北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 絵本・猫兒事務所(猫の事務所) 竈坑猫(かま猫)

<<   作成日時 : 2014/08/29 18:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

宮沢賢治のお話でインコが好きだったのが「北守将軍と三人兄弟の医者」と「猫の事務所」だった。三人のお医者の話は、特に治療の様子が不思議で面白いから、インコには大うけだった。
猫の事務所の話の方は、読み終わるときまって「かま猫ちゃぁぁん!」て本に呼びかけるものだから、見ているこっちが癒された。もうだいぶ昔のことだけど。

北京に行ったときその絵本を見つけてしまった。ああ「かま猫ちゃぁぁん」がいる、って思った。

絵本の帯には、宮沢賢治を「日本的安徒生」と紹介している。また「日本图书馆协会、日本全国学校图书馆协会选定图书」とも書いてある。
また「让孩子打破偏见,学会尊重的现实主义童话」と書いてあるし、さらに表紙の裏には「宫泽贤治以猫喻人,抨击世间以相貌和身世背景来区别待人的不公,发人深思」とある。

猫の事務所…猫儿事务所
第四書記・かま猫…第四文书・灶坑猫
贅沢猫…贪吃猫
軽便鉄道…轻型铁路(小型火车行驶的铁路)

画像

絵は日本の黒井健氏。
出版社は「新星出版社」。
翻訳者は周龙梅さんと彭懿氏。(以前このブログで新美南吉の話を調べたときも、このお二人が出てきた。一緒に仕事をすることが多い?)
周龙梅さん…翻訳家。哈尔滨师范大学日语专业卒業後、立正大学で修士号取得。广州暨南大学外语系で日本語教師を務めたことがあり、現在は佐賀大学で教鞭をとる。童話だけでなく、例えば林真理子さんのanegoとか手がけたそうだ。どんな方なのかなあ。
彭懿氏…復旦大学卒業後、東京学芸大学で修士号を、上海師範大学で児童文学を研究し博士号を取得。現在は浙江师范大学儿童文化研究院に所属。中国作家协会会员。安房直子さんの作品がお好きだという。
http://baike.baidu.com/view/522295.htm?fr=aladdin
国家図書館少儿馆のトークイベントで絵本作家のいわむらかずお氏のお相手役を務めたそうだ。日本と中国の交流、途切れてはいないんだなあ。
http://baby.sina.com.cn/news/2013-09-16/164261299.shtml

また今度北京の本屋に行ったら、絵本コーナーを覗いてみようと思った。楽しみが増えた。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 絵本・猫兒事務所(猫の事務所) 竈坑猫(かま猫) 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる