北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 スーパーで売られている活魚の安全性

<<   作成日時 : 2016/12/11 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月下旬の「北京のスーパーから活魚が消えた事件」について。何故スーパーは急に淡水活魚の販売を止めたのか。当のスーパー側がその理由を明言してくれないからみんなで不安になった。
かささぎもこのニュースを聞いた時、例の上海ガニダイオキシン事件を思い出し、「北京の魚もヤバいのか」って思ったもの。
皆がはっきりさせたいことは二つあると思う。
@スーパーはボロが出るのを恐れ、検査を逃れるために事前に販売を止めたのではないか。そうだとすれば、検査当局から秘密が漏れているのではないか。
Aそもそも北京で売られている水産品は本当に本当に安全なんだろうか。

新京報を順に読んでみた。
11月24日。
スーパーが活魚の店頭販売を停止したこと対し食品药品监督管理局は水質汚染が原因ではないと説明した。販売停止はスーパー側の自主的な行為であり、そこに水産品検査で不合格が出たという事実はないと否定。事実、水産卸市場では普通通りに活魚が売買されている。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/24/content_661435.htm?div=-1

11月25日。
市民から不安の声が上がっていることに対し北京市食品药品监督管理局は、検査が不十分だという理由で販売停止になっているわけではないと説明した。
北京市食品药品监督管理局が会見を行った。(以下、その内容の一部)
・北京市は販売されている水産品に対し検査を行っている。対象となる販売場所は「大水产市场」「商场超市」「餐饮企业」。
・2015年から現在まで行われた水産品抜き取り検査は2661回で、その合格率は95.94%。
2016年から現在までの期間でいうと、抜き取り検査は1034回行われ、合格率は96.62%。
指標不合格となったのは無機ヒ素(无机砷)・カドミウム(镉)・ニトロフラン類及びその代謝化合物(硝基呋喃类代谢物)・マラカイトグリーン(孔雀石绿)などで、不合格商品とその販売者に対しては法に依り処分をした。
・検査方法:入荷先・入荷台帳・販売者データ・进货凭证・销售凭证を確認してから、規定数のサンプルを採り、重金属、抗菌薬(抗生素)、違法添加物(非法添加物)などの検査を行う。
・中国农业大学食品科学与营养工程学院の院长の解説。魚の養殖では薬品を使うため一定量の残留はある。それが国家基準値以内であれば安全だ。近年の水産品検査ではその合格率が非常に高い。過度な心配はご無用。噂に流されない様にしてほしい。
・“泄密说”について。水産品抜き取り検査は食品药品监督管理局が定期的に行う業務であり、そこには事前に根回しする“泄密问题”は存在しない。スーパーが販売を停止したことについては、店側が何らかの問題発覚を恐れ自ら商品をひっこめた可能性がある。そこへ集団心理が働き他のスーパーも追随してしまったのだろう。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/25/content_661600.htm?div=-1

11月26日。
淡水活魚が帰ってきた。北京市商务委员会によると販売は通常通りに行われ、価格も安定している。北京市食品药品监督管理局によると品質は良好で安全である。
・検査の様子。市食药监局の検査員がスーパーにやってきた。そこで売られていた活魚は鲤鱼、鲫鱼、コクレン(胖头鱼)、ダントウボウ(武昌鱼)など。検査員は鯉の水槽から2匹掬い上げてその場でしめて重さを量り支払いを済ませるとその場で「安全监测采样单」に記入をし、再度確認した後でサンプル用の2匹の鯉を袋に入れて封印した。今回は特にマラカイトグリーンとニトロフラン類及びその代謝化合物の検査を重点的に行い、その結果は3〜5日後に出るという。検査結果は後日公表される。
・なぜマラカイトグリーンとニトロフラン類を重点的に検査するのか。
運送中の魚が死ぬのを防ぐため、違法業者はこれら禁止薬品を使っているから。
北京で消費量の多いイシビラメ(多宝鱼)、スズキ(鲈鱼)や、養殖・運送過程で死にやすいカムルチー(K鱼)などに注意を払っている。禁止薬品を使った場合に科す罰金は販売額の15〜30倍。
・検査対象の場所は「商场超市」「批发市场」「零售市场」「餐馆」等。例えば餐馆では「进货查验记录」をつけているか、入荷ルートははっきりしているか、「产地证明」があるかどうかなどを調べる。北京の活魚の多くは他省から入ってくる。よって「产地证明」や「合格证明」をしっかり検査する。
・マラカイトの危険性について。
孔雀石绿具有高毒高残留,且有潜在的致癌作用,被定为违禁药。目前,鱼体残留剂量较小,在目前抽检合格率条件下,对人体身体健康影响有限。
・ニトロフラン類及びその代謝化合物の危険性について。
硝基呋喃类药物及其代谢物因对人体有致癌、致畸胎副作用,中国卫生部于2010年3月22日将硝基呋喃类药物列入可能违法添加的非食用物质K名单。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/26/content_661725.htm?div=-1

11月29日。
天津市塘沽にて個人で小規模養殖をしている人の話。
特に許可証(例えば《养殖证》とか)の取得を求められたことはない。経営を指導管理する管轄機関がない。
稚魚を放流したら薬を撒く。その後消毒薬を撒き、抗菌剤を撒き、そのほか二か月おきに水質改善薬も撒く。
夏には病気が出たのでエンロフロキサシン(抗菌剤。恩诺沙星)を撒いた。おかげで魚は無事だった。薬品の残留はあるだろうが、検査機関に持ち込んで検査などしたことがない。今まで考えたことがない。
2003年に《水产养殖质量安全管理规定》が定められており、例えば養殖業者は「水产养殖生产记录」「水产养殖用药记录」「水产品销售记录」を書くようになっていると言われても、そんなこと聞いたことがない。
販売前には「产地检疫」を受け「动物检疫合格证」を取得しなければならないとか言われても、それも聞いたことがない。
出荷は11月にほどんと終わっている。業者がトラックで批发市场に運んで行った。
自分で育てた魚を一度も食べたことがない。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/29/content_662085.htm?div=-1

11月29日。
陈某は大兴で水産品の小売りを商いにしている。新发地批发市场から仕入れて5年経つ。
今年8月に大兴区食药监局の職員が抜き取り検査をした。金額にして2000元ほどの商品を検査に出した。1か月後に冷凍ヌマエビ(速冻青虾)が不合格だと通知を受けた。使用禁止のニトロフラゾン(抗菌剤。呋喃西林)が出ており、罰金10万元を請求された。
陈某はそのヌマエビを買い付けた時の伝票を見た。それには批发商所属公司の名称や新发地批发市场の所在地が記載されているが、卸元の名称や車のナンバーや署名が記載されていなかった。これでは先方へ責任追及ができないどころか、そこから買ったという証明すらできない。
実は、のちに問題が起こったとき足がつかないよう、署名を伝票に残さない業者がいる。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/29/content_662086.htm?div=-1

11月29日。
中国渔业协会主任委员は「マラカイトグリーンは価格が安く水カビ病によく効く。業者はガンの危険性を知っていても使用し続けている」と話す。
マラカイトグリーンは中国の養殖業で使用禁止になって16年。しかしリスクを負ってもこっそりと使い続けている業者がいる。
北京や天津の水产市场で商売をしている業者は「活魚の小売店にしろ運送業者にしろ養殖業者にしろマラカイトグリーンを使っている可能性が捨てきれない。一部業者は国家食药监总局の抜き取り検査の時、その検査を逃れるために魚の販売を一時止める」と話す。
ネットで“淘宝”すると、マラカイトグリーンを扱っている業者が多く出てくる。そこにははっきりと「魚の養殖専用」と書いてある。販売価格は500gあたり40元ほど。生産している業者の多くが天津にある。
そこの一工場を取材した。卸値は500gで15元だった。生産は簡単だと言っていたが、じきに环保部门の検査が入るので生産を止めると話していた。
2002年にマラカイトグリーンは《食品动物禁用的兽药及其化合物清单》にリスト入りし、《无公害食品标准水产品中渔药残留限量》(NY 5070-2002)によって食品からマラカイトグリーンが検出されてはならないと明確に規定された。
ここ2年ほどで武汉、上海、广州などで活魚からマラカイトグリーンが検出される現象が起こっている。
今年8月、国务院食品安全办、工业和信息化部、农业部、国家卫生计生委、食药监总局が連名で《畜禽水产品抗生素、禁用化合物及兽药残留超标专项整治行动方案》を発表、マラカイトグリーン等の使用禁止化合物に対し、その購入を実名制にし「流向登记制度」を作って厳しく管理をしていくとした。
・かつて北京の活魚からマラカイトグリーンが検出された事件があった。
2012年6月至2013年5月,北京市卫生监督所和北京市丰台区疾病预防控制中心对丰台区两大水产市场做过一次检测,工作人员从水产市场随机抽取78分活鱼样品进行检测,结果显示,有4份样品检出含有隐性孔雀石绿,检出率为5.1%。检出含孔雀石绿的样品则大部分来自广州。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-11/29/content_662096.htm?div=-1

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 スーパーで売られている活魚の安全性 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる