北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 屋外串焼き営業制限エリア

<<   作成日時 : 2015/05/07 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

北京の大気汚染の原因にはいろいろあるが、その中には食べ物の調理で出る煙も列挙されている。

たとえば各家庭の台所で調理する時に出る油煙も環境を汚染しているといわれている。野菜炒めひとつにしても高温に熱した油で一気に炒めるやり方が中華だから確かに煙は出やすい。とある実験によると、炒め物を5分かけて作った場合、発生するPM2.5は20倍に増加する、という結果が出ているそうだ(一年以上前の新京報の記事に書いてあった)。総量でどれくらいになるのか、人体に影響する量なのか、肝心なことは書いてなかったが。

レストランの厨房に“油烟净化设施”が設置されているか、またそれが正常に機能しているか、北京市側は調査を行い、排気が基準値を超えていた場合は、法に依り処罰を行っている、という。(実際どれだけ厳しくなってるのかはわからない)
一般家庭の台所からでる油煙対策として、市政府は“净化功能”付きの換気装置をつけるよう奨励しており、援助金をつけていきたいと言っている。(が、その後どうなったか知りようがない)

………
このたび露店の串焼き屋の営業エリア制限に関する規制が発表された。
記事になっていたのは市城管执法局联合市环保局が朝阳区常营回族乡にて露店串焼き屋規制に関する会議を開いたというもの。串焼き営業をしてはいけないエリアを具体的に通達したのは今回が初めてなのだそうだ。
市民から苦情が寄せられる場所はたいがい繁華街か居住区の近くで、なかでも朝阳区の苦情が一番多いという。

市城管执法局は《北京市2013-2017年清洁空气行动计划》に基づき、今年は四环路内の中心エリアおよび郊外区で定められているエリアでの露店串焼き営業取り締まりに力を入れていく。露店営業取り締まりの過程で城管队员はよく職務遂行の妨害に遭うが、熱くなっている店主との衝突を避けるため “非现场执法”といって「現場でとりあえず営業証を取り上げ後日罰金を支払わせる」方法をとる。後日冷静になった店主に环保・公安・工商・街道综治部门の係が現場の写真や録画を見せながら諭し処分することで店主とのもめ事を減らすことができる。串焼き用の器具は没収する。罰金は2000〜2万元。

以下新京報より。串焼き営業禁止エリアと飲食営業夏季制限エリアの一部紹介。
全部禁止露天烧烤区域
・城六区:东城、西城、朝阳、海淀、丰台、石景山。
・远郊区域:通州、北京经济技术开发区。
远郊区县部分禁止露天烧烤区域
・县城中心区:东至沙峪沟立交桥,西至彩虹门,南至潮河北岸,北至沙河铁路桥。
・重点道路两侧,包括:101国道、密关路、密顺路。
・重点功能区域,包括:经济开发区、旅游景区。各镇中心区的街道、胡同、广场、居民小区、公共绿地等公共场所。
・全区学校、医院、居民小区周边100米之内,以及公园、公共交通枢纽、公共绿地等公共场所。
・各镇、街道的主要大街,经济功能区的建成区域。
36处露天烧烤举报集中点
・东城区安コ路东口肯コ基北侧
・西城区马连道南街麦丽コ饭店门前西侧网吧门前
・朝阳区日坛路日坛宾馆门前、朝阳区武圣路北环家园南门
・海淀区人民大学西门
・丰台区马家堡西里32号楼北侧、17路公交车总站双庙站南侧等
66处非法消夏露天餐饮经营场所
・东城区北羊市口街整条街
・西城区白纸坊南横西街天天拉面饭店和老汤拉面门前
・朝阳区百环家园整个小区内、延静里5号楼楼下
・海淀区西直门外大街43号院门前巫山烤鱼门前、小西天文慧园小区正门川菜世家饭店门前
・丰台区育芳园北路三环新城餐饮街等

排煙で困る市民がいるのは理解できるし同情する。だけどすぐPM2.5につなげる発想がよくわからない(ほんとは城管の都合なんじゃないの)。羊肉串が食べたくなったら“油烟净化设施”のあるレストランに行けばいいのでしょ?食べ歩きが楽しかったのだけど仕方ない。かささぎのなかでは、衛生的で便利な夜宵店を歓迎する気持ちと、きちゃなくてどうしようもないところでこっそり食べる時のわくわく感を懐かしむ気持ちがぶつかってる。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Londonなど英国では夏になるとバーベキューが流行ります
これはかなり煙が出る事で近所から苦情などは有りませんが、人が多く集まり騒がしいのが嫌ですね。 英国の夏はとにかく日本と比べると本当に短いです。雨が多い国ですので
快晴の暑い日は一年で12〜3日ぐらいしか有りません。
でも中国の様にすぐにPMに繋げるのは良くない、それ程厳しく取り締まるなら先に製鉄工場の操業停止を行う事ですね。新日鉄など排気の完全クリーン装置を持っており、一台平均2〜3億円の装置を中国政府も海外から買って取り付けると良いのですが、そうしないで屋台の焼き鳥屋を取り締まりなど、何と無くやる事が矛盾しておるね。このブログでは政府に批判的な内容を書くと直ぐにでもブロックされて、おっかいない目にあるのでできないでしょうが。
その内に共産党破壊の時期が来ればちゃんとした内容でかける時期が直ぐにでもきます。頑張って下さい。
タイチーマン、Londonより。
2015/09/01 08:33
タイチーマン様:コメント有難うございました。中国の難しいことは「莫談国事」のつもりでおりますが、新聞を読んで、覚えておきたいものや思ったことを書き留めるようにしています。北京の串焼屋の煙問題ですが、先日も取り締まりが進まず相変わらず苦情が絶えないという記事が出ていました。上と下の攻防は続いているようです。東京では今年もバーベキューの煙やゴミ捨て問題がありました。楽しむ側と迷惑を蒙る側の対立はどこでも起こることなんでしょうね。英国の秋は素敵そうですね。ご健勝をお祈り申し上げます。詳しくいろいろ書いてくださって嬉しかったです。
かささぎ
2015/09/01 15:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 屋外串焼き営業制限エリア 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる