北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 陳独秀旧居の公開は五四 朝陽区の保護建築物

<<   作成日時 : 2015/09/15 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

拍子抜けするくらい短くて地味な胡同、それが箭杆胡同。でもそこには陳独秀ゆかりの建物がある。
かつて陈独秀が住んでいた場所。かつて雑誌《新青年》の編集部があった場所。东城区北池子箭杆胡同20号。
陈独秀旧居铭碑が入り口の横に立っていて、2001年に北京市文物保护单位になったと刻まれている。

資料によると、陈独秀が住んでいた頃ここの敷地は東と西に分かれており、街门(胡同に通じる出入り口)も2つあった。そのうち北に向いている街门が箭杆胡同9号で、現在の箭杆胡同20号に当たる。

ここは2006年より住民調査が行われており、混杂居住を長年続けている家庭が6戸(総勢22人)あったが、転出が難しかった。
东城区风貌办の主任によると、ここには当時の古い建物が残っているほか、住民が敷地内に建てた無届けの平屋のせいで人ひとり歩くのがやっとという状態になっていた。また建物の劣化が進み雨漏りがひどくプラスチックの板で屋根を覆っている状態だった。

2013年に陈独秀旧居の住民移転と修復工事が东城区名城保护重点项目の対象になった。転居作業が正式に始まり、北京市文物局が修復工事の資金を提供した。

9月14日、メディアに公開された旧居の姿は、資料写真でしか見られなかった姿を取り戻していた。
修復が行われたのは北房三间と南房三间と厨房と传达室。陈独秀旧居の掲示と《新青年》编辑部の表札は北房に掛けられている。
復元には大量の資料を使って考証が行われた。総敷地面積が約250平米、部屋の総数は12間。
住民が後から建てた建物は敷地から撤去された。
《新青年》编辑部があったのは北房。室内の構造はそのまま、大梁と横梁もそのまま残された(拉加固措施はしてある)。ドアも窓も資料写真通りに復元された。
中庭には地砖が敷かれていた。残っていた地砖のうち50数枚は状態が良かったので、そのまま使うことになった。北房側に集中して敷いてある。
塗装も昔ながらの材料を使った。南房東側には当時の厨房がある。
編集室内部については考証のしようがなかったため、強引な復元は行わない。陳独秀がかつて使っていた道具など関連文物の展示コーナーや、図書コーナーが置かれる予定。
なお、东厢房は某单位に占用されており办公楼が建っているため復元のめどは立っていない。

东城区委の杨书记の話:これを機に新文化运动纪念馆とともに活用し、東城区の爱国主义教育场所として社会教育を行っていく。また来年5月4日には《新青年》与新文化运动の展示を行うことになっている。

孫娘の陈红さんの話:祖父は父とおばとともにここに住んでいました。祖父が亡くなった年に私が生まれたため、私の祖父に対する知識は書物を通じて得たものです。父は香港で《开天辟地》を見たのですが、当時の様子はまるでその映画のようだったそうです。私が戻ってきたとき、ここはすでに大杂院になっていて、人は多くて乱雑でした。編集部の面影は残っていませんでした。修復前から私はここに何度も来ていますが、建物が劣化しており雨の季節が心配でした。このたびの修復で伝統的な北京家屋の姿を戻したのは良かったと思いますが、完全復元にいたらなったのはちょっと残念です。歴史を重視する、当時の北京生活の様子を实事求是に再現した場所です、お金を取るだけの見かけ倒しの展示館にはならないでほしい。

◎陈独秀故居の経緯。
1917年,陈独秀接受蔡元培的聘请,出任北大文科学长,自此住在了这条窄小胡同的老宅子里。同期,由他创办的《新青年》编辑部也从上海迁到这里,近30期曾在这里进行编辑工作。“五四运动”及早期建党人士等都曾到访。2001年,陈独秀旧居被列为北京市文物保护单位。2013年初,陈独秀旧居腾退修缮纳入东城区名城保护重点项目,列入区政府“折子工程”,腾退工作正式启动。

◎朝陽区の歴史的建造物の保存について。
国家文物局の担当者の話によると、完全なデータではないものの、北京には現在280以上の旧居がある。これらをどう保護していくのかが難題。
东城区には名人旧居が大量にある。歴史的理由から、ほとんどの旧居には住民が生活しているか、单位が入っている。东城区直管公房だけでも不可移动文物が100か所以上で、ほとんどに住民がいるため修復作業が難しい状態。
ここ数年、东城区が行った修復工事には清华寺、协和胡同6号(小洋楼)、临汾会馆、新革路20号(四合院)、宏恩观(鐘楼の北側)などがある。
东城区では中法大学などの重点文物建筑を対象とした、“十三五”历史名城保护规划が作られている最中で、これが実施されれば修復工事が始まることになる。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-09/15/content_598090.htm?div=-1

………
協和胡同の小洋楼、こんなのらしい。すごくかわいい。行ってみたいなあ。
http://www.360doc.com/content/14/0106/10/10883326_342982821.shtml

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 陳独秀旧居の公開は五四 朝陽区の保護建築物 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる