北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の地震分布図 中国蒙古地震区は広い

<<   作成日時 : 2015/05/19 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新京報に《中国及邻区地震震中分布图》(中国及び隣接区の震央分布図)という地図が出版されましたという記事が載った。

画像を見ると、台湾と四川は真っ赤々になってるが、中国全体でみるとそれほど赤いわけじゃない。でも、「京津冀(北京天津河北)は大地震の影響を受ける地区」って書いてある。やっぱり北京も地震に気を付けたほうがいい街なんだ。上海は赤くないからいいなあ。
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-05/13/content_576525.htm?div=-1

地震出版社のHPのほうが若干クリアに見える。値段まで見える。600元って高いじゃないか。(地震出版社っていうのは中国地震局が主管する中央级专业出版社)
http://www.dzpress.com.cn/Article.aspx?id=161

以下大体の記事内容。
1987年8月に出版されていた旧版《中国及邻区地震震中分布图》に収められた地震の記録は6000件を超えていたが、しかし当時は一般向けではなく、业务单位など内部資料としてのみ使用されていた。

2015年出版の新版分布図は旧版に似た作りになっているが、載っているデータは2014年末までを含んでおり地震パラメータも新しく修正されている。
新版には4万回の地震の記録が記載されている。中国国内では紀元前〜1969年末のマグニチュード4以上の地震と、1970〜2014年末のマグニチュード3以上の地震を記載してある。隣接区では1900〜2014年末のマグニチュード5以上の地震が載っている。また、国内のマグニチュード6以上と、台湾地区及び隣接区のマグニチュード7以上の地震に対しては規模と日付の記載された。

この地図の活用法について。中国地震局地震预测研究所研究员の解説。
「この分布図から過去発生した地震の情報が見て取れます。皆さんは天気予報図なら見慣れているでしょうが、地震分布図の見方はよくわからないでしょう。この図を見てください。中国は地震が多い国だとわかるでしょう。また地域によって多いところと少ないところがあるのもわかるでしょう。中国ではいろいろな自然災害が起こりますが、統計によると、地震災害で被る影響が一番大きいのです」
「地震が多い地域はそれだけ活発な場所です。地震発生の危険度が高くなりますし、震度も強くなります。もしご自分の住んでいるところが活発な地域であるなら、防災意識を高めてください」
「もし都市に住んでいるのなら、自分の住むマンションが国家規定の“抗震烈度”に符合しているかどうか確かめてください。もし農村に住んでいるのなら、自分で家を建てる場合、地元の“地震和建设部门”に丈夫な建て方を問い合わせてください。もし地震が多い場所にお住まいなら、防災の準備、避難ルート、救急箱など必要な物資を準備してください」
「例えばネパール地震。この地域はプレートの境界に位置しています。発生の予報はできませんが、発生する確率が高いことはこの分布図でもわかります」
「中国には“大三角区”と呼ばれている地震エリアがあります。そこは“中国蒙古地震区”とも呼ばれています。場所はヒマラヤ山脈に並行した西南国境線を底辺とし、华南やオルドスの西側から北に伸びてバイカル湖近くに伸びる一辺と、パミールから天山やアルタイ山脈を越えてバイカル湖北西に至る一辺をつないだ三角エリアのことです。昔からここで地震が多発しています」

例えば华中区域のように、地震が多発しない地域もあるが、ここなら安全といえるのだろうか。
「分布が少ない場所は安定していると言えます。強大な地震が起こる可能性は比較的小さい。でも、例えばこの分布図でも白くなっている安徽地方ですが、今年になってからマグニチュード4の地震が起きて死傷者が出ています。安定している地方といえど、防災意識は持っていてください」
「誤解を受ける言葉に“空区”(空白域)があります。これは分布図で白くなっている地域を指している言葉ではありません。地震がよく起こる地帯でありながら比較的大きな地震が長らく起こっていない地域を“空区”と呼びます。ある日突然大きな地震がやってきてその“空区”を埋めるのです」

………
中国地震台網というサイトがある。ここを見ると世界中の地震の発生がわかる。
http://www.ceic.ac.cn/ 
中国地震局のHP。北京の避難場所地図も載ってるけどよくわからない。
http://www.cea.gov.cn/
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の地震分布図 中国蒙古地震区は広い 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる