北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 2015 大学 本科一批 合格発表と最終合格基準点

<<   作成日時 : 2015/07/26 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月17日の新京報の記事に「北京2015年高招本科一批录取将于今日正式开始。」とあった。
高考があったのは6月7、8日。
高招各批次录取控制分数线(录取分数线)が発表されたのが6月23日。
受験生の入学申請を受けだしたのが6月29日。
そして正式な本科一批入学許可は7月17日に発行された。各大学の正式な投档线(提档线とか录取分数线とも言う。最終決定された合格基準点)も発表された。

高考受験が終わった6月8日から数えれば39日も経ってる。長く感じるだろうなあ。

時間が長くかかることや難しい用語のせいでごちゃごちゃしてきたのでちょっと整理する。
→高招各批次录取控制分数线(录取分数线)の発表。本科一批の录取分数线は文系579点、理系548点だった。
→それを見ながら受験生は志望校を申請する。
→申請すると档案が大学に送られる。
→档案が集中する人気大学とそうでない大学が分かる。学生を多く採りすぎたり少なく採りすぎたりしないために各大学では仮の投档比例を割り出し、それに基づき模拟投档线を算出する。
→模拟投档线を判断基準として何度も投档を試行し、各大学が取りたい学生を調整し合う。
→最終的に各大学の投档比例が正式決定され、正式な投档线が定まる。
→大学が決めた投档比例にて市高招办が正式な投档作業を行う(北京本科一批の投档作業は7月17日に終了、まだ北京市以外の大学の投档作業が残っているが22日までには終了予定)。
→入学採用が決まった合格者から录取通知书を順次発行。

●有名大学の文科提档线と理科提档线
北京大学 671 693
清华大学 677 694
人民大学 660 686
北京师范大学 654 675
北京航空航天大学 639 673
对外经济贸易大学 648 672
中央财经大学 644 670
北京外国语大学 643 664
北京理工大学 637 667
中国政法大学 640 658
北京邮电大学 634 658
中国传媒大学 636 654
北京科技大学 631 648
北京交通大学 637 653
北京语言大学 633 646
北京林业大学 628 637
中央民族大学 631 638
北京化工大学 615 634
首都医科大学  628
中国石油大学 625 622
北京中医药大学 622 617
北京工业大学 604 611
首都经贸大学 609 605
北京第二外国语学院 596 578
首都师范大学 587 598
北京信息科技大学 556
复旦大学 664 691
南京大学 654 681
中国科技大学 685
厦门大学 646 666
中山大学 642 660
天津大学 638 662
武汉大学 647 659
西安交通大学 628 657
宁波诺丁汉大学 606 606

●今年在京受験生を対象に本科一批枠の募集をかけた大学は167校あった。募集人数は14861名で、17日現在投档作業で振り分けされた人数は15610名。本科一批枠にはまだ160名ほどの空席があるため、市高招办は考试院网站にて再募集をかけ、一本线の成績を残しながらまだ大学が決まっていない生徒向けに志願表を提出するよう呼びかけた。申請期間は7月19日8〜20時。

●北京教育考试院の副院长の話によると、高い成績を残しながら投档のマッチングがうまくいかず大学が決まらなかった(高分落档)人は、例えば文系で630点以上取った人では3名、理系で650点以上取った人では24名いる。この数は例年より少ない。

●今年は同時に6校志望できるシステムになっていたが、志望校上位4校のどれか入学できて満足しているケースは80%、志望校の6校目に決まって満足しているケースはたった9%だった。

●北邮はもともと在京学生の募集が少ない大学なのだが、今年は21名増やして176名採用したため、希望通りに第一志望で入学できた学生が半数近くいた。どういうことかというと、理系募集では投档比例を100%、模拟投档线を661点としていたが、最終的には投档比例120%に上げたため、36名多く採用できた。理系の最終的投档线は658点に下がった。

●北师大では、入学を希望する生徒のレベルがよかったので、投档比例を最終的に105%とした。また入学が決まった生徒はすべて志望どおりの学部に入学できた。

●北京化工大学の在京学生を対象とした理系投档比例は120%で昨年より22名増えた。文系の投档比例は110%で2名増えた。

●北京高招录取の現場。
◎一批次录取の作業はノートとパソコンと電話を駆使して行なわれる。
◎担当者たちは体检复核组、录取检查组、计划管理组など5つに分かれている。录取检查组は4班あり、大学の生徒募集規定に従いながら大学側があげてくる学部選択を含めた入学採用が妥当であるかどうかを見極めたり、档案の受理を拒否した場合の理由が正当であるか調べる仕事をしている。
◎档案返却になった(つまり不合格)受験生がいた場合、何度も大学側と相談するようにしている。例えば某大学では投档比例を105%にしたところ学生が2名あぶれてしまったが、大学側と話し合ってこの2名が足切りされないように交渉した。
◎もし学生が身体的理由から希望学部に入れない、もしくは档案返却された場合、係が表に立って協議を行い解決するようにしている。市体检中心から派遣された医師もこの係に加わっている。

●北京大学と清华大学のデータ上の戦い?
◎清华大学の在京理科录取分数线が694点、文科录取分数线が677点で、国内で一番高かった。北京高考の理系得点上位10名のうち、1位の生徒は北大に行ったが、残り9名は清华を選んだ。理系上位50名のうち40名が、上位100名のうち約80名が清华を選んだ。
在京理科投档线は最初696点だったが、募集枠を多めに取ったことと志望学部の調整がうまくいったため、最終的に694点に落ち着いた。
◎清华大学文系では在京学生の投档比例を100%にしたため投档线が678点だったが、清华が採った学生は北京市の上位40名に入る学生ばかりだったので、募集枠を多めにしたところ最終的に677点に落ち着いた。
◎北京大学の在京理科提档线は693点、文科提档线は671点。入学採用になった学生はすべて第一志望を北大にしていた学生ばかりだった。北京高考の文系理系上位50名のうち、半分以上が北大を選んだ。
◎このような数字の公表は大学同士の“データ戦争”では?
北大招办の担当者:文系理系の上位50名の人数は100名を超えています。投档するとき彼らの半数以上が北大を選んだ、ということです。両校のデータはぶつかっていません。

●有名大学と国防生
提前批枠で募集される国防生だが昨年から実際の採用数が募集枠を満たしていない傾向がある。北京の提前批枠で予定したのは615名だったが、実際に入学が決まったのは231名だった。
※国防生とは:普通の大学生と预备军(警)官の二つの身分を持っている学生。国防生を引き受ける大学は有名大学が多い。大学に在籍している間は大学の勉強をしながら军队や大学が行う军政训练に参加する。卒業したら军队(武警部队)に所属する。

●清华大学の入学採用通知
入学採用が決まった生徒に発行する录取通知书には、邱勇校長からの手紙も同封された。それには「私からの最初のプレゼントは《平凡的世界》です」と書いてある。すべての新入生の自宅にこの小説を届ける手はずになっている。新学期が始まるまでにこの小説を読んでおき、入学したら同級生や先生と意見交換をしてほしいのだそうだ。
※高考の試験にも出てきた《平凡的世界》。
ドラマを見たが全56話で長かった。党員が務める地方役人の役職が難しくて困ったが、文革の権力争いに巻き込まれる登場人物の描写がとてもよかった。食糧がなくて土を食べた話や、貧しくて穿くズボンすら持たない少女の話や、人民公社の弊害とか計画経済の不自由さとか、戸籍の縛りとか、改革開放が徐々に進むときの戸惑いや苦労などよくわかった。乾燥した黄土が灰のように軽いのは衝撃的だった。高校生らしく見えない主人公とか、ボケたボケたと言いながらおばあちゃんが全然年取らないとか、途中宇宙人が登場するところとか、突っ込める余地もあるのでちょっとうれしい。ドラマを通して中国の貧しい農村暮らしを疑似体験でき、かささぎ的には红高粱より勉強になった。小説は91年に茅盾文学奖をとっている。

●保送生
16日に清华招办にやってきたのは人大附中を卒業した王浩ホさん。彼女は誰よりも先に清华大学の入学通知書を受け取った。なぜなら保送生だから。高三で中国数学オリンピックで一位になり、国家集训队に加わり、清华大学が用意した在京保送生の5人枠に選ばれていた。保送生なので高考は免除される。高校卒業前ながら清华大学での受講を許され、今年4月から英語や数学分析を学んでいた。このたび正式に入学通知を受け、コンピュータ科学実験班への振り分けが決まったが、卒業後は留学したいと更なる大きな夢を描いている。

●自主招生
今年試験的に自主招生を手掛ける大学では、本科一批枠の振り分けをする前に自主招生枠の学生に入学許可を出すことになっていた。
例えば北语の自主招生枠における、文系の模拟投档线が633点だったので、3名の採用に至った。(理系の模拟线は646点で高かったので、該当する学生は出なかった)
同様に北京交通大学の模拟线は理系が653点、文系で637点で、最終的には在京受験生28名を合格採用とした。
※自主招生とは:一種の優遇政策で、各大学が独自に設けた枠で学生を採ることができるシステムのこと。 本科一批枠より事前に決める必要があるため模拟投档线で合否を決める。模拟投档线と正式な一批投档线が同じということもあるが、模拟投档线の方が低くなっていることもある。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-07/18/content_588803.htm?div=-1
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-07/17/content_588495.htm?div=-1

………
本科一批が終わると次は本科二批の入学採用。7月23〜28日。
その後は本科三批。7月29日〜8月3日。 
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-07/20/content_589022.htm?div=-1
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 2015 大学 本科一批 合格発表と最終合格基準点 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる