北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年 春晩 春節聯歓晩会 点賛!!

<<   作成日時 : 2014/04/25 15:01   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

春節聯歓晩会って季節限定の番組なのだから生放送を楽しむところに醍醐味があるはずなんだけど、このたびやっと落ち着いて見ることができた。

藤の花が満開。ツツジも咲き出した。爽やかな季節で気分がいい。だから動画を見ていても機嫌がいい。口パクだって気にならないし、マジックがバレていてもご愛嬌だと思えるし、今年「本命年」のジャッキーが演目を読み違えてもゆるしちゃう(だって本命年なのだから)。

今年の春晩ってかささぎ好みだった。盛り上がり方が心地よかった。
ステージ。ここ数年に比べると色味や演出が落ち着いていた(昨年からの節約令が関係しているのだろう)。出演者に集中しやすい演出も悪くない。
相声では、観覧者の過度な笑い声がなくなって聞きやすかった。
なんといっても少数民族のおにいさんおねいさんの歌や踊りを最初に持ってきたのが良かった。おめでたい気分が一気に盛りあがった。昂揚感あってこその春晩。ありがとう。
バレエも良かったし、ひな壇大合唱も良かった。
司会の董卿さんは今年もお美しかった。俳優の张国立氏を司会に抜擢し「おじさん3人組」にしたのはユルかった。
ボケ役をおじ様に任せるのが中国式なのだろうが、そろそろ董卿さんのボケ役も見てみたい。
“国粹”京劇も長いことやられたら飽きてしまうがあれぐらいなら丁度いい。華やかで素晴らしい。快板の演出も気持ち良かった。中国には素晴らしい文化がたくさんあるのだから、本当はわざわざ「中国夢」演目を入れてこなくても、中国の凄さは十分伝わってくる。

小品。往年の「軍民一体モノ」はもうやらないのだろうか。最近は本当に面白いものだけが求められている様だから、一般市民の生活を土台に社会風刺を上手に取り入れたものが多い。
「人到礼到」ではお祝いごとに招待された夫婦が幾ら包んでいくかで喧嘩する話。
「扶不扶」は困ってる人を助けるかどうかって話で、今の社会問題を面白おかしく取り上げている。「ベンツに乗って羽振りのいい暮らしをしていたが、人助けが三度続き、今では自転車生活になってしまった」ってブラックなジョーク。最後に、他人から言われたことをそっくりそのまま言い返して反撃するところが面白かった。
「我就是这么个人」は上司に付け届けをするかどうかって話。冯巩氏はいつもと同じようなパターンで最後を締めるのだけど、その贈り物が空気清浄器だったのは今風だった。今回の春晩ではさすがに公害を直接扱うことはなかったが、空気清浄器を担いで登場したのが精いっぱいの風刺だった。
「扰民了你」では蔡明さんが今年も毒舌dusheキャラをやっていた。(毒舌dusheって言い方、日本語から導入した?)「厕所里跳高ーー过粪!!」ってきっぱり言い切ったところあたりから面白かった。

相声。今年も曹云金氏と刘云天氏のお二人だった。話の内容がどれも身近でわかりやすかった。買い物好きな妻の話も飛行機で「所有饮料一样一杯!」と言ったのも可笑しいが、「爸,我妈呢?」のセリフあたりからグッと引き込まれる。

お笑い系の演目数が年々少なくなってるって意見もあるようだが、もし時間的に制約があるのならいるのならいっそのことマジックを削ってしまったらどうだろう。

各国からの祝電紹介はもうやらないが、「世界各国で春節を祝っています」映像を流していた。フランスもインドもブラジルもアフリカのセネガルだってお祝いしてる。いつか日本の映像も流してほしい。

楽器演奏。ピアニスト郎朗とクロアチアのチェリスト2人組2CELLOSの演奏はもっと聞きたかった。2CELLOSってドコモのCMに出演していた人たちでしょ。イケメンは大歓迎。

歌。韓国からやってきた李敏镐(イ・ミンホ)氏のあまりの美男子ぶりに感心。目の保養になった。でも歌は台湾歌手の庾澄庆氏の方が上手かった。
苏菲玛索(ソフィーマルソー)さんが刘欢氏と歌っていた。かささぎ的には刘欢氏だけでいい。

影絵。出演したのはハンガリーの影絵劇団。

腹语。腹話術ってどういうものか説明をしていたので大陸ではあまり見られない演目なのかもしれない。台湾のパフォーマーがほんわかした演出をしていた。

かささぎは思う。春晩もずいぶん国際化が進み、いろんな国の人が出演するようになったのだから、日本のパフォーマーにもそろそろお声がかかってもいいじゃないか。いろいろ制約があるのなら、ゆるキャラにお願いするのはどうだろうか。腹話術の鳥のぬいぐるみだって出られるんだもの、着ぐるみだって似たようなもの。中国語ができるふなっしーとちっちゃいおっさんでやってくれないかなあ。くまもんを連れてったらNHK歌合戦を再現できる?(ちなみにくまもんは中国語で“熊本熊”。やまもとやまみたい。ふなっしーは“船梨精”)

ステージで4時間ずっとくるくる回り続けていた小彩旗さん。春晩でやる必要があるんだろうかって思うのだけど、尺が取れる番組じゃないと実力を証明できないだろうからこの番組になったのかもしれない。あれってセマ(イスラム神秘宗教儀式でやる旋回舞踊)と同じ。

バレエ劇「红色娘子军」。赤い布を付けた青龍刀や手榴弾を持って踊るのだから初めて見る人にはすごいインパクトだと思う。でもかささぎは大喜び。昔学校の企画で劇場鑑賞した思い出が懐かしい。

例えば、「在那遥远的地方」とか「康定情歌」とか。思い出につながる曲を聞いても懐かしさでいっぱいになる。知ってる歌手を見つけても嬉しくなる。今年は乌日娜さんが良かったなあ。素晴らしい歌声。
(話がそれるが「在那遥远的地方」の歌詞「我愿做一只小羊跟在她身旁,我愿每天她拿着皮鞭不断轻轻打在我身上」って…?)

今年はまじめにメモしておく。番組内で取り上げられた、立派な行動をして表彰された人達。
孙茂芳氏:北京の雷锋と呼ばれる。長年に渡り、お年寄りや障がい者を医療援助したり貧しい人に経済援助をし続けた。
刁娜さん:交通量の多い道で偶然事故に出くわし人命救助をしていたところ、自分まで車に突っ込まれて大怪我を負ってしまった。
吴恒忠氏:事故で亡くなってしまった息子が19万元の借金を残した。貧しい農村暮らしにはあまりにも多額だったが、逃げも隠れもせず肩代わりし、老いた体に鞭を打ち10年にわたり返済し続けた。
钟晶さん:無医村で診療所を開いた。診療設備を自己負担で調達した。
刘培氏:全身96%に火傷を負った父親を救うため、弟とともに皮膚提供を3度行った。
龚全珍さん:90歳の老党員。小学校の校長を退職してからも地域のために働いた。出稼ぎ家庭や貧しい家庭を経済的、精神的、思想的に支え続けた。

最後に。変わった髪型をした外国人らしい観客が何度も演目の幕間に映っていたが、あの人って一体誰だったんだろう。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
英雄赞歌...红色娘子军....第一流!尤其是中央芭蕾舞团的<红色娘子军>,是中国革命故事,中国音乐,加西洋的舞蹈,编排而成的经典,群舞特别好看.朱军穿中山装当报幕员,肚子有点太大,油头粉面的,没有过去那种精悍气.主持人还出了个张国立,我觉得不好,不够专业.小品<扶不扶>给人印象比较深刻,现在这样直面社会矛盾的文艺作品太少了.春晚还有一个一直转圈儿的小姑娘,是杨丽萍的侄女,从开始到落幕她一直在转圈,没什么意义的节目,因为在春晚演出,倒成了话题人物.
今年的春&#26202;
2014/05/25 17:17
春节后发生了许多许多事
感觉国家跟以前不一样了.
马航失踪航班成了永远的谜
昆明火车站出事
新疆连续发生恐怖事件
上海等地的警察开始配枪巡逻
云南警察击毙犯罪嫌疑人被媒体置疑

我19岁前在新疆生长,新疆是干燥的阳光寒冷的冬天,吃不完的西瓜甜瓜葡萄苹果香梨,晚上出门也不用担心安全,我的家乡从来也没有像今天这样让人不安....
天涯&#35266;光&#22242;
2014/05/25 17:23
今年的春晩桑:成功春晚表演的演员们,能够得到世界的青睐。印象最深的就是群舞千手观音。她们出台过日本的电视节目也演出过日本公演,而且非常受欢迎。今春来日进行东京/大阪公演的是杨丽萍和小彩旗。我不知道票房如何,可是这样的时候敢于在日本演出,我觉得值得一提。主持人张国立还不算什么,你知道今年NHK紅白歌合戦的女主持人绫濑遥,掺得要命,实在看不下去。她演技特好,可绝对不是当主持人的料。
かささぎ
2014/06/02 13:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年 春晩 春節聯歓晩会 点賛!! 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる