北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 《人在冏途》と《人再冏途之泰冏》のもめ事

<<   作成日時 : 2013/03/03 10:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一体どういうことだろう。おもちろかった《人在囧途》と、おもちろいであろう《人再囧途之泰囧》(略して《泰囧》)とでモメているなんて。(《泰囧》はまだ見ていないけど面白そうだと期待してる)

両者がモメているのは“不正当竞争及著作权侵权”。北京市高級人民裁判所で訴訟が起こった。

《人在囧途》の映画会社は武汉华旗影视制作公司で、《泰囧》は光线传媒等公司なんだそうだ。

《人在囧途》の华旗影视側の言い分は、《泰囧》側がうその宣伝を行い、観客に誤解と混乱を招いてしまったではないかというもの。
例えば《人在囧途》の第二部だと思わせたとか、《人在囧途》と同じスタッフが作った続編だと思わせたとか。
例えば《泰囧》側が、
“因有前面的一个品牌,故光线传媒选择投资”
“很多人期待《人在囧途》第三部、第四部,我想肯定会做下去”
“《人在囧途》本身具有一定的市场熟悉度,故而选择做《泰囧》”
と発言していたではないか、とか。

《泰囧》の映画興行収入は12.66億人民元≒188億6300万円)にのぼる。《人在囧途》側は、もし《人在囧途》が無かったらこんなに売れていなかっただろう、と言っている。
二つの映画を比べると、“无论是片名、构思、情节、故事、主题还是台词等,都有实质上的相同或相似”しており、つまり著作権の侵害にあたるとしている。

《人在囧途》側は損害賠償として一億人民元を求めるという話もあるそうだ。

この映画、両者とも人気があったから、注目度が高いと思うけど、一体どうしてこんなことになっちゃったんだろう。とっても不思議。《泰囧》側がまだ何も発表していないし、まだまだ謎が多い。

ちなみにかささぎは当然ながら続編だと思っていた。タイトルが超似てるし、主役の役者さんが同じだったから。いろいろ裏事情があるなんて映画界も大変だなあ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《人在冏途》と《人再冏途之泰冏》のもめ事 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる