北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学生の重いかばん 打ち上げ会

<<   作成日時 : 2012/05/19 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月の保護者会で「新しく配布された教科書、親も手にとって見るように」と言われた。「去年より厚くなっているし、字も細かくなっている」とのこと。先生に言われたからには一応見てみなくては。でもよく分からない。大した変化は無いような?
「そんなことないよ、確実に厚くなってるよ。よく見てよ」とインコ。
教科書以外にもワークとか資料集とか次から次へと出してくる。国語とか社会だけじゃない、音楽ですらあれこれある。そんなに出されるとますますわからなくなる。

ということでかばんごと量ってみた。その日の総重量は9kg。担ぐと紐が食い込む。「もっと重い日もあるよ」とインコ。なるほど、中学生は大変。というか、中学生の肩が大変。
かささぎは迷わず言った。「今日からおきべんしていいよ」
中国の小学生が使っているような、キャリーケースのような学生かばんがあればいいのに。キャスター付きのコロコロ引っ張るやつ。

………
最近のインコの食欲は尋常ではない。朝は「腹減った!」って言いながら起きてくる。相変わらず給食も毎回おかわりする(食べないと部活までもたない)。
先日体育祭がありお弁当持ちだった。「何が食べたい?」って聞いたら、「肉と肉と肉」って言う。だから牛肉と豚肉と鶏肉をぎっしり詰めてやった。

………
体育祭は楽しそうだった。熱戦が続いたし、応援も盛り上がった。細かいことは書けないが稀に見る感動シーンがあり、ヒーロー達を前に男泣きする生徒が続出。涙をぬぐう父兄も初めて見た。

………
体育祭の後は打ち上げがあった。大人じゃなくて中学生達の。
中学生が打ち上げなんて。お小遣いをもらう分際でありながら子供たちだけで大勢集まって外食するなんて。と、思ったら、普通に“あり”なのだそうだ。
よく考えてみると、これにも事情がある。今の時代、教室を借りてお楽しみ会をすることなんてまず無理。小学校卒業のお楽しみ会企画のとき、親が直接学校に頼んでも体育館を貸してもらえなかったくらいなんだから。子供たちが集まれる場所がない。だからカラオケとかファミレスに行くしかない。

クラス全員で集まるのかと思ったらそうじゃなかったらしい。打ち上げを提案する子。誘いを受ける子。声をかけてもらえず無視される子。夜遅くなるから行けない子。

4月に新しく編成されたばかりのクラス。ひとつの考え方だけにこだわらず、みんなが楽しめる方法を諦めずに考えてほしいと思う。夜に遊ばなくても、お金を使わなくても、クラスが仲良くなれる方法があるってこと、願わくば自分達で気が付いてほしい。またかと思ったのは、早速仲間はずれが出ていること。成績とか受験とか気になりだす2年生だが、仲間を思いやれるおおらかな気持ちを持ち続けてほしい。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中学生の重いかばん 打ち上げ会 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる