北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 河川と湖沼の状態 水質のランク 農業用水

<<   作成日時 : 2013/11/22 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

新京報。「北京の川と湖の4割は汚いから、水に触れてはいけません」って大見出し。
子供たち、可哀そうだなあ。

でも、日本だって昔の川は汚かった。あの隅田川も汚染のせいで花火大会が開けない時期があったって聞いたことがある。どっこもおんなじようなことになるんだろう。
かささぎも今思うとずいぶん汚い遊びをした。
むかし、通学路に小川があった。下校途中に寄り道してみることがあったが、大人から「汚いから遊んでないで帰んなさい」と叱られた。みんなから「どぶ川」と呼ばれていた。確かにどぶ臭かった。ご飯の粒があった。
それから線路もあった。石には触るなと言われていたが(並べたなんて誤解でもされたら大変)、敷石の中にはちょっと変わった色のもあって、誰かに取られる前に拾ってしまいたかった。で、うろうろしていて大人に見つかる。「汚いから触っちゃダメ」。良く見ると線路に沿って白いのが落ちてる。あれってトイレから落ちてくるちり紙だった。乾いて石にこびりついてる。たれ流し…。

………
《北京市实施<中华人民共和国水土保持法>办法》に基づいて北京市人民代表大会常務委員会の執法検査組が調査した北京の現状について、北京市人民代表大会常務委員会の副主任が報告を行った。それによると2008〜2012年の間、北京市では大規模な建設による人為的な原因により流出した土砂は700万トンにもなる。土砂の流入は水源の富栄養化につながる。北京市の河川湖沼のうち、水質が4類(直接人体に触れるのは適さないレベル)以下が40%を超えていた。特に、下流地域ではほとんどが劣5類(灌漑不適)であり、その水は腐って濁っている。

つまり、この5年間、北京の水質改善はほとんど進んでいない。

水質のランク
1類:水質良好。簡単な消毒処理で飲用できる。
2類:軽度な汚染。浄化処理をすれば飲用できる。
3類:都市生活の水源として飲用水に使われる。2級保護区・一般魚類保護区・遊泳区に適す。
4類:一般工業保護区・直接人体に触れないレジャーを行う娯楽用水区に適す。
5類:農業用水・風景として差し障りないレベル。
劣5類:使用不可能なレベル。

………
農業用水の基準って…結構ユルいような。それで検索してみた“农田灌溉水质标准”。
http://baike.baidu.com/link?url=PZHGcpIdWSZu0W-VYoiDyQjKM_t_ik2lbPgrD1Om2k0S8Q4L2c3tVbZGNdThfdgxnJP9r9lWr6Lv8X-RyUpGd_
検査内容:pH值・六价铬(六価クロム)・总汞(総水銀)・铜・锌(亜鉛)・铅・镉(カドミウム)・氟化物(フッ化物)・总砷(総ヒ素)・氰化物(シアン化物)・五日生化需氧量(BOD5)・挥发酚(揮発性フェノール )・阴离子表面活性剂(陰イオン界面活性剤)・氯化物(塩化物)・悬浮物(浮遊物質)・硒(セレン)・化学需氧量(COD)・石油类和动植物油・ 硫化物・硼(ホウ酸)・全盐(塩分)・粪大肠菌群(糞便性大腸菌群)・蛔虫卵・乙醛(アルデヒド)・丙烯醛(アクリルアルデヒド)・苯系物(ベンゼン系)・三氯乙醛(トリクロロアセトアルデヒド)

目が痛くなった。難しすぎた。これだけ細かいんだもの、基準はきっちりしているんだなあと思った。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
墨田川、汚いだけではなく、臭かったですよ。東京湾なんかも、汚れていたんじゃないでしょうか。確か、当時の大人たちはよくハゼ釣りなんかしていたんじゃないかと記憶してます。当然、釣ったハゼは胃袋の中へ。いつごろだったか、琵琶湖のひどさも問題になりました。いずれも原因は工場排水による汚染や家庭からの排水による富栄養化。井戸水なども化学物質のために全く利用できない状態に。細かく調べたら、中国・北京もさまざまな悪影響が出ている、いや、今後出てくるのではないでしょうか。
増田
2013/11/23 02:38
増田様:琵琶湖や井戸の問題、すっかり記憶の片隅になってました。コメントありがとうございます!昔の隅田川、それこそ中国語の「又臭又黒」状態だったんですね。汚染ってどこの国でも起こり得ることなので、中国だけを言っているわけではないんですが、何事もないまま終われないと思います。別の話になりますがウチから遠くない川のうなぎがセシウム基準超えだったってこともありました。心配してないわけではありませんがどうしようもありません。鈍感になってやり過ごしています。
かささぎ
2013/11/23 14:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 河川と湖沼の状態 水質のランク 農業用水 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる