北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 野鳥を捕まえて10年半の実刑 お手伝いさん 河南省エイズ村 

<<   作成日時 : 2015/12/22 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あだ名のセンスについて。
国家能源局原核电司司长の郝卫平が12年間に渡り各种电力企业の便宜を受けその総額は1240余万元だという話。
悪いことすりゃ新聞に載るのだろうけど、“核电一哥”っていうあだ名が笑えた。ということは核电二哥や核电三哥が芋づる式に登場するんだろうか。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/01/content_610615.htm?div=-1
………
エイズ村について。
中国初のエイズ発症は1985年に始まり、今年10月までに報告された病例はすでに57万例になる。河南省では90年代末から発症が爆発的に増えたが、現在は落ち着いている。“艾滋村”の一つとされる上蔡县にある文楼村の話。
きっかけは不衛生な採血。一回の売血で貰えたのは50元。結果、当時の村人3211人のうち、678人がキャリアと診断されるほど蔓延した。これまでに延べ200人が死亡している。2003年が一番ひどく年間で26人死亡したが、1日で7名亡くなった日もあった。その2003年より上蔡县ではエイズ患者用の就诊卡を発行し、患者は無料で治療を受けられるようになった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/01/content_610608.htm?div=-1
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/01/content_610609.htm?div=-1
………
野鳥を捕まえて10年半の実刑判決。
先日北京のラジオでやっていたのは、どこから入り込んだのかわからないが会社に行ったら見知らぬ野鳥がいたので保護センターに連絡して引き取ってもらったという話。その野鳥とはチョウゲンボウで、国家二级保护动物に指定されている。保護センターから表彰状を貰ったそうだ。
で、新聞で記事になったのは、2014年に河南省の大学生がチゴハヤブサの雛16羽を捕まえて1羽800〜280元で売却し、森林公安局に刑事拘留された事件。(チゴハヤブサも国家二级保护动物)。市の人民法院は大学生に対し10年6か月の実刑判決を下した。その大学生は控訴したが市の中级人民法院は一審判決を支持した、という話。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/03/content_610983.htm?div=-1

鳥を捕まえたぐらいで10年は重すぎるとネットで反論が湧いた。だが法律でそう決まってる。
その根拠は《关于审理破坏野生动物资源刑事案件具体应用法律若干问题的解释》。
“情节严重”とは6羽以上で、“情节特别严重”なのは10羽以上を指す。だからやりすぎには当たらない。
今回反発が出たのは政府の啓蒙活動が行き届いていないから。野生動物保護の重大さを分かっていない人が反発を覚えても何らおかしくない。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/02/content_610761.htm?div=-1

中国の刑法第341条:非法猎捕、杀害国家重点保护的珍贵、濒危野生动物的,或者非法收购、运输、出售国家重点保护的珍贵、濒危野生动物及其制品的,处五年以下有期徒刑或者拘役,并处罚金;情节严重的,处五年以上十年以下有期徒刑,并处罚金;情节特别严重的,处十年以上有期徒刑,并处罚金或者没收财产。

以前このブログでトキについて書いた時、「中国でトキを殺すと懲役1年6ヶ月(執行猶予2年)」としらべていたのだが、“情节”次第でもっと重くなる可能性があると知った。

今回の刑罰が重いのか軽いのかどう理解したらいいのか、よくわからない。
てんあんもんに掛かっている肖像画を墨で汚した人は1年2か月の実刑判決だった。
北京でランボルギーニとフェラーリの派手な事故があったが、それぞれの運転手に対する判決は懲役5か月罰金1万元と懲役4か月罰金8000元だった。
北京の人権活動家に対する判決は懲役3年執行猶予3年だった。
2013年に起こった复旦大学医学院学生毒殺(N-ニトロソジメチルアミン)事件では死刑判決が出ており、今年12月すでに執行されている。

………
春節になると家政婦さんを確保するのが難しくなる。どういう人を雇ったらいいのか悩むお母さん方も多いと思う。
家政婦が起こした事件について。
遠戚の家でお手伝いさんをやっていた杨某(29歳)は3歳の子供の面倒を見ていた。泣いてばかりいるのに腹を立て、折れた縫い針2本(長さそれぞれ1.1cmと2.8p)を臀部に刺した。相場で月3000元と言われる家政婦の給料だが2800元しかもらえていなかったのも不満だった(相場は2800元という話もあるようだがどうなんだろう)。子供は轻伤二级と診断された。針は全身麻酔で取り出されたが8p の傷跡が残った。
杨某はすでに反省し賠償金2万元を払っていることから、下された判決は1年の実刑というものだった。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-12/03/content_610950.htm?div=-1

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国 野鳥を捕まえて10年半の実刑 お手伝いさん 河南省エイズ村  北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる