北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 門頭溝区 古村落 妙峰山 潭柘寺 永定河 レクリエーションスポーツ

<<   作成日時 : 2015/11/23 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回初めて「中国十佳运动休闲城市」を選ぶことになったのだそうで、北京の门头沟区が入選した。门头沟体育局の関係者の話によると、門頭溝では2010年から設備投資を大規模に進めており、第一期分として1.5億元投資し、309qにわたる登山徒步步道(トレッキングコース)を整備した。将来は越野跑(クロスカントリー)や山地自行车(マウンテンバイク)などもできるように整備する。また冬季五輪を迎えることもあり、山の地形を生かしてスノースポーツも発展させていく。

このたび门头沟区が入選できたのは、この地で环北京国际职业公路自行车赛を4回、山地旅游文化节を5回、国际山地徒步大会を6回、北京市第7回农民运动会など大型のスポーツイベントを開催してきたことや、毎年いろいろな休闲运动(レクリエーションスポーツ)イベントを百回以上開いてきたことが認められた。

中でも第6回北京国际山地徒步大会では貴重な経験を得ることができた。
トレッキングルートには潭柘寺や妙峰山など多くの名胜古迹を入れ、世界各国の参加者を含め延べ10万人以上が今までに参加している。
また、体育旅游文化节やTNF国际越野挑战赛などアウトドアイベントを40回以上開催し、6万人近い参加があった。

他にも门头沟では区县级の国家步道を整備し、2013年に北京を代表して国际徒步联盟(IML Walking Association)に加入し、国际徒步联盟が認める国际徒步大会を開けるようになった。すでに60か国から8000名近い外国選手が参加している。

◎门头沟区のいいところ。
地形がいい。山地面积が約98.5%で、北京唯一の「純山区」。また、京西生态涵养区であり、区全体の緑化率は65%、空气质量が二级を満たしている日数が北京全市の平均を上回っている。
また、永定河や妙峰山などの自然環境にすぐれ、さらに古村落や革命根据地などもある。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-11/17/content_608282.htm?div=-1
………

永定河と言ったら卢沟桥とか昔は暴れ川だったとかぐらいしか知らないので百度を見た。
昔は「㶟水」と言った。隋の時代は「桑干河」、金の時代は「卢沟」と言った。元や明の時代は「浑河」「小黄河」という呼び名もあった。流れが変わりやすく俗名を「无定河」と言った。
歴史的には多くの流路があった。そのうち、北京に関係あるのは3つの流路。
一つ目は「古故道」というもので、衙门口の東から始まり八宝山北側に沿って北東に流れ、海淀を通って清河の東から温榆河につながる。
二つ目は「西汉前故道」であり、衙门口の東から田村や紫竹院を通り、コ胜门近くにある城内の“ 海”に流れ、そこから南東に向かい正阳门、鲜鱼口、红桥、龙潭湖へ流れて城外にでる。
三つ目は「三国時代から辽代の頃の故道」で、卢沟桥あたりから始まり、看丹村や南苑を通って马驹桥に至る。
その後清康熙三十七年(1698)の時に、治水工事が行われ、河岸を固定したことで、やっと「无定河」から「永定河」になった。
永定河水系には官厅水库、册田水库、友谊水库、珠窝水库、斋堂水库、落坡岭水库がある。
観光地としては珍珠湖、落坡岭水库、斋堂水库、三家店水闸などがある。
http://baike.baidu.com/subview/138160/13365995.htm

潭柘寺。全然知らないので百度を見た。
最初に寺が建てられたのは西晋永嘉元年(公元307年)。当時の名称は嘉福寺。清代康熙帝から岫云寺という寺名を賜ったが寺の後ろに龙潭がありまた山の上に柘树があったことから一般に潭柘寺と呼ばれてきた。見どころは 天王殿・大雄宝殿・斋堂・毗卢阁・方丈院・延清阁・行宫院・万寿宫・太后宫・戒台・观音殿。山門の外側には安乐堂・上下塔院が、後ろの山には少师静室・歇心亭・龙潭・御碑がある。宝锅と石鱼がこの寺宝とされている。行き方は前门か阜城门から路線バス游7に乗るか、地下鉄苹果园站を降りて路線バス931路に乗る。

妙峰山。これも全然知らないので百度を見た。
妙峰山风景名胜区。標高1291m。木本植物だけで600種余り確認されている。優秀薬材も20種余り存在している。四季折々花が咲いており、山桃花・野丁香・山茉莉・杜鹃花・麦秆菊・玫瑰花が楽しめる。
有名な妙峰山娘娘庙は辽代に建てられた。妙峰山伝統の庙会は明代崇祯の代に始まりすでに300年の歴史がある。毎年旧暦四月一日〜十五日の間全国各地から数十万の善男信女が集まる。清の時代の《燕京岁时记》にも記載がある。見どころは山门・惠济祠(娘娘庙)・山门殿・灵感宫・地藏殿・药王殿・喜神殿・观音殿・月老殿・财神殿・王三奶奶殿・东岳殿・武圣殿・文昌殿・玉皇顶・金顶白塔・碑林。入場料40元。
行き方は、地下鉄苹果园站の西側から路線バス892路(涧沟村支线。一日一往復だけ)に乗り涧沟村站で下車。その後は1時間半歩いて向かうか、現地の“小车”(約80元かかる)に乗って行く。
http://baike.baidu.com/link?url=XRGsCpMx-8R1GzCTheT-PXmZoLQHVF9jDKr6Wfdu0wjOTrZEyfjnOoahWJx0rU7RZ91ItG0ka6vuyPfAPJcY0_

门头沟区の伝統古村落。
昨年11月、第三次中国传统古村落が選ばれ、门头沟区からは雁翅镇碣石村や斋堂镇沿河城村がリストに入った。すでに選ばれている爨底下村、灵水村、琉璃渠村などを合わせ、门头沟区ではすでに10の古村落が中国传统古村落としてリスト入り、北京市全体でみると门头沟区から一番多く選ばれている。
http://bjrb.bjd.com.cn/html/2015-06/02/content_284617.htm
具体的な村名が知りたかったのだけど、まとまった記事が見つからなかった。有名どころでは、碣石村、爨底下村、灵水村、琉璃渠村、后桑峪村、沿河城村、马兰村、黄岭西あたりなのだと思う。
http://bj.bendibao.com/tour/2015917/202031.shtm

なんか、かなり素敵な感じ。なぜ北京にいるうちに行ってみなかったんだろう。

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
門頭溝区 古村落 妙峰山 潭柘寺 永定河 レクリエーションスポーツ 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる