北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒業撕書節 教科書を破り捨てるか

<<   作成日時 : 2014/06/04 14:50   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

インコが小さいときに読んでいた中国の絵本。もう使うこともないだろうから、どうせなら状態が良いうちにと思って、図書館に寄贈してきた。いろんな理由からリサイクルに仕分けされる可能性もありますって説明を受けたが、願わくば本棚行きになってほしい。すべてピンイン付だから、いろんな人に使ってもらえると思うんだけどなあ。

さてインコは学校から国公私立大合同進学相談会の冊子を貰ってきた。やっと高校受験が終わったのにもう次の事を考えなくてはいけない。なんでこんなにせっつかれなきゃならないんだろう。プレッシャーを感じる。

ニュースを読んでいて、中国ではもうすぐ大学入試だったことに気が付いた。
で、出てきたのが“撕书”という言葉。

教科書をビリビリに破ってまき散らす高校があるという話、以前このブログのコメント欄で教えてもらっていた。

“毕业撕书节”。百度の説明によると、2012年の大学統一入試を目前に四川省のとある高校で生徒たちが教科書を破って騒いだのが始まりらしいが、そういうのは他の学校でも行われているのだという。受験前にやるところに“背水一战”の意気込みを感じる。

テレビで報じられてから“毕业撕书”の存在が知れ渡るようになったらしい。
当時から賛否両論あったらしい。受験で溜まっていたものを吐き出すためにやってんだから、褒められた行為ではないが、敢えて強引に制止させるものなんだかなあ、って。

今年はさらに話題になってるようだ。
というのは、「本を破り捨てるんじゃない」と反対されたことに腹を立てたとある高校の生徒6名が50代の先生を袋叩きにしてしまったことが明るみになったから。
 
「恩師を殴るなんてとんでもない。不法行為を見逃してはいけない」
「暴力沙汰なのだから警察に通報すべきだろう」
「暴力をふるうような生徒が大学生になって社会に貢献できるだろうか」
なかには「文化大革命式暴力(生徒が先生に手を挙げるから)が横行するなんて責任を追及すべきだ」なんてのもある。
あの钱文忠教授も怒ってるらしい。

問題視されているのは、なんで通報しなかったのかという点。受験前だからって穏便に済まそうとしたことが批判にあっている。「法より受験が大事ってことはなかろう」という意見。

反面、「処罰するだけが良しとは思えない。まだ学生なんだから温情をかけてやるべきではないだろうか」という意見もある。「とりあえずは受験させ、それから警察で処分を受けてもいいのではないか」

記事ではこの“撕书”をどうとらえるか、いろんな人の意見を載せていた。
とどのつまり教科書をビリビリ破きまくるってどうなのよ。受験のストレスは相当なものだから大目に見てやろうってことで、本当にいいのだろうか。中国の大人たちは子供たちの扱いに結論を出せないでいるようだ。

危惧を感じている人もいる。「教科書は知識の元であり泉である。大勢でいたぶるものではない。魯迅先生も“把有价值的东西毁灭给人看即为悲剧”と言ってるじゃないか。」
「教育の目的は立派な国民、道徳ある人間を育てることにある。受験勉強が大変だったからという理由で好き勝手なことをしていいものだろうか。教育たるものはなんなのか理性を以て考えてほしい」
「先生を尊敬せず道理をわきまえず本を愛さない。そんなバカ騒ぎはやめさせるべきだ」
「受験で使ってきた教科書やノートやプリントはすべて自分の努力の結晶であり、自分の分身のようなものだったはず。それを破くなんて勉強してもちゃんと理解していないってことだ」
「社会は子供たちに成績だけを求めていたのではないか。その後ろめたさから、子供たちの荒んだ態度や思いやりの無さややりたい放題の暴力を見過ごしてきた。動機が間違ってるから結果も違ってしまうのだ」
以上、新京報より。

暴力がきっかけではあるが、こういう議論悪くない。中国の大人たちが試されているみたい。続きが知りたいなあ。それから子供たちの声も。受験ストレスって決めつけてるけど、それだけなんだろうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
卒業撕書節 教科書を破り捨てるか 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる