アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
中国 茅盾の直筆原稿
茅盾って一冊も読んだことがない。中国国家博物館で蝋人形になっているほどの大作家なのだから、読まなきゃダメだって思うのだけど…難しそう。面白いですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 20:01
北京の春餅 二十四節気 中国のユネスコ無形文化遺産
春饼。学生やってた時に学校側がわざわざ用意して食べさせてくれた。持ってきてくれたのは满族の老北京人だった。今思えばもっと感謝してしっかり味わって食べればよかった。何よりもっとお話を伺っておけばよかった。 立春に春饼を食べる習慣。かささぎが持ってる金受申という人が書いた「老北京的生活」にも載ってる。それによると、たれは「生酱」か「甜面酱」、ねぎはできれば「羊角葱丝」、中に巻く具は「熟肉菜是酱肘子&#... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 00:28
北京の中学生が読む本  小説「紅岩」 ドラマ
北京の中学生が読む本  小説「紅岩」 ドラマ 寒波がやって来るって聞いて嫌だなあと思っていたが、今回関東は免れたようでほっとした。もしやと思って新京報をのぞいてみたら、−17℃って書いてあった。それじゃあ眼鏡もマスクも凍るに違いない。 台湾や香港も寒かったそうで、特に香港の3.3℃には驚いた。中国の南の方はセントラル暖房なんてついてないから冬の室内は結構小寒い。それが10℃を切るようになると手足がかじかんで何もしたくなくなる。湯たんぽを抱いてベッドに上がって布団をかぶってるか、思い切って外出し歩き回って体を動かしていた方がいい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/01/25 14:37
1943〜46年老北京 「いずこより 自伝小説」瀬戸内晴美著
1943〜46年老北京 「いずこより 自伝小説」瀬戸内晴美著 図書館に入ってすぐ目についたのが「寂聴中国再訪」という本だった。これはと思って借りてみた。戦時中の北京と文革中の北京と2002年の中国訪問時の話が書いてある。占領されていた頃だけ詳しく書いてあるわけではなかったのだけど、「いずこより 自伝小説」っていう本の存在を知れて良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/15 12:32
北京 絵本・猫兒事務所(猫の事務所) 竈坑猫(かま猫)
北京 絵本・猫兒事務所(猫の事務所) 竈坑猫(かま猫) 宮沢賢治のお話でインコが好きだったのが「北守将軍と三人兄弟の医者」と「猫の事務所」だった。三人のお医者の話は、特に治療の様子が不思議で面白いから、インコには大うけだった。 猫の事務所の話の方は、読み終わるときまって「かま猫ちゃぁぁん!」て本に呼びかけるものだから、見ているこっちが癒された。もうだいぶ昔のことだけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/29 18:04
北京 中関村 本屋 ウォーリアーズ 立ち乗り二輪車
北京 中関村 本屋 ウォーリアーズ 立ち乗り二輪車 中関村の地下鉄は知っていたが、中关村一桥にあんな立派な歩道橋が架かったのは知らなかった。あの辺は道路工事と地下鉄工事と人の混雑で横断歩道を渡るのがとても大変だったから、歩道橋を設置するのも当然と言えば当然なんだろう。以前は旗をもって誘導する係のおじさんがいたのだけど、いつも殺気立っていて、勝手なことをしたりもたもた歩くと叱られたものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/21 13:53
郭沫若とをとみの引っ越し をとみの性格
郭沫若とをとみの引っ越し をとみの性格 「をとみは郭沫若のどこが好きだったんでしょうね」ってとある人に聞いてみたら「顔だったんじゃないでしょうか」と言われたことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/11 05:42
桜花書簡 郭沫若 機会主義
桜花書簡 郭沫若 機会主義 北京の学校で勉強していたとき、高级口语の先生が魯迅の名前を言うときは「鲁迅先生」と“xiansheng”付きになるのだけど、 郭沫若の名前を言うときはなにも付けなかった。だからなんとなくかささぎもそうなっちゃう。   ……… 親の意向に従って郭沫若が結婚したのが1912年(明治45年)の春節休み。郭は20歳(中国は数え年で言うことが多いからめんどくさい。正確に言うと19歳と3か月前後)。相手は張琼華という女性。ある本によると当時15歳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/20 09:19
我的結婚 郭沫若
我的結婚 郭沫若 北京のお散歩って超楽しかった。故居や記念館もあるし。ただ、かささぎは無知だからその価値をちゃんとわかっていない。例えば郭沫若故居。四合院の建物の中に、当時のりんだおが会議を開いた部屋が保全されていたり、著書や研究文書や墨書が展示されていたりするのだけど、難しかった。すごい天才に違いないってことは伝わってくるが、とっかかりを見つけられずもやもやしたままだった。庭にいた子猫をいじって遊んできた思い出になってる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 00:34
卒業撕書節 教科書を破り捨てるか
卒業撕書節 教科書を破り捨てるか インコが小さいときに読んでいた中国の絵本。もう使うこともないだろうから、どうせなら状態が良いうちにと思って、図書館に寄贈してきた。いろんな理由からリサイクルに仕分けされる可能性もありますって説明を受けたが、願わくば本棚行きになってほしい。すべてピンイン付だから、いろんな人に使ってもらえると思うんだけどなあ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/04 14:50
新京報 日・中・韓平和絵本「へいわってどんなこと?」「ぼくのこえがきこえますか」
新京報 日・中・韓平和絵本「へいわってどんなこと?」「ぼくのこえがきこえますか」 新京報では週一で本の紹介をやっている。8月17日の新京報に写真付きで紹介されていた絵本は、田島征三氏の《你能听见我的声音吗?》「ぼくのこえがきこえますか」だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 23:17
山海経は難しい、でも面白い。
山海経は難しい、でも面白い。 魯迅先生が生まれて初めて手に入れたという大切な思い出の本。それが「山海経」。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/08 17:58
「愛哭鬼小隼」(泣き虫ハァちゃん)という本
「愛哭鬼小隼」(泣き虫ハァちゃん)という本 新京報には時々図書の紹介記事が載るのだけど、それには中国国内の本だけではなくて、外国の本も含まれている。せんだって載っていたのは《爱哭鬼小隼》という本。日本の本で原題は「泣き虫ハァちゃん」。心理学の有名な先生が書いた本なんだって。 百度の説明は以下の通り。 http://baike.baidu.com/view/9707597.htm ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/16 17:53
中国 小説・金瓶梅 天下凶徒人食人 
中国 小説・金瓶梅 天下凶徒人食人  インコに見つかった。金瓶梅を読んでるところ。 チューをしている怪しげな表紙なもんだから、探るような目で睨まれた。 「ちゅーごくの古い本なのよっ」って慌てて取り繕ってみたものの、視線は冷たいままだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/10 22:18
豊乳肥臀 魔幻現実主義の莫言氏 インコに軽蔑された
豊乳肥臀 魔幻現実主義の莫言氏 インコに軽蔑された 図書館から借りてきた本のタイトルを見てインコが「わっ、キモっ!」って言った。「豊乳肥臀」。 「豊かなおっぱい大きなお尻」。「ボンキュッボン」ってやつ?ブラジル女性の理想スタイル?ギリシャ彫刻とか?シギリヤ・レディとか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/02/02 10:45
中国 2012年作家印税番付 鄭淵潔 莫言 楊紅櫻 郭敬明
中国 2012年作家印税番付 鄭淵潔 莫言 楊紅櫻 郭敬明 新京報11月30日の記事に今年の中国作家の印税ランキングが出ていた。 莫言氏はノーベル賞効果で初のトップ3入りを果たしたのだそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 01:59
鋼鉄はいかに鍛えられたか(鋼鉄是怎様煉成的) 小学生の読み物
鋼鉄はいかに鍛えられたか(鋼鉄是怎様煉成的) 小学生の読み物 なんかずーっとすっきりしない。夏のアレから。ぐるぐる考えている。なんであーなっちゃったのか。 それで本を読むことにした。中国の小学生が読む本を。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/14 05:40
漫画本「とりぱん」  インコが男の子だったら
漫画本「とりぱん」  インコが男の子だったら 中総体前に応援団が即製結成される。壮行会では女子も学生服を着て気勢を上げるのが恒例。 インコもクラスの男子から借りた。学ラン姿なんてもう二度とないだろうから記念に写真を撮った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/18 10:29
「四世同堂」でわからなかったこと 昭和飴 友達10人
「四世同堂」でわからなかったこと 昭和飴 友達10人 小説「四世同堂」を読んでいて、気になったことが沢山あった。全部調べるのは大変なので、いくつか選んで検索してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 02:46
中学生のバレンタイン 「村田エフェンディ滞土録」
中学生のバレンタイン 「村田エフェンディ滞土録」 昨日インコはチョコを型に流し込んだりデコレーションを付けたりと大騒ぎだった。苦ではないらしいのだけど、30人分ともなるとどうしても時間がかかる。台所いっぱい甘い匂いにしながら、結局夜中1時まで頑張っていた。どうせ後片付けなんてしないんだから、手助けするのは遠慮しておいた。今朝は今朝で手提げかばんに小分けした袋をごっそり入れて嬉しそうに出かけていった。校内で友チョコ交換をするのは学校側も“睁一眼闭一眼”でいてくれるらしい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/15 01:13
四世同堂 気になる最後の13章 老舎記念館のおじさん
四世同堂 気になる最後の13章 老舎記念館のおじさん 言っておくが、北京で散歩したり見学したりするときは自分なりに行儀良くするように心がけている。「だから日本人って奴は」なんて後から言われたくない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/03 15:05
北京 食在宮廷という本 皇帝の食事
北京 食在宮廷という本 皇帝の食事 中国で出版された「食在宫廷」(爱新觉罗浩 著)という本を持っていたはず。急に読んでみたくなった。それで、大汗かきながら押入れの中を探したんだけど、結局出てこなかった。 こういう時って、自分のだらしなさに腹が立つ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/27 23:08
中学生マット運動 小説「潜伏」
中学生マット運動 小説「潜伏」 インコは連日忙しい。部活もあるし塾もあるし研修まで入っている。帰宅したらフロに入って飯を食って勉強して寝る。毎日良いことばかり起こっているわけではないが、充実した生活を送っているのは確か。反面、どうも調子が出ないのはかささぎのほう。すっかり置いていかれた感がある。手伝ってやれるものが無くなってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/10 12:26
帯着問題生活,因為這就是生活。
帯着問題生活,因為這就是生活。 地震染め。インコはかささぎの頭をそう呼ぶ。 なんでかというと、あの3月11日地震が起こったとき、かささぎはちょうど白髪染めをしていた。かっこ悪いから逃げ出したくない気持ちと、やっぱり恐ろしくて逃げたい気持ちとが葛藤して、結局ダサい頭で玄関を飛び出してご近所から同情を買った話は以前書いたとおり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/04/26 12:02
北京 宮廷の生活 裕徳齢 ドラマ「徳齢公主」
北京 宮廷の生活 裕徳齢 ドラマ「徳齢公主」 先日「這里是北京」という番組を見ていて裕徳齢という人物の存在を初めて知った。図書館に行ったら丁度本があったので借りてきた。この女性は女官として西太后に仕えたが、その後アメリカに渡ってその宮廷生活を本にして出版したいう人物。かささぎが借りた本には「本人の創作も混じっておりすべてを史実として読むべからず」と訳者の前置きがあったが、それでも清朝の宮廷の暮らしってどんな感じだったのか、読んでいて結構面白かった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/16 00:30
中国 新華字典の透かし(水印)ページ
中国 新華字典の透かし(水印)ページ 北京のスーパーでは新学期シーズンになると、文房具以外に「新華字典」も山積みにして売り出す。大きなピラミッドに積んでみたりしてなかなか芸術的。ちょっとした風物詩。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/11/08 14:06
北京 おさるのジョージ、ディズニー絵本など 達達星人
北京 おさるのジョージ、ディズニー絵本など 達達星人 開けたくないダンボールがある。読むか読まないかわからない本のダンボール。中国で買った日本観光用ガイド本が見たくなって先日そのダンボールを久しぶりに開けた。そしたらインコの本もどっちゃりでてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 17:25
日本 キングオブ教科書「ごんぎつね」 北京 語文の教科書「去年的樹」
日本 キングオブ教科書「ごんぎつね」 北京 語文の教科書「去年的樹」 小学生新聞にこう大きな見出しが載った。 何故“キングオブ”と言えるかというと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/10/18 12:30
北京 豊子ト(丰子恺)の漫画 語文の教科書
北京 豊子ト(丰子恺)の漫画 語文の教科書 当時4年生だったインコが北京で使っていた国語(語文)の教科書。人民教育出版社。 かなり面白い。例えば「銭塘江の大逆流」。例えば「張家界」。例えば世界最大の峡谷「雅魯藏布(ヤルザンブ)大峡谷」。ヤルザンブなんて聞いたことすらなかった。でもコルカ峡谷より、コロラド大峡谷よりも規模が大きいのだそうだ。川床の平均海抜が3000m以上って一体どんな所だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/04/22 12:38
北京 「O型人説明書」という本  血液型
北京 「O型人説明書」という本  血液型 占い屋さんが苦手。なぜなら全部信じてドツボにはまりそうだから。 だから星座占いや血液型占いも嫌い。と言うか怖い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/23 11:46
漫画本 「テルマエ・ロマエ」と「日本人の知らない日本語」
漫画本 「テルマエ・ロマエ」と「日本人の知らない日本語」 アメリカの本屋さんって座ってゆっくり読んでいいらしいと最近知った。 タダで好きなだけ本が読めるのは北京だけじゃないんだ。(北京なんて問題集の問題を書き写している熱心なお母さんがいるくらいオープン。それでも商売が成り立つから凄い) 日本の本屋さんにもイスを置いて欲しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/23 06:05
北京 09年に人気だった本のランキング
北京 09年に人気だった本のランキング いつも沢山の情報を教えてくれる新聞「新京報」。 流行っている本も教えてくれる。 09年人気書籍ランキング。(この記事は09年12月26日) http://epaper.bjnews.com.cn/html/2009-12/26/content_47917.htm?div=-1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/12 00:52
北京 「窗辺的小豆豆」 トットちゃんと昭和
北京 「窗辺的小豆豆」 トットちゃんと昭和 留学すると日本語学科の学生と「互相幇助」と称し、お互いの勉強の協力をしあうことがある。外国人留学生と中国人学生の交流がきっちり管理されていた当時、馬が合う勉強友達に出会うまでちょっと苦労した思い出がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/01/26 00:20
北京 クレヨンしんちゃん 子供向けの本
北京 クレヨンしんちゃん 子供向けの本 冬の北京であったらいいなあと思うものにコタツがある。ショッピングモールでは畳(イグサのムシロじゃなくて。ちゃんと厚みのある畳)を売っていたりして、ここまで来たかと感心したが、コタツはまだ見かけなかった。 日本のアニメがあれだけ普及していて、たまにコタツなんかも登場しているくらいなのだから、北京でもコタツが流行ってくれたらいいのになあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/27 12:45
北京 子供向けの雑誌 中国少年報
北京 子供向けの雑誌 中国少年報 北京で勉強していた当時の話だが、ある日インコがぷりぷり怒りながら下校してきた。訳を聞くと英語の先生が「サンタクロースはいません、作り話を信じないように」と言ったのだと言う。中国ではサンタも「迷信mixin」と分類されるのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/18 11:00
北京 小学生 笑い話の本 「笑死我」と言えるか
北京 小学生 笑い話の本 「笑死我」と言えるか 「環境が変るたびに死にそうな思いをする」と真面目な顔で語ったのは不器用人間の代表「許三多」だった。それはさすがに言いすぎだ(太誇張了吧〜)、そう思っていた。こちらの生活に戻ってはや1ヶ月。かささぎのリハビリは想像以上に四苦八苦。友人も気を使ってくれているようでちょっと肩身が狭い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/23 16:45
北京 小学生作文 佐藤さとる氏の「誰も知らない小さな国」翻訳本
北京 小学生作文 佐藤さとる氏の「誰も知らない小さな国」翻訳本 娘のインコは北京の小学校に通い始めてからもうすぐ2年になる。来た当初は何でも手取り足取り教えてあげなければいけなかった。その後3ヶ月で授業中に先生が何を求めているのかが理解できるようになり、半年でお友達の話が聞けて自分の意見が伝えられるようになり、一年で自由に会話できるようになった。自由に話せると世界が広がるようだ。その後はあっという間に現地人レベルになってしまった。正確に言うと、決して現地人レベルにはなってはいないのだが、かささぎから見ると充分凄いな、と思えるのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 07:37
中国 4年生国語の教科書 命について
先ほど日本の国語の教科書に載っていた「新しい友達」は「優しい」話だと書いた。 では最近インコが習っている中国の国語の教科書(人民出版社)はどうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 20:56
北京 「日本の教科書」天国と友諠商店
北京 「日本の教科書」天国と友諠商店 建国門にある日本大使館広報文化センターに行って来た。 新学期の日本の教科書を貰いに。無料で。全部で9冊も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 01:15
中国 漫画ドラゴンボールの歴史
中国 漫画ドラゴンボールの歴史 向学の為に貰ってきて読んでいるのは「新京報」という朝刊。タブロイド型でその日によって車特集、不動産特集、芸能ニュース、国際ニュースのページが挟まり結構厚くなる日もある。今週金曜日の新聞はざっと数えて70面(紙面広告含む)あった。特集は他にもあったが、ドラゴンボールにも11ページ割かれていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 02:02
北京 小学校 猛烈な国語の先生
北京 小学校 猛烈な国語の先生 インコの学校の先生方はとても個性的だ。かささぎはインコの下校を毎日とても楽しみにしている。毎日夜7頃までかかる宿題を持ってくるのに、ついつい深く聞きすぎて話が長くなってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 01:04
北京 4年生 国語(上)の漢字400個
北京 4年生 国語(上)の漢字400個 北京小学生の国語の教科書は、北京師範大学出版社版と人民教育出版社版の2種類ある。 うわさによると、人民教育のほうが若干難しいと言われているが、実際に先生がどこまで広げて説明し覚えさせるかで違うだろうから、そんなに差はないと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/27 19:47
北京 本屋へ 子供に人気の作家楊紅桜さん
北京 本屋へ 子供に人気の作家楊紅桜さん 北京駅の利用者数が上昇を続けていたが、昨日から少しずつ減少しだした。行きのピークは超えている。 北京にいる人が大分減ったのだろう、バスの座席もガラガラだ。道路もかなり空いていて、オリンピックの開会式9時間前から交通規制をかけた時のことを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/25 16:32
北京 小学生 読書事情と日本発信の絵本 
北京 小学生 読書事情と日本発信の絵本  中国の本の中では教科書の地位が高い。「読書dushu」と言ったらどくしょ、ではなくて教科書を開いて勉強することを先にイメージしたほうがいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 23:25
北京 小学生 教科書地獄
北京 小学生 教科書地獄 北京の小学校の教科書について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 13:24

トップへ | みんなの「本」ブログ

北京で勇気十足 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる