北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS マグニチュードと「里氏震級」 震度と「地震烈度」 非常食

<<   作成日時 : 2012/03/09 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一年経つのにやっぱり覚えられない言葉。
1ベクレルとは1秒間に1個の原子核が崩壊して放射線を出すことを示す。放射性物質からどのくらい放射線が出ているかその量を示す単位がベクレル(Bq)。
中国語で「贝克勒尔」と言う。

人体への影響の強さを表す単位がシーベルト(Sv)。
中国語で 「西弗特」「希沃特」「西弗」「希」「希伏」等と表現する。

中国語で困るのが外来語を各自それぞれに音訳してしまう場合があること。漢字の国には日本語のようにカタカナでチャチャッとやれない事情がある(これは日本語の「バイオリン」「ヴァイオリン」に例えられる差より大きいと思う)。
なんで違う漢字が当てはめられてしまうのかというと、中国の国土が広いこともあるし、台湾など漢語圏で見るともっと広くなってしまい、それぞれの経路が異なってしまうから。「ドラえもん」や「ドラゴンボール」の登場人物の名前がバリエーション豊かなのがその例。
こちらのサイトではシーベルトにおける事情が説明されている。
中国国内では現在「希沃特(略称は『希』」に統一することになっているそうだ。
http://news.ifeng.com/world/special/ribendizhen/content-2/detail_2011_04/04/5550620_0.shtml

………
かささぎがいまだ良くわからない言葉に、「里氏」と「震级」がある。使い分けが分からない。日本語でいう「マグニチュード」と「震度」として理解してよかったっけ?

「里氏震级」で検索してみた。百度百科の説明は以下の通り。
http://baike.baidu.com/view/1048360.htm
里氏震级是由两位来自美国加州理工学院的地震学家里克特(Charles Francis Richter)和古登堡(Beno Gutenberg)于1935年提出的一种震级标度,是目前国际通用的地震震级标准。它是根据离震中一定距离所观测到的地震波幅度和周期,并且考虑从震源到观测点的地震波衰减,经过一定公式,计算出来的震源处地震的大小。
これを読んで、「里氏」と「震级」という言葉は同じ意味だったと分かった。この言葉を離して覚えてはいけないんだ。
「マグニチュード」とは「里氏震级」のことであり、「里氏」はその略称であり、一般に「震级」と言ってるのは「里氏震级」のことを指しているのだと分かった。

「マグニチュード」=「里氏震级」=「里氏」=「震级」

ちなみに「震级」の説明は:
http://baike.baidu.com/view/66139.htm
震级:是指地震大小,通常用字母M表示。地震愈大,震级数字也愈大,目前,世界上最大的震级为9.5级. 它是根据地震波记录测定的一个没有量纲的数值,用来在一定范围内表示各个地震的相对大小(强度)。震级与地震烈度的概念根本不同。震级代表地震本身的强弱,只同震源发出的地震波能量有关;烈度则表示同一次地震在地震波及的各个地点所造成的影响的程度,与震源深度、震中距、方位角、地质构造以及土壤性质等许多因素有关。
なるほど。震源の深さや地質などの影響を受けた揺れ方を表すのが「地震烈度」。略して「烈度」。これが日本語の「震度しんど」に該当していた。言われてみればそうだった。使わないのですっかり忘れていた。

以下中国の「地震烈度」。全部で12段階ある。
1度:无感——仅仪器能记录到
2度:微有感−−个别敏感的人在完全静止中有感
3度:少有感−−室内少数人在静止中有感,悬挂物轻微摆动
4度:多有感−−室内大多数人,室外少数人有感,悬挂物摆动,不稳器皿作响
5度:惊醒−−室外大多数人有感,家畜不宁,门窗作响,墙壁表面出现裂纹
6度:惊慌−−人站立不稳,家畜外逃,器皿翻落,简陋棚舍损坏,陡坎滑坡
7度:房屋损坏−−房屋轻微损坏,牌坊,烟囱损坏,地表出现裂缝及喷沙冒水
8度:建筑物破坏−−房屋多有损坏,少数破坏路基塌方,地下管道破裂
9度:建筑物普遍破坏−−房屋大多数破坏,少数倾倒,牌坊,烟囱等崩塌,铁轨弯曲
10度:建筑物普遍摧毁−−房屋倾倒,道路毁坏,山石大量崩塌,水面大浪扑岸
11度:毁灭−−房屋大量倒塌,路基堤岸大段崩毁,地表产生很大变化
12度:山川易景−一切建筑物普遍毁坏,地形剧烈变化动植物遭毁灭
(「中国地震烈度表」はこちら。http://baike.baidu.com/view/66144.htm

日本の「気象庁震度階級」は全部で10段階ある。ざっと見比べてみた。似たようなものだけど中国の烈度には家畜の様子が出てくる。10段階と12段階の区分けの違いは、建物の構造の違いと損壊程度の認識の違いだろうか。山崩れで比べると日本の震度7が中国の烈度10ぐらい?
それにしてもなぜ日本の震度には「震度5弱」とか「震度6強」という表現を入れてしまったんだろう。中国人に説明するときちょっとめんどくさい。

……
インコの中学校では先日防災訓練を行った。
非常食の食べ方も勉強してきた。
インコ達が説明用に渡された非常食(クラッカー)は1缶369カロリー。これを1日3食として耐え忍ぶので1食123カロリー。実際の量をインコから説明されて驚いた。無駄食いなんてとんでもない。

これがインコにもらった1食分の量。
画像

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マグニチュードと「里氏震級」 震度と「地震烈度」 非常食 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる