作成日時 : 2009/07/15 19:08   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

その後も新京報では著名人の故居をどうやって守るか取り上げている。7月14日の記事。
北京市政協は2005年旧城4区にある“名人故居”308ヶ所について調査をした上で「北京名人故居保護与利用工作的建議案」を採択している。その建議案には故居全体の4分の一が保護状態が良くない「雑院(複数家庭による雑居状態)」だと書かれているという。

北京に現存する故居はほとんどがアヘン戦争から新中国成立前後の時代のもの。
2005年現在で、旧城区内308ヶ所の故居のうち、189戸がまだ文物保護の範囲に入っていなかった。さらにその半数近い97戸がすでに取り壊されてしまった。

調査された名人故居状況の一部(2005年の調査なので若干異なるところあり)

名称       住所               級別    現況
老舎故居    灯市口西豊富胡同19号   市級    記念館
蒋介石故居   交通口后円恩寺胡同7,9号 市級    商業用(友好賓館)
孫中山故居   張自忠路23号        市級    商業用(招待所)
左宗棠故居   西堂子胡同25-37号    市級    単位の事務所・勝手に改造                 
陳独秀故居   北池子大街箭杆胡同20号 市級    複数家庭による雑居状態・勝手に増改築
蔡元培故居   東堂子胡同75,77号     区級    “単位”の宿舎
郭沫若故居   前海西街18号        国家級   記念館
馬連良故居   復興門内大街54号     調査段階  商業用(飯店)・改築されている。
張学良故居   文昌胡同15号        調査段階  “単位”の事務所
溥儀故居    東冠英胡同40号       ――    すでに取り壊し
譚嗣同故居   北半載胡同41号       区級   複数家庭による雑居状態・勝手に増改築
梅蘭芳故居   鉄樹斜街101号       調査段階 複数家庭による雑居状態雑院・未修理
                                  梅蘭芳が生まれた部屋は現存
李蓮英故居   東興隆街52号        区級    “単位”の事務所・李蓮英の“外宅”であった場所。
                                  現在同仁堂集団が使っている
大刀王五故居  西半壁街13号       調査段階  複数家庭による雑居状態・未修理
                   源順鏢局旧址でもある・一部勝手な増改築、一部に子孫が今も住んでいる
曹雪芹故居   広渠門大街207号     調査段階  すでに取り壊し・旧式住所は蒜市口16号だった。
                       2000年道路建設で消えてしまったが元の場所より北側に再建される予定。

※蒋介石故居の写真はこちら。(友好賓館の看板が掛かっているが現在は経営していない)
http://www.sywx.net/viewthread.php?tid=21728
※孫文故居(地図には孫中山行宮xinggongとある)の写真はこちら。http://33665307.at.webry.info/200812/article_4.html
※左宗棠故居は現在「婧園雅築賓館」になっている。外国人が沢山泊まっていた。写真はないが説明はこちら。http://33665307.at.webry.info/200906/article_22.html
※陳独秀故居の写真。http://www.bj616.cn/brief.asp?ID=2572
※蔡元培故居の写真。http://33665307.at.webry.info/200906/article_21.html
※張学良故居の写真。http://33665307.at.webry.info/200904/article_9.html
※譚嗣同故居の写真。http://33665307.at.webry.info/200906/article_14.html
※梅蘭芳故居(鉄樹斜街)の写真。http://33665307.at.webry.info/200906/article_28.html
※李蓮英故居の写真。http://www.dianping.com/shop/1769128
※大刀王五(1844〜1900)。回族。霍元甲と並ぶほど有名な北京の武林名侠。義和団愛国運動に積極的に参加した。 鏢局とは:セキュリティー付き運送会社みたいなもの
詳しい説明は百度で。http://baike.baidu.com/view/63623.htm
大刀王五故居の写真。http://bbs.tiexue.net/post2_1573624_1.html

さて、新聞では故居を幾つか紹介している。
@毛沢東故居。東城区景山東街三眼井吉安所左巷8号。1918年秋、毛沢東が始めて北京に出てきたとき蔡和森ら8名でここを借りて住んだ。毛沢東故居と聞けば聞こえがいいが実際はとても“低調didiao”な雰囲気。市級文物保護単位ではあるが、複数の家庭で構成されている個人宅でもあり、看板すらでていない。記者が特別に1分間だけという条件で入れてもらったところ、敷地内にある“北房3間”については、ガラスドアに改装されてはいるが全体的には当時のままだとわかった。だが敷地内には、増改築が勝手にされた建物もあり、とても乱雑な印象を与える。消防安全の面から見ても問題がある。

A洪承疇故居。東城区地安門東大街南鑼鼓巷59号。洪承疇は明代末年の大将、清軍と決戦し捕虜となり清に下った。この建物の門は方磚廠胡同東側道路北側に面しており、鉄獅子が2体置いてある。敷地内の建物は改築が行われており、300年間そのままなのは北房の3部屋だけ。雨漏りがするが修理されていない。ここは文物保護単位ではないし看板も掲げていない。ここも個人宅になっており、現在6家庭が入っている。敷地内の建物は20ほどあり住民が建てたもの。

B康有為故居。宣武区米市胡同43号。ここは広東南海会館であった。戊戌の変法で失敗するまで康有為はこの敷地の北側中間に位置する“七樹堂”と呼ばれる小院に住んでいた。現在この敷地内には117戸が生活しており勝手な増改築が非常に多く雨漏りがする状態。ここに30年住むおじいちゃんの話では、故居には元の建物や石獅子や假山が有ったが、文革やその後住み着いた住民によってほとんど壊されてしまったとのことだ。

C魯迅(八道湾)故居。西城区八道胡同11号。1919年8月、魯迅はこの大院を購入し、4年近くここに住んだ。「阿Q正伝」など有名な著作がここで行われた。現在約50戸が住んでいる。ここの住民は解放後に“単位”からここを住居に割り当てられた人たちだ。後から勝手に建てられた建物のせいで、ここが四合院であるとはわからないほど乱雑になっている。二人いっしょに歩くのがやっとなほど狭い。
今年6月26日に西城区房管局が取り壊し公告を出しており、“拆遷”が決まってしまった。現在住んでいる建物1uあたり2,5万元ぐらいの補助が出るが、個人が勝手に建てた建物は認められないため、実際には充分な補助金が出ず、新居を探すのは大変だと言う。
また三十五中の新しい転居先の敷地範囲にはこの八道湾胡同11号が含まれている。三十五中の校長の話では、この故居を整理・復元し図書館及び閲覧室として残したいとのこと。正式な工事は文保部門の具体的修復案にそって来年1月から始まる予定であるとのことだ。

八道湾11号、昔の写真。
画像


ちなみに三十五中の引越しについては前から話題になっていた。金融街を拡張するため学校を移転させようというものだが、このときも反対意見が新聞に載った。「北京には再開発している地域が他にもある。例えば北京東側のCBD(北京商務中心区)。先日このCBD開発も更に東側に広めようという計画が出たばかりではないか。金融街とCBDでは何処が違うのか。同じような目的で開発されている金融街を今後更に拡張させる意味はないのではないか」というものだった。
三十五中の引越しニュースはこちら。
http://www.thebeijingnews.com/news/beijing/2009/06-30/008@032716.htm

この手の報道は今後も続くのかもしれないが、外から見ただけではわからない、色々な問題があるのだなあと思った。毎日変化する北京。かささぎが最初に書いたブログネタは八道湾胡同だった。速い展開についていけないよ。写真を撮りたい人、今のうちにみておきたい人、どうかお急ぎください。

それにしても北京の散歩は面白い。一体どれだけの故居や文物保護単位があるのだろうか。
北京のお役所で「故居ウォークラリー」大会を開いたり、「文保スタンプラリー」地図を配ってくれたら、喜んで参加する人が大勢いると思うのだがいかがだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 故居をどう守る 八道湾胡同の魯迅故居は新・三十五中に組み込まれる 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる