北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 三環半路 バス専用レーン 長距離バス

<<   作成日時 : 2017/01/29 16:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年9月に北京市が発表した「十三五时期重大基础设施发展规划」では、道路の説明もしている。
・三环半について。北京のひどい渋滞を解消するため、主に四环の内側に骨干道路网を造る計画がある。それに含まれているのが三环半の建設。ルートは土城路〜西大望路〜石榴庄路〜万寿路。
・通州城市副中心の道路について。广渠路の2期東側延長工事や、观音堂路や、潞苑北大街と姚家园路を繋ぐ工事を行う。
・長距離バスターミナル。北京市中心区に集中していた、長距離バスのバスターミナルを五环の外側に移転させる。
…………
●北京に「三环半」ができるという話。
石榴庄路は南三环と南四环の間にある幹道で、全長3.9q、制限速度60q。一部開通しているが全面開通は2015年末の予定。石榴庄路は三环半の一部である南側の区間に該当する。将来は康辛路・万寿路・北土城路・西大望路などと繋がって北京を一周する道路となる。三环などは立体交差の構造になっているが、三环半には交差点もあれば信号も取り付けられる。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-04/15/content_571992.htm?div=-1
地図も。
画像


●2016年6月16日大型橋梁“和力之门”(橋長1364m、支間長639m。場所は永定河)の基礎工事に着工。
长安街とそれに続く道路(東は通州区运河广场から西は首钢东门まで)45qを「神州第一街」と呼ぶ。このたび行われている长安街西側延長工事によって长安街は门头沟三石路まで6.5q伸びることになる。完成すれば全長52.5q、つまり105里となり、本物の“百里长街”になる。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-06/18/content_640101.htm?div=-1

●2016年9月27日の記事。
9月20日に始まった三环路、京藏高速、京港澳高速の路線バス専用レーン工事。10月10日から運用が始まる。今回で三环路のバスレーンが全部繋がることになる。
・三环路バスレーン(内环新兴桥-三元桥-玉泉营桥,外环六里桥-三元桥-玉泉营桥)はラッシュ時限定で、時間帯は7:00〜9:00と17:00〜19:00。これでラッシュ時のバス運転スピードは20〜60%早くなる計算。(今の平均速度は25q/hより遅いのが現状)
・京藏高速のバスレーンは北郊农场桥〜马甸桥までの27.6q。時間帯は7:00〜9:00(上り)と17:00〜19:00(下り)。
・京港澳高速のバスレーンは宛平桥〜六里桥までの18.2公里。時間帯は7:00〜9:00(上り)と17:00〜19:00(下り)。
・中国で最初に専用バスレーンができたのは1997年の北京で长安街公主坟〜大望桥の間。2015年末には北京市内のバスレーンは138ルート(主に五环内)に増えた。今回の三环路・京藏高速・京港澳高速のバスレーンを加えると全市内で839qになる。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-09/27/content_653764.htm?div=-1

●2016年10月15日の記事。
西北三环の内・外环主路において大規模におこなわれていた路面アスファルト補修工事が完了する。
・三环路は全長48.2q。北京市中心部の交通主干线。前回大規模補修工事が行われたのは2003年だった。経済発展につれて交通量は増える一方、特に西北三环路の路面損傷率は55.56%に達していた。それを受けて北京市交通委员会は2016年より段階的に三环路の大規模補修工事を行うことを決定していた。率先して行われたのが西北三环主路。今回補修工事に使われたのは暑い夏でも路面が変形しにくい「天然湖沥青双改性沥青混合料」。
・10月10日三环路の路線バス専用レーンの運用が正式にスタートした。
市交通委の話。三环のバスレーンは長年の構想であり、三环全体を考慮しながら区間別に実施してきた。この数日間の様子を見る限り、バスと一般車両は互いに調整し適応しあうことが必要。実は三环上のバスレーン総距離は計画距離の半分にも満たない。今は三环路の主道(北京の大きな道は主道と辅道に別れている)への出入りを考慮し、レーンをつけていないところがある。主道出入口に特殊表示区間を設け一般車両が追い越しできるようにすることで、今後も計画を続ける。レーンを出入口まで伸ばすことで三环路の交通秩序はもっと良くなるだろう。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-10/15/content_655640.htm?div=-1

●2016年10月27日の記事。
・三环路全线・京藏高速(北郊农场桥〜马甸桥)・京港澳高速(宛平桥〜六里桥)に設けられた路線バス専用レーンの効果について。
スタートして半月。京港澳高速ではバス平均速度が65%アップした。京藏高速では56.5%アップした。三环路では内环の平均速度が26.7q/hで13.7%速くなり、外环の平均速度は25.2q/hで12.8%速くなった。高速道路では効果がはっきりと現れた。
だが「バス停からバス停までにかかる時間は短くなったが、バス停で待つ時間が長くなった」という乗客の声もある。その原因はバスが节点(大きな駅とか?)を出るとき、バスと他の車両が入り混じって時間がかかっていること。
・天通苑や回龙观といった大規模社区で交通手段の解決が進む。小型バス(清洁能源车)による社区巴士の運行の計画がすでに北京政府に出された。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-10/27/content_657184.htm?div=-1

●22年間運営されてきた北郊长途客运站が2016年12月14日に運営を終了する。ここで営業されていた23の長距離バス路線(23条省际客运班线)はそれぞれ六里桥、四惠、永定门、莲花池、八王坟などの客运站に引き継がれる。
これも北京が推し進める「非首都功能疏解」の一環であり、北京の大気汚染を減らす目的がある。
これにより六里桥站へ4路線(河北省沽源・蔚县・龙关行きと安徽省无为行き)、四惠站へ6路線(河北省康保・尚义・南宫行きと河南省固始・长垣行きと内蒙古兴行き)、永定门站は9路線(河北省张家口・赤城・白草・阳原行きと内蒙古临河・二连浩特・化コ・翁牛特旗・集宁行き)と、莲花池站は3路線(河北省崇礼行きと内蒙古包头・兴和行き)と、八王坟站は1路線(山东省乐陵行き)増える。
詳しくは北京省际客运信息网(http://e2go.com.cn/)で。
・北郊长途客运站について
位于朝阳区华严北里甲30号,西临京藏高速路,北临北四环路,紧邻中关村、奥运商圈。
该站占地面积12853平米,拥有10个发车区位,6个售票窗口,1994年9月正式投入使用。现有客运车辆78辆,运营23条省际客运班线、日发班46车次,日均旅客发送量500余人次,客运班线主要发往河北北部、内蒙古、河南、安徽、湖北、山东等省区。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-12/13/content_663905.htm?div=-1

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 三環半路 バス専用レーン 長距離バス 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる