北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 山菜と野草 春椿(チャンチン)

<<   作成日時 : 2016/04/12 18:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新京報に食べられる野草の記事が載った。
北京人も春に野草を摘んで食べる習慣があるなんて、今まで全然気が付かなかった。
(インフル予防に生のドクダミを、と言う記事なら昔読んだことがあるけど)

………
新京報の記者が取材したのは、天坛公园・龙潭湖公园・某社区绿化带など。そこではビニール袋を引っさげた市民が“挖野菜”をしていた。中でも人気なのが「荠菜」で、袋一杯にして持ち帰る人もいた。
で、疑問に思う。食べられる野草って?重金属汚染の危険は?
専門家の話によると、公園のなかで一番保護される頻度(手入れされる頻度)が高いのは芝生で、つまりそこから採れる野草には農薬が残留している可能性が高いのだそうだ。

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2016-04/11/content_630270.htm?div=-1

専門家の話。中国で身近にある「山菜・野草」の種類は300種、そのうち栄養価値が比較的あるものは100種、そのうち人々がよく食用にするのは马齿苋、刺嫩芽、荠菜など数十種。野草を採るときはそれが食べていいものかどうかよく知っていなければならない。市場に出回る野草についても、知識が必要であり、一番いいのはスーパーやデパートで買うこと。くれぐれも有毒のものもしくは汚染されているものを誤食しないように。

●市場に出回る野草・山菜の種類。
马齿苋(Portulaca oleracea L.スベリヒユ。○ック○ッドにもあるから美味しいのかもしれない。)
刺嫩芽(刺龙芽・刺老芽・辽东楤木・龙芽楤木・鹊不踏などの別名あり。Aralia elata Seem タラの木の芽。)
荠菜(地米菜とも。Capsella bursa-pastoris (Linn.) Medic ナズナ。七草粥だけじゃなかった。レシピは○ック○ッドで)
藜蒿(Artemisia selengensis タカヨモギ。百度にレシピが載ってる。日本では侵入生物)
苦菜(Sonchus oleraceus L ノゲシ。全世界に帰化している世界種。もとは欧州から。日本には古い時代に中国から渡来したとされている)
小根蒜(Allium macrostemon Bunge. ノビル。百度でみると卵と炒めて食べるとか出てくる。)
桔梗(百度で食べ方を検索すると、一番最初にトラジキムチが出る。)
椿菜(香椿菜・香椿とも。Toona sinensis (A. Juss.) Roem チャンチン。)
鱼腥草(ドクダミ。ベトナムでは生で食べるらしい。百度で検索すると最初に出るのが“凉拌鱼腥草”。やっぱり生か…と思ったら根っこの調理法だった)
薄荷(食べ方を百度で検索したら、刻んで卵と炒めるとか出てきた)
水芹菜( Oenanthe javanica (Blume) DC セリ。)
蕨菜(わらび。承コ蕨菜が特に有名で年产量1000吨。)
薇菜(Osmunda japonicaならゼンマイ。Osmunda cinnamomea L.var asiaticaなら东北薇菜と言い、ヤマドリゼンマイの仲間?)
香菜(Coriandrum sativum L.コリアンダー。)
枸杞芽(クコの若芽。ウィキペディアでも「若葉も食用に」と紹介されている。百度によると刻んで卵と炒めるとかでてきた)
蒲公英(イギリス出身のベニシアさんがタンポポサラダを紹介してたのをテレビで見たことある。美味しそうだった)
车前草(Plantago depressa Willd.ムジナオオバコ。日本では帰化植物。百度ではスープレシピを紹介。)

●アレルギー物質を含む野草には莼菜(ジュンサイ)、灰菜(アカザ)、马齿苋(スベリヒユ)、槐花(エンジュの花)、野生小蒜(ノビルと思われる)などがあり、体質によっては過敏性反応が出る。

●危険なものには、狼毒草(ゲルセミウム・エレガンス)、曼陀罗(チョウセンアサガオ)、苍耳子(オナモミ)、毒芹(ドクゼリ)、老公银(オカゼリ)、曲菜娘子(日本名は分からない)がある。食べてはいけない。

●専門家より。公園では農薬が残存している可能性があるし、マンション周辺では重金属汚染問題(排気ガスや排水)があるのでとって食べないほうがいい。

●市民の声。
・子供の頃天坛公园で摘んだことがある。食べたのは二月兰(オオアラセイトウ)、さっと湯がいて食べると咳が止まると言われている。最近では採る人が減ったし、それにタンポポもナズナもすっかり減って根っこまで掘られるからますます減ってしまった。
・「洗えば大丈夫」と言ってクルミの花を拾っている人がいたが、作業中の職員に聞いたところ、「農薬散布してますよ」とのことだった。
・天坛公园の警備員に聞いたところ、「芝生に入るのも野草を採るのも禁止されています」とのことだった。
・某社区の绿化带では40代の女性が野草を摘んでいた。「お薦めはナズナ。自分で採るから面白いのよ」とのこと。汚染されてるかもと伝えても、あまり気にしていないようだった。
………

クルミの花をどうするのか検索してみた。长寿菜とか龙须菜とも呼ばれている。「核桃花拌香椿」と言う料理が有名らしい。乾燥されたものが売られており、煮たり浸したりしてもどしてからあえ物にしたり炒めたりして食べる。
含有丰富的磷脂,有益于强人体细胞活力,促进人体造血功能,能有效降低血脂,胆固醇,预防动脉硬化。

よく出てきたが、春の山菜と言えば香椿菜(チャンチン)。「香椿菜炒鸡蛋」「香椿拌豆腐」がお馴染み。
で、チャンチンって、色は違うが雰囲気がタラの芽によく似てる。でも味は全然違う。ちょっとにおいが独特と言うか、ドクダミを毟ったときに近いにおいがすると思うのだけど、如何だろうか。

検索して思ったのは、中国では山菜をよく卵と炒めて食すらしいってこと。卵をつかうと食べやすくなる?

かささぎは山菜が大好き。春が来たなあって実感できるから。ちょっと食べて山の香りを楽しむくらいがちょうどいいと思う。野草をたらふく食べたら消化に悪そうな気がする。
百度ではいちいち効能や食事療法が書いてあったのでちょっと勉強してみた。 

马齿苋…全草供药用,有清热利湿、解毒消肿、消炎、止渴、利尿作用。
タラノキの根と皮…具强壮筋骨、祛风除湿和补气安神等功效。用于治疗神经衰弱、风湿性关节炎、糖尿病、阳痿和肝炎等疾病。
荠菜…含有较多的维生素A,对白内障和夜盲症等眼疾有一定治疗作用。荠菜可使胃肠道清洁,还可以降低人体血液中的胆固醇含量,同时降低血糖。
藜蒿…本草纲目草部第十五卷记载:藜蒿气味甘甜无毒,主治五胀邪气,风寒湿脾,补中益气,长毛发,久食轻身,耳聪目明,防衰。中医认为其除食用之外还有清热、利湿、杀虫之功能。
苦菜…功能主治:清热解毒;凉血止血。主肠炎;痢疾;黄疸;淋证;咽喉肿痛;痈疮肿毒;乳腺炎;痔瘘;吐血;衄血;咯血;尿血;便血;崩漏
香椿菜…清热解毒,健胃理气,润肤明目,杀虫。主治疮疡、脱发、目赤、肺热咳嗽等病症。
鱼腥草…清热解毒,利尿消肿。治肺炎,肺脓疡,热痢,疟疾,水肿,淋病,白带,痈肿,痔疮,脱肛,湿疹,秃疮,疥癣。
蕨菜…补五脏不足,气壅经络筋骨间,毒气。去暴热,利水道。滑肠,化痰。降气。治食嗝、气嗝。治咳嗽、理气。
水芹菜…特别适合高血压和动脉硬化的患者。
薇菜…杀菌消炎,抗病毒。止血。
香菜…有健胃消食作用。種は有驱风、透疹、健胃、祛痰之效。
枸杞芽…强身壮体、延年益寿、美容养颜
蒲公英…功能主治:清热解毒,利尿散结。治急性乳腺炎,淋巴腺炎,瘰疬,疔毒疮肿,急性结膜炎,感冒发热,急性扁桃体炎,急性支气管炎,胃炎,肝炎,胆囊炎,尿路感染
车前草…主治小便不通、淋浊、带下、尿血、黄疸、水肿、热痢、泄泻、鼻衄、目赤肿痛、喉痹、咳嗽、皮肤溃疡

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 山菜と野草 春椿(チャンチン) 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる