北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 国慶節で混雑した観光地 

<<   作成日時 : 2013/10/23 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の国慶節の観光事情。高速道路が渋滞したとか、観光地が人であふれかえったとか。
10月3日にもなると中国各地の観光地の混乱ぶりが明らかになってきた。例えば河南云台山、湖南张家界、山东崂山、贵州梵净山など。人口が多いってほんと大変だなあ。そろそろ、本気で国慶節連休の対策を考えるべきじゃないだろうか。

四川省の九寨溝観光区で苛立つ観光客が道路に溢れかえり、渋滞が渋滞を引き起こし、結果、武装警察が出動するという騒ぎがあった。夜中9時ぐらいまでごちゃごちゃやったらしい。とりあえず、けが人が出なくて良かった。

九寨溝観光区。世界自然遺産。国家5A旅游景区。中はとっても広い。観光区内にはちゃんと舗装された道路があり、入場者が十分利用できるぐらいの本数で専用路線バスが走ってる。観光区入場ゲートをくぐったらまずこの専用路線バスに乗り、自分の見たいエリアのバス停で降りて観光する。時間に余裕がなければバスをフルに利用し、余裕があればバス停一区間ぐらい散策を楽しむのもいい。観光区の中で生活している少数民族がいるから、彼らのお店によって買い物するのも楽しい。

10月2日。九寨溝観光区に入場した観光客は4万人余り。九寨溝景区管理局の担当者の話によると、これまで九寨溝では一日の観光客数が4.1万人を超過したことはなかった。このたびの騒ぎは入場者数が多すぎたことが原因ではない。どういうことかというと、夕方になり帰りを急ぐ観光客が集中し、専用路線バスに待たされる時間が長くなり、いらだつ雰囲気になってしまった。そして一部の客が感情的になりバスを囲んで動けなくしたため、渋滞が渋滞を呼び、混乱になってしまったのだそうだ。言い訳っぽいなあ。

特に诺日朗のりばでは2000人余りが足止めを食らい、5時間以上動きが取れなかった観光客も少なくなかった。座り込んで動けなくなる者もいたし、空腹に耐えきれず道路のわきで食べ物を調理しだす者までいたという。夜中11時から入場券払い戻しを行い、早朝3時までに8000枚の手続きをした。早朝6時からは払い戻し窓口を7か所設け、11時までに1.1万枚の手続きを終えた。憤って窓口を破壊する客はいなかった。九寨溝管理局はお詫びコメントを発表し、2日の入場券を持つ人には全額払い戻しをすると約束した。

九寨溝の当時の混乱ぶりはこちらで。一時四川地震の影響で観光客が集まらない時期もあった。だから満員御礼になったこと喜んであげたいのだけど、さすがに过犹不及。楽しめない観光なんて。
http://v.ifeng.com/news/mainland/201310/01768f4a-1b0f-4219-b1de-1c2a65f152a1.shtml 
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国 国慶節で混雑した観光地  北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる