北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年春節聨歓晩会 今年の問題 ありがとう呉秀波

<<   作成日時 : 2012/01/24 02:22   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

楽しみにしていた中央テレビ局の春晩。何度か“卡住”したけど、日本にいながらにして見られるのだから有難い。
今年の春晩は30周年の区切りの年だったそうだ。

このご時勢、紅白歌合戦だって毎年工夫を凝らすのが大変なのだそうだけど、中国の春晩でも同じ現象が起こっているはず。あちらを立てればこちらが立たずで、番組作りではきっと苦労しているに違いない。
司会者の衣装が有名ブランドのパクリだと指摘されてみたり、マジックが動物虐待だと騒がれてみたり、“小品”が東北ネタばかり取り上げていて配慮に欠けるのでは、と言われてみたり。司会者がテレビを通じて「年越し餃子食べましたか?」って問いかけたとしても南の人からすると突っ込みを入れたくなる。些細なことでも揉め事になりかねない。やりにくい。

今年の春晩には大きな変化があった。
もともと春晩の会場はステージがとっても広いのだけど、今年のステージは更に大きくなって客席側に大きくせり出していた。ステージが大きすぎて観客席が減ってしまったので、会場の盛り上がりは例年に比べてちょっと寂しかった。
ただ、背景だけでなく、床や天井までも映像が映し出される仕組みになっていたのがお見事だった。この構造が生かされていたのは雑技の「空山竹语」。まるで本当に竹林にいるようで素敵だった。

それから、番組の途中で企業の宣伝が出たり、「どこどこの国から祝電が届いています」と大量に画面に出てくるのが今までのやり方だったけど、そういうのが無くなってすっきりした。日本が何番目かもう気にしなくていい。

司会者を変えてきたのも意気込みを感じた。女性司会者の派手な衣装合戦もどこかで区切りを付けないと。

だけど、今年のかささぎの期待は裏切られた。
だって、大好きな“人山人海”式のダンスが少なかったから。軍服や迷彩服を来たおにいさんが大量に出てきて踊ってくれないと盛り上がらない。
それに、各少数民族のいろんな衣装をまとったダンサーが大量に出てきて踊ってくれたり、少数民族の衣装の歌手がリレー式に歌を披露するやつもなかった。かささぎはモンゴル族とチベット族のおにいさんが歌う歌が好きなのに。

“小品”だってぐんたいネタがひとつも無かった。空母ネタとか国境ネタとかは?
それに、趙本山氏とか小沈陽クンも出てこなかったし。彼らの顔を見ないと春節を迎えた気がしない。

それから、かささぎは中国舞踊を見るのは好きなんだけど、「雀之恋」はやりすぎだと思う。ベタベタひっ付き合って気持ち悪かった。言わせてもらうが、飾り羽を広げるのはメスの孔雀じゃなくてオスの孔雀ですから。

それから、「除夕的传说」、背景に写された仮想の敵と、そのスクリーンの前に立った本物の人間が戦うやつ、以前日本の番組で見たんだけど。ヌンチャクを振り回すアイデアも同じ。ちゃんと話はついているんだろうか。
それから、小品「面试」も日本のお笑いのネタに似ている、という話もある。

タダで見せてもらったくせに、文句ばかり言ってしまった。
実はいいところも探せばある。

一番嬉しかったのは、吴秀波(呉秀波)氏が登場したこと。ちゃんとオールバックにして登場してくれたところに気配りを感じる。歌声は…だったが、かささぎは彼が大好きなので断然許す。ちゃんと韦唯さんがまとめていたから大丈夫。
费翔氏の「故乡的云」も良かった。「冬天里的一把火」という歌ははじめて聴いたがカッコ良かった。

「玩具总动员」で小さいロボットがたくさん出てきたところ。ピンと来た。今年はロボットが流行るかも。子供たちがロボットを作ったりとか、ロボットコンテストが注目を浴びたりとかするんじゃないだろうか。

今年の春晩は全体的に落ち着いた感じだった。大勢で盛り上がりまくる感じが無かったところがかささぎの期待と違ったのだけど、こういうのがいいって言う人もいるんだろう。

テレビ局の方へ。毎年大変だとは思いますが、自分たちの作りたい番組を作るしかないと思います。好き勝手言ってすみませんでした。来年も楽しみにしています。

………
毎年恒例の屁屁ちゃんとの記念写真。
画像

画像

毎年のことなのだけどいい写真は撮れなかった。これはかささぎがキレた瞬間。宋祖英さんごめんなさい。この写真を撮った後、屁屁は怒って自分で籠に戻ってしまった。
画像

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
小时候的春节很好玩,有好吃的,新衣服,要到处拜年,写贺年片,看春晚,放鞭炮.现在生活水平高了,好吃的和新衣服都没感觉,年纪大了也不放鞭炮不送贺年片,住进楼房了用上手机了也不相互走访拜年了...只有春晚,算是历久弥新的春节标志...现在看春晚,纯粹是为了挑毛病,挑话题,比如女演员的大衣品牌,歌手真唱假唱走音什么的...今年的春晚还不错,不满意的人当然很多,也是看了才觉得不满意,中央电视台搞这个晚会就是希望招徕观众,所以观众满意还是不满意,央视都赢了.
天涯&#35266;光&#22242;
2012/02/02 16:10
天涯小姐:现在哪都有挑毛病的现象,大家一上网就随便说说自己的意见,不过电视台也不轻视大家的反应,反馈到明年也是很好的办法。这次的我最喜欢回顾30年的那段。明年当然也要看。说实话,我能在中国看到春晚直播最好,日本的春节太没味,现在回头想,春晚节目的声音被放炮声淹没的那个气氛多么兴奋。
かささぎ
2012/02/03 10:02
天涯小姐:现在哪都有挑毛病的现象,大家一上网就随便说说自己的意见,不过电视台也不轻视大家的反应,反馈到明年也是很好的办法。这次的我最喜欢回顾30年的那段。明年当然也要看。说实话,我能在中国看到春晚直播最好,日本的春节太没味,现在回头想,春晚节目的声音被放炮声淹没的那个气氛多么兴奋。
かささぎ
2012/02/03 10:03
对中国人来说,央视春晚不仅是一台晚会,也不仅是一套电视产品或视觉商品,现在的人很少能体会出80年代观众对春晚的期望,记得好像是1985年的春晚,观众非常不满意,央视的新闻联播还专门播出了一个道歉的声明,向全国观众道歉。。。现在娱乐节目很多,其他电视台也能举办质量很高的晚会,但央视的春晚确实是头一份。。。
天涯&#35266;光&#22242;
2012/02/03 14:50
天涯小姐:向全国观众道歉!!那么严重!?你这么一说,我倒想看看85年的。
かささぎ
2012/02/04 18:19
我记得1985年的春晚是在一个体育馆里办的,没有放在央视大楼里.节目穿插比较乱,还搞了一个创新:没有设立专职主持人,观众们被大场地和忽来忽去的报幕员们搞糊涂了,看完了都说不出所以然,感觉非常不正规,所以意见很大...85年出生的小孩,现在都大学毕业上班两年了,,,我真杯具,,,又暴露年龄了......=_=''
天涯&#35266;光&#22242;
2012/02/08 14:55
央视春晚是北方人看的人多,南方人看的就少了,早期可能还不明显。现在央视春晚本身收视率就很低,而且南被收视率差很大。我有时候就是图个过年的气氛去看。
其实我小时候基本都会看完整的直播和重播,大了就不怎么看了。春晚节目很多听不懂说什么的,听懂了,笑点也不一样。这几年很多就是网上的段子,没意思。今年还有个抄袭事件。
kyo
2012/02/09 11:33
天涯小姐:年龄的话题,暂时不提了吧,反正你比我年轻,哈哈。1985年的春晚依你说确实很糟糕…,和学生举办的差不多。今年的春晚,那个舞台太先进了,我很喜欢。
かささぎ
2012/02/09 13:14
kyo先生:我也一样。红白歌会,小的时候还认真看(因为同学都爱看),可最近不怎么看。最近娱乐节目太多,网上的视频也太多,实在看不过来。为什么我爱看春晚,有几个理由,其中有你说的,就是笑点。观众笑的地方,我能否听懂?学汉语的人来说这很重要的。今年的抄袭事件,日本也比较热闹,很可惜,其实那个「面试」是最容易理解的好作品,我认为它可以当做教材。还有,春晚的优点,就是有重播。学汉语的人来说,太方便了。
かささぎ
2012/02/09 13:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012年春節聨歓晩会 今年の問題 ありがとう呉秀波 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる