北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 魯迅も愛した稲香村の点心 お菓子の名前 京八件

<<   作成日時 : 2017/01/30 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新京報では春節前の稻香村と隆福斋を記事にしていた。
●稻香村で“京八件”を買うために俩小时も並ぶ。午後になると売り切れるから早朝5時から並ぶ人もいるほどの大盛況。箱詰めセットを買ってもいいし、自分で選んで詰めてもらってもいい。価格は30〜220元といろいろ。
京八件(おめでたい字がついていたりおめでたい形になっている8種類の点心。福字饼・禄字饼・寿字饼・禧字饼・佛手酥・如意酥・枣花酥・祥云酥)のなかで一番人気はお花の形の枣花酥。これを贈ると必ず喜ばれる。

●隆福斋
传统糕点店である隆福斋(場所は北海公园东门外的胡同里)。入口の看板に大きく書かれた糕点は、桃酥・饹馇饸・年糕坨・老面包・蜂蜜蛋糕・烙糕、蜜三刀・自来红自来白・关东糖など。ここで売られる点心のほとんどが500gで5〜8元。中でも人気なのは饹馇饸。客の半分はこれを買っていく。饹馇饸とは「煎饼的深加工食品、是一种比老北京城还老的北京特色食品」。「子供はおやつに、大人は酒のつまみに。また砕いて餃子に入れてもいい」。また排叉はこの店で一番人気の商品。腊月二十九にとっくに売り切れた。排叉儿とは「是一种长方形的薄面片食品(多为两层),中间有三道口子,面片的一端从口子里掏出,用油炸熟。」昔の人が「全凭手艺制将来,具体面微哄小孩。锦匣蒲包装饰好,玲珑巧小见奇才。」と詩に書いて褒めた。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2017-01/28/content_669616.htm?div=-1
……………

昔は北京のお土産(食べ物系)が分からなくて困ったことがある。土産物屋で売ってる茯苓夹饼っておいしいと思わなかったし、北京駅周辺で売ってる果脯も見た目が貧弱で、こんなので御免、って思いながらあげた思い出がある。

今はいいなあ。なんでもあるもの。稻香村のお店も綺麗になった。種類が多くて店に入っただけでテンション上がる。多すぎて名前が全然覚えられないけど。
でも桃酥は覚えられた。普通のクッキーよりもっとさっくさくで超うまい。間違いない。
それと状元饼。頭がよくなりそうなネーミング。ゲン担ぎにぴったり。中身の枣泥馅も大好き。
それから細長い形をしている牛舌饼も覚えやすい。ちょっと独特な香りがして変わっている(HPには香辛料が入っていると書いてある。花椒粉は入っているらしい。牛タンは入っていない)。
HP:http://www.daoxiangcun.com/?page_id=516

ところで。阿龙がラジオで稻香村で人気ある点心を紹介していた。
ネット通販で人気があるのは、八瓣枣花酥・牛舌饼・山楂锅盔で、値段が安くてお手ごろなのがK麻椒盐饼・豆沙酥・山楂锅盔だという。
それで一応天猫と京东を見てみたら、ほかにも稻香通宝・绿豆潮糕・栗蓉酥・南瓜酥・黄油枣泥・蜜蜂蛋糕が大きく載っていた。今度お店で買うことがあったら参考にしようと思った。

京八件の写真:
画像

画像

画像


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 魯迅も愛した稲香村の点心 お菓子の名前 京八件 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる