北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 映画「天下無賊」「盲井」 中学生の掃除

<<   作成日時 : 2011/11/21 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

電車に乗っていても街を歩いていても、日本は楽な国だなって思う。緊張したり不愉快な思いをする場面が少ないから。きれいだし。北京の街もかなりきれいになってきたけど、あれは清掃人員をたくさん投入する人海戦術の結果でもある。そもそも日本では自分のごみをポイポイ道路に捨てる人が少ないから汚れにくい。

インコが最近悩んでいたのは、クラスの男子が掃除を真面目にやってくれないこと。
注意すると死ね呼ばわりされる。先生に言うと「後から言わないでそのとき知らせてくれないと注意のしようがない」と諭される。先生が注意しないからヤツらいつも逃げ得。文句を言わず男子の分までやってしまう女子がいるものだからますます調子に乗ってくる。それがまた悔しい。

怠けたからといって成績にひびくわけでもない。「掃除してきれいになったら気持ちいいでしょ」と言われてもそう思えない。納得できないのだから全然気持ちよくない。怠け者に天罰は下らない。ああアホくさ。本当は自分もヤツらと一緒になって楽しく悪ふざけしたいのに。真面目ぶるのは疲れる。

掃除の悩みって、中学生なら誰でも経験するはず。そして、きっと思う。「なんで掃除なんかあるんだろ」。

掃除の時間って、こうやっていろいろ考えることがいいのだと思う。掃除の大変さ、めんどくささを体感すること。掃除がいやだから汚さないようにしようって思う。日本の街やトイレがきれいって外国人から褒められるのは、やんちゃな中学時代にも毎日掃除させるという一見非効率な習慣も関係していると思う。

………
それに安全だからいい国だなって思う。電車で爆睡していても、財布がバッグから飛び出していても、誰もかっさらいに来ない。かささぎは財布を落して3日も気がつかなかったことがあるのだけど、警察から連絡があってちゃんと戻ってきた経験がある。子供づれの外出だって、迷子はあるかもしれないが誘拐にはまず遭わない。具合が悪くなって道路でうずくまっていたら、きっと誰かが声をかけてくれる。助けるふりをして追いはぎを働く悪党はいない。

蒋介石がかつて日本人をこう評したという。「日本人はこざかしいことをしない」
なるほど、もともと正々堂々が好きな武士気質だから、そういうものかもしれない(最近ではそうでもないかもしれないけど)。後ろから刺すような卑怯なことは好まない。悪い事が思いつかないから往々にして無防備。

中国の映画「天下无贼」。世の中に悪党なんていないと思っている、性善説の塊みたいな青年をスリ団が狙う話。 無防備な青年・傻根を演じるのは王宝強クン。この純朴な青年を守ろうとした人が結局大きな代償を払うことになってしまうのだが、赤ちゃんみたいに純粋な青年は最後まで守られたというおとぎ話になっている。
もし傻根が再び列車の旅をすることになったらきっとあっという間に餌食にされるに違いない。北京の小学校の通信簿には「注意保护自己(自分で自分を守るよう気をつけること)」の項目もある。世の中「天下有贼」って警戒するに越したことはない。かささぎの体験で言わせてもらうと、中国のスリって、感心してしまうほどレベルが高いんだから。

………
王宝強クン(君付けもよしたほうがいい?お父さんになっていたんだ…)の映画つながりで、「盲井」も見た。炭鉱が舞台の話なのだけどいかにも中国で書かれた話だと思った。雰囲気もすごくよかった。

………
※「天下无贼」の舞台はチベットかと思ったら甘粛省だって。美しい風景を眺めながらの列車の旅、いいなあ。
※蒋介石の日本人に対する見方の続き。長所は他に「研究心が絶えない」「命令を徹底的に実行する」「連絡を密にした共同作業が得意」「忍耐強い」。短所は「視野が狭く国政情勢に疎い」「持久戦で経済破綻をする」「なぜ中国と戦わねばならぬかが理解できていない」、だって。
ドラマを見ていて中国人って変わらないんだなあって思っていたが、日本人だって全然変わっていなかった。さすが蒋介石。日本留学中に観察していたんだろう、日本人のことよく知ってる。日本は二度と戦争をしないから「持久戦で破綻する」ことはもう無いと思うけど、「なぜ中国と戦わなければならぬかが理解できていない」という言葉は今の時代でも意味深長に聞こえる。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン サングラス
中国 映画「天下無賊」「盲井」 中学生の掃除 北京で勇気十足/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/05 16:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小学校時、私は掃除が好き。
掃除して部屋か教室かきれいになりました、本当に気持ちいい
kyo
2011/12/03 13:42
kyo先生:当时你肯定是个好学生。老师同学都很喜欢你吧。如果インコ的同学都像你那样的话多么好!!
以我判断,中国的小学生,尤其是低年级的孩子很淘气,可是上了初中大家都特别懂事,该做什么心里很明白,是不是?可是日本是相反的,小学生的时候还可以比较听话,上了初中就太淘气,太放纵。我有了时间,介绍介绍我女儿的班里发生了什么。
かささぎ
2011/12/03 23:59
呵呵!小学时候算是“好学生”,初中以后不是了,不过也不是“坏学生”。“好学生”“坏学生”一直都有,现在中国,独生子女的原因,小孩子比我小学时候会“坏”很多。小学生还好,初中以上的就很明显。虽然现在报道常说90后的孩子如何如何“坏”,我觉得还是差不多的,真坏的还是属于个例吧。升学考试中,考好的上好的学校,不好的就去较差的学校。比较不好的学校坏学生占的比例就大了。欺侮事情也就相对高了。
kyo
2011/12/05 09:53
kyo先生:我真想知道现在的中国初中生是什么样子。
成绩好的学生的地位怎么样,成为尊重的对象,还是当做攻击目标被排斥?
学生经过升学考试被筛选,在我这里上高中时最明显,当然上初中时也有,我女儿的好朋友两个,就这样半年前分开,现在很少交往。
かささぎ
2011/12/05 12:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国 映画「天下無賊」「盲井」 中学生の掃除 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる