北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年センター試験の中国語 幼稚園の思い出 

<<   作成日時 : 2015/01/20 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とある塾からセンター試験の同日体験(無料)をしませんかというDMが届いたがインコは興味なかった。やる意味がないって言う。意味あるのかないのか、かささぎには分からないが、あまりにものんびりというか他人事みたいな口調にカチンときて文句を言ってやった。「じゃあ後で数UB だけはやる」って言う。いつやるのか、ホントにやるのか、一寸様子を見ようと思う。

子供にはえらそうなこと言ったが、かささぎは数学が超苦手。問題見てみたけど全然わかんない。見た途端目がかすんで老眼が悪化する。体が拒絶する。

それで中国語の問題を見てみた。中国語の問題ははっきり見えた。
久しぶりに問題を解くという作業をしてみた。よくもまあ間違えずに解けたと思う。今年の文章題は分かりやすい?
第5問は泣きそうになった。いい話だった。第4問の「託児所お迎え遅刻10分以上に30元の罰金」の話は面白かった。最高で何分まで遅刻していいんだろう。仮に2時間とか3時間とか遅刻し“延長保育代として30元払う”と考えたら、今の相場なら安いものだろう。
間違えたのは第1問だった。声調の組み合わせの問題で、基本中の基本なんだろうけど、かささぎはかなり迷った。何度も声に出して読んでみたのだけど、二声か三声か分かんなくなってしまった。
音読、少し頑張って見ようかなあ。辞書引いて確認するのが面倒くさい。

………
インコは昔北京の幼稚園に半年通っていたことがあるって話、何度か書いたかもしれない。
幼稚園の費用、どういう風に計算していたかちょっと思い出せない。領収書も残ってない。金額が良心的な園だったからいちいち細かくチェックしなかった。

入園前に健康診断を受けて証明書を作る必要があった。わざわざ妇幼保健院にいって検診した記憶がある。

お昼寝用子供ベッドがあって、布団を用意しろと言われた時はすごく困った。既製の子供蒲団を探したのだけど見つけられなかった。地元の人は手作り業者とか綿打ち屋に頼むのかもしれない。とりあえずタオルケットや毛布で許してもらった。
いろいろ親切にしていただいた。当時の習慣としてどうすべきか迷ったけど、結局校長先生や担任の先生に付け届けをしなかった。

古くて暗くて園庭も狭くていい環境とは言えなかったが一応大学附属だった。仕事を持つ親にとっては結構便利でなんでもやってくれる園だった。例えば、昼の給食費以外にも、朝食代や夕食代を払えば一日三食まかなってもらえる制度があった。インコは毎朝7時過ぎには登園していたような、夕方のお迎えは6時半まで大丈夫だった様な。最初から延長料金込みで支払っていたのかもしれない、それも忘れてしまった。

お迎えに何度か遅刻してしまったことがある。そしたら先生が「お泊りもやってますよ」と言ってきた。実際寄宿している子がいたそうだ。でも、各学年に1人か2人ぐらいでそれも定期ではなかったらしい。

一度帰った子が習い事のために再登園する日もあった。絵画とか算数とか算盤とか英語とか中国将棋とか古筝とか。確か6時半開講だったような。インコは古筝を選択した。先生は音大から来てくれたのだけど、難しすぎて生徒がどんどん脱落し、結局一期だけで終わってしまった。算盤や将棋は親が隣に座って一緒に勉強するようになっていた。英語と算数は人気だった。よその子が通うならうちの子も、って雰囲気があったのだと思う。習い事の料金は相場より高いわけでもなかったと思う。

これ、昔の写真。懐かしい。
画像


追加:だいぶ古いが、2009年6月に新京報に載った幼稚園学費をブログにメモしていた。その内容は:
北京の幼稚園の学費基準(ひと月あたり)は3種類に分かれている。
政府規定の費用で行っている幼稚園は698ヶ所。最高420元。
「体制改革」中の幼稚園は188ヶ所。900元ぐらい。
市場自主価格で行っている幼稚園は380か所。金額は不確定。
※民営幼稚園になると市場自主価格なので、その幼稚園によって差が大きい。半数近くが1000元以下だが、1000元以上2000元以下かかるところも33.3%にのぼる。
…ということはかささぎはひと月400元ぐらい払っていたことになる。
当時は食費や雑費も含めてたぶんひと月1万円ぐらいで計算していたような気がしてきた。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年センター試験の中国語 幼稚園の思い出  北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる