北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国にイジメはないのか 自我保護 爆問学問

<<   作成日時 : 2012/01/07 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

インコが割りと好んでみる番組に「爆問学問」というのがある。特に博物館や水族館などを紹介してくれる回がお気に入り。今回は中国に詳しい日本の青年・加藤嘉一氏が登場すると聞いたので母娘で楽しみにしていた。

上半身裸で太極拳をやってるシーン。
インコ・かささぎ异口同声说:「げーっ」「不要了吧…」
(傻了眼了。)

加藤氏が自分はKYだと自分で言ってるシーン。
インコ:私も時々そういうイニシャルの人探しちゃうんだよねー。
かささぎ:あんた、いつも顧問の先生にKYだって怒られてんだよねー。

北京での講演会でおじさんが発言しているシーン。この番組の中で一番印象的だった。
おじさんはこう言った。
「那么尖锐地批评自己的国家和政府,批评自己的国民,竟然还可以自由的回到你的国家。」
自分の国や政府や自国民のことをメタクソに言ったところで、どうせあなたは自由にお国に帰れちゃうわけなんでしょ。

このおじさんが話し終わった時点で周りの中国人から笑い声が起こる。
「中国には自由がない」と笑っているようにもとれるし、「放言が許される立場の人間が何言ってんですか」と逆に笑われているようにも聞こえた。

あのおじさんの目つき。中国に行ったことのある人なら、きっとああいった目つきの洗礼を受けているのではないだろうか。無遠慮だけど真っ直ぐに議論を求めてくる人がいる。彼らは日本人とぶつかり合いたいのだと思う。ぶつかって何かを得たいと思っているのだと思う。その点で加藤氏の言ってることに同感できる。かささぎは真正面から投げかけてくる中国式はカッコいいと思っている。

中国は人間くさい土壌だって語っているシーン。
インコ:確かにそうだよねー。
かささぎ:日本人は臭い話なら好きだけどねー。ウンコ話とか。

中国にはいじめがないと語っているシーン。
インコ:確かに私はイジメられなかった。
かささぎ:あんたは大事にしてもらったよねー。

日本も真正面から言えばいいと語っているシーン。
インコ:中国人ははっきり言うよね。
かささぎ:日本人は遠慮深いの!

なぜ、加藤氏が中国で人気なのか、番組を見ていてなんとなくわかった。中国的感覚を身に着けている人だから中国人に受け入れられやすい。“好斗”な目つきも印象的。それにとっても“能说会道”な人。例えが上手くないが唐駿氏のときのような時代的なものを感じた。

………
中国にいじめはないのか。
このブログにコメントを寄せてくれた方々の話では、中国にもイジメは確かにあるのだそうだ。ジャイアンがのび太を殴るようなのじゃなくて、もっと今時の日本の教室で起こっているような仲間はずれ・無視っていうのも。中国語では“排斥”と表現される。
コメントの中には意外だったものもあった。中国の学校の先生は権限が強いから反抗的な生徒が出ないのかと思っていたのだが、最近はそうでもないらしい。先生をいじめる(反抗的態度をとって授業を妨害するってことだろうか)例もあるんだって。

《教会孩子怎样不会被欺负》というサイト。http://yuer.ibabyzone.cn/zaojiao/linian/4423.html
いじめる側が悪いと言うのは誰でも思うことだろうが、とりあえずいじめられっぱなしではいられないから、どう対処したらいいだろうかっていう問いに答えている。
首先,要教育孩子,学会敢于表达自己的不满。当遭到其他同学的欺负时,要敢于用语言表示自己的态度,制止对方的侵犯。孩子们的一些欺负行为往往是为了取乐,如果看到被欺负的人如此坚强,一般会很无趣地离开。其次,让孩子学会适当的行为反击。因为有时,受欺负的孩子表现出一些勇敢的反击行为,也能让人震惊,从而停止其他孩子的暴力行为。
…不会保护自己的小朋友很多,常受别人欺负,会给孩子的身心造成伤害,所以我们要让孩子学会自我保护,给孩子一个健康的环境。
自分の不満を表せるようにしましょう。クラスメートにいじめられたら言葉で自分の態度を示し、相手の攻撃を止めさせます。子供のいじめというのは面白くてやるものだから、いじめられた側が強く出てくれば、つまらなく感じて立ち去っていくことでしょう。それから子供に反撃の仕方を覚えさせましょう。勇気を持って反撃し、相手を驚かせてその暴力行為を止めさせます。
…自分を守れず、いじめられてしまうことで心身に傷を残してしまう子供が多くいます。健康的な環境であるためにも、自分を守る術を子供に教えましょう。

“自我保护”は確かにとっても大事。自分を守るのは自分だという考え方を子供の頃から叩き込む。“健康的な環境”というのは、やられたらやり返してもいいという、後腐れのない精神的にすっきりした子供たちの人間関係も含めて言っているのではないかと思っている。平和主義も大事だが、やられっぱなしでは自尊心が壊れてしまう。戦うことをしっかり教えるのが中国流なんだろう。
(誤解のないように言っておくけど、中国にもちゃんと思いやりのできる優しい子はたくさんいます)

加藤氏もテレビで「我会保管自己…」と言っていた。自分の立場なら自分できっちり守ってますから、って意味なんだろうか。きっと打たれ強い人なんだろうなあと思った。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
“加藤嘉一”,中国不喜欢他的人挺多的,理由基本上就是1、“在中国说日本的不好”就是在外国说自己国家不好的人会被讨厌。2、“根本不了解中国”当然还有“纯粹是日本人而不喜欢的”
他的新浪微博评论里应该就会看到很多骂他的人。http://weibo.com/u/1680902912
kyo
2012/01/08 12:57
kyo先生:如何去理解中国,拿什么样的态度去理解中国,这对我们日本人来说是一个大课题。研究中国的日本人很多,报道也很多。不过我只好凭自己的直觉和经验来分析和理解。
我从来没看过他的博文,说实在,我有点犹豫,怕刺激太大。谢谢你的介绍和分析,我会做好心理准备的。
かささぎ
2012/01/09 01:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国にイジメはないのか 自我保護 爆問学問 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる