北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気や薬のはなし 半夏瀉心湯

<<   作成日時 : 2013/07/03 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分がそういう年代になったのだろうが、知り合いの中国人からガンの話を聞かされることが多くなった気がする。
例えば、かささぎの知り合いの知り合いの親戚がガンを患ってしまったが日本で治療を受けられないだろうか、と相談を受けた。お金ならいくらでも用意するって言う。浅く調べてみたのだが、お金の問題以外にも病院の引き継ぎや中国側主治医が発行する各種書類の用意、ビザ等諸手続きの問題もあるし、一番大変なのが通訳の問題じゃなかろうかと思った。それに仮に手術することになってそれが無事終わったとしても予後の検査や治療もあるだろうから家族らと離れる時間も長くなるだろうし、いろいろな面を考えると難しいのではないかと思った。詳しい病状や家庭の事情を聞かされていないかささぎに判断できるわけもなく、自分の意見に加えて、ネットで見つけたメディカルツーリズムを扱う団体のHPを教えてあげたところで、やり取りは終わった。

その後、メールは来なかった。お礼のメールを期待しているわけではないが、尻切れトンボというか、中国人のメールって往々にしてあっさりしている気がする。

例えば、亭主の知り合いの知り合いの親が、がん患者用のなんとか食品が欲しいから中国まで送ってほしい、と頼んできた。その商品名が漢方っぽいので本場中国で調達したら如何って返事を書いたら、中国のそのたぐいは偽物が多く信用おけないから是非日本で調達したいって返信してくる。なるほど、中国ならではの事情があるんだ。それでいろいろ調べて“メイドインジャパン”の商品を送ってあげた。かささぎはこういう食品とガンの関係を理解できないのだけど、親孝行な気持ちを分からなくもないし。

その後、メールは来なかった。EMSが届いたか心配だったからこちらからメールをしたら、届いてます、ありがとうございました、と返事があった。お礼を期待しているわけでもないが、到着したかどうかそれくらい知らせてくれればいいのに。

………
インコの中学校は公立だけどエアコンがついてる。インコはその真下でてきめん風邪をひいてしまった。
地震を体験してから我が家でも節電を心がけるようにしてきた。エアコンなんて意地でもつけない(熱中症に気を付けなさいよって言われるけど)。それで気づいた、家と家以外の温度差。よそさまは寒すぎるよ。

思うところがあって、近辺の学習塾めぐりをしていた。エアコンガンガンの部屋に通されそこで話を聞いていたら、かささぎも風邪をひいてしまった。もとから口内炎ができやすい体質でちょうど口の中に3個もできていたときだったから、食事はとれないわ熱でうごけないわで悲惨だった。

それでインコと仲良く耳鼻咽喉科に行ってきた。
そこでインコの担任の先生にかち合った。偶然って面白い。

さて。かささぎの口の中を見て、病院の先生がすごく同情してくれた。風邪で喉が腫れているうえに、しぶとい口内炎が軟口蓋にでっかくはびこっている。これは痛いよね、って言われて、嬉しくて泣きそうになった。病人扱いしてもらってとてもいい気分だった。薬もいろいろ処方してもらった。

そのなかに半夏瀉心湯というのがある。口内炎対症。ちょっと苦いが慣れるとその苦味が美味くなる。
http://baike.baidu.com/view/128212.htm#4

インコが処方してもらった薬のなかには、柴胡桂枝湯というのがある。
http://baike.baidu.com/view/586533.htm
インコは薬が苦手で抗生剤一粒飲むのも嫌がるヘタレなのだけど、漢方薬は更に輪をかけて苦手。中三にもなって「おくすり飲めたね」買ってきてって甘えやがる。無視してほっておいた。

味を感じないように鼻をつまんで飲んでいたらしい。飲んでるときに急に鼻血がでた。強く抓みすぎて血管が切れたのが原因。血の塊になってどばどば出てくるのを今まで見たことがなかったから大騒ぎになった。30分で止まったから良かったけど。

翌日、インコは血だらけになった話を担任の先生に話したそうだ。そしたら担任の先生もその薬を飲んでいて「あら、あんなの全く平気じゃないの」と言われたのそうだ。なんだ、先生も同じ薬処方されてたんですか、って風邪薬談義に花が咲いた、というオチ。つかの間の病気仲間。

かささぎも口内炎仲間がほしい。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気や薬のはなし 半夏瀉心湯 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる