北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 算数問題に対する世界の反応と中国のプライド?

<<   作成日時 : 2015/05/13 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シンガポールで15、16歳用に出題されたという奥数题がネットで話題になった。
その問題とは「谢丽尔の誕生日を当ててごらん」というもの。

谢丽尔という女の子と仲良くなったばかりの阿尔伯特(A)と伯纳コ(B)。この男子2人が谢丽尔に誕生日をたずねたところ、以下の10個の日にちを教えてもらった。
5月15日、5月16日、5月19日
6月17日、6月18日
7月14日、7月16日
8月14日、8月15日、8月17日
また、彼女からAは誕生した月を、Bは誕生した日をそれぞれに教えてもらった。

AとBの会話。
A:僕は谢丽尔の誕生日がわからない。Bもわからないんだよね。
B:僕、最初はわからなかった。でも今の話でわかったよ。
A:じゃあ僕もわかったよ。

AとBの会話から谢丽尔の誕生日を当てなさい。

イギリスの《每日邮报》のHPにこの問題が載ったところ、世界各国の多くの人々の目に触れ、いろいろな意見が述べられたが、それは本題から外れたものだった。
「谢丽尔は阿尔伯特と伯纳コを誕生パーティに呼びたくなかったに違いない。出題された時点で彼女の気持ちを察してやれよ」という意見や、
「谢丽尔の両親は家にいくら支払ったんだろう?」と家庭の経済状況を推察したり、
「谢丽尔はわがまま娘。男子2人は高価なプレゼントを用意してくれるお坊ちゃま」と人物評価したり。
シンガポールの出题机构はネットで解答を発表した。その時「これは中学生の問題です。小さいうちから子供の勉強の負担が重くならないよう親御さんにはご理解のほどを」というコメントもついた。
その解答をみた人の中には「解答と解き方を見たが、どう読んでも理解できない」とか「シンガポール人はなんて賢いんだ」と賛辞するイギリス人もいた。
それに対し、とあるシンガポール人は「イギリス人の英語はなんて素晴らしいんだ」とコメント。シンガポール人にとってこれくらいお茶の子さいさいですよ、と自慢めいている。
それに対し、この問題を見た北京の母親は「こんな問題、中国では小学5年生に出されるオリンピック算数ですよ。シンガポールでは15、6歳が対象なんですか。中国の子供はかわいそうねえ」と感想を述べた。

以上、新京報より。(解答も載ってるが見にくい)
新京報:http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-04/16/content_572142.htm?div=-1
………
この記事を読んで、かささぎは「中国の子はかわいそうねえ」と言った母親に2パターンを勝手に想像した。「ホント大変なんですよ」とため息をつくお母さんと、実は嬉しそうにおーほほって笑っている(中国人はおほほって笑わないけど)お母さん。「うちの子は解けましたざます」って。

小学生にオリンピック算数を学ばせることに対し昔から議論が尽きない。かささぎが北京にいたころ中学受験の特長生(一芸に秀でる生徒が別枠で有名中学に入学できる)として英語が得意な子や楽器が得意な子と並んで、オリンピック算数ができる子に対する評価は高かった。その後基準は多様化しており、今では古典劇ができる子とか伝統人形が作れる子や 剪紙のうまい子なども対象になっているが、学校側の意向や募集の人数等、調べてみないとよくわからないところが多い。

西側諸国の人々の反応だが、ツッコミはありでしょ。つうか、もともとツッコミ大歓迎でHPに載せたんじゃないのかなあ。日本でも中学受験の出題をネタに笑いを取る芸人さんがいる。面白いの大好き。

面白いのはいいが、答え、全然わからないんですけど。

検索してみた。3段階に分けて考えるといいらしい。
http://news.163.com/15/0416/03/AN9UI3UM00014Q4P.html

@10個列挙された誕生日候補のうち、18日と19日は1回しか出てこない。仮にBが18か19と告げられていたならBにはもうわかっているはず。ところが、最初のAの確認めいた発言によりその時点でBはまだわかっていないことがはっきりする。18でも19でもないのなら5月と6月は該当しないと判断が付く。

A残るは7月14日、7月16日、8月14日、8月15日、8月17日。
14日が2回出てくる。仮にBが14と告げられていたのなら、Bはまだ7月か8月か判断できないはず。ところがBは「今の話で分かったよ」と肯定したのだから14日はあり得ない。
誕生日候補は7月16日、8月15日、8月17日に絞られる。

Bここで月しか告げられていないAにも誕生日が判断できた。ということは候補日が2つある8月であるわけがない。よって答えは7月16日。
…だそうだ。今日、インコに試してみる。

話が違うが、漢字をネタに外国人がツッコミいれるお笑いがある。あれ、WHY CHINESE PEOPLEってやってほしい。中国でもウケると思うのだけど。「うちの子は幼稚園の時に書けましたざます」と真顔で教えてくれる親御さんもいるかも(勝手に想像)。反応が見て見たい。
よく考えたら日本の漢字も中国の漢字も難しいけど、台湾の漢字が一番難しい。行ってみてわかったが読めない漢字がたくさんあった。あれ、書くのも時間がかかって大変だろうなあ。臺灣だものなあ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
算数問題に対する世界の反応と中国のプライド? 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる